「火花」又吉直樹著

芥川賞受賞で話題になった頃には近所の図書館では予約100人以上待ちでしたが、さすがに今は普通に本棚に並んでいたので、借りてみました。
お笑い芸人たちの日々を描いた小説。

北野武監督「アキレスと亀」を思い出しました。
映画では芸術、この本ではお笑い。一つの道にのめり込んでいき、考えて、突き詰めていく人の姿は狂気的でもあり、圧倒的なパワーに満ちている。けれど外から断片的に見ているとそれは滑稽にも見える。そう、本文にもあったけれど、生きていることそのものがお笑いのような、コメディのような。すべてを賭けて真剣にやってるのに、お笑いのような。
若手お笑い芸人の奮闘記、として見れば軽く笑えるのかもしれないけれど、なんだか最後はどうしようもなく切なくなっちゃいました。


[PR]

by studio-yaya | 2017-12-14 22:32 | | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://studioyaya.exblog.jp/tb/27859031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 抱負2018 夏の冒険 >>