人気ブログランキング |

選択肢をくれって言ってるだけなのに

夫婦別姓、最高裁判断は?

私は夫婦別姓賛成派。
というか、別姓でも同姓でも選べるようにしてほしい派。実際、夫婦別姓を推進する団体は強制的に別姓にしろと言ってるんではなく、別姓か同姓か選ばせてくれ、という「選択的夫婦別姓」路線。

旧姓で積み上げた実績があるから、苗字を変えたくない。当然の主張だと思うなぁ。国会議員の女性も旧姓を通称として使用しているのが何よりの証拠でしょ。同一人物の実績かどうか分からなくなっちゃうもん。接した全員に「結婚したので姓が変わりました」と注意書きでも配れとでもいいのかなぁ? 研究者とか芸術分野の人とか、自分の名前を看板として活動してきた人はその名前が変わることに抵抗があるのは当然のこと。
「苗字が変わった程度で吹き飛ぶような実績なのか?w」とせせら笑う人は、ぜひご自分の姓を変えていただきたい。

愛着があるから。それも当然のことでしょ。
みんながみんな愛着あるわけじゃないって? そりゃ当然。だから、変えたい人は変えればいいし、変えたくない人は旧姓のままにすればいいじゃん、と言ってるわけで。

子供の姓?
親が決めればいいじゃん。父親の姓だって母親の姓だって。兄弟で苗字が違ったっていいじゃん。「苗字が違うと家族かどうか分かりづらい」っていう意見もあるけど、そんなの正式に家族かどうか知るには戸籍だのDNAだの見ないと分からないじゃんね。日本中の佐藤さんが皆家族なわけじゃない、苗字だけで家族かどうか判断はできない。
それに、離婚する夫婦が増えてる今、親子で苗字の違う子どももいっぱいいる。離婚家庭の多くは子供は母親と一緒に暮らしていて、離婚のタイミングで母親の旧姓に戻される子も多い。子供本人が希望すれば父親側の苗字を名乗り続けることはできるので、その場合は旧姓に戻った母親と父親姓のままの子供が一緒に暮らすことになる。それでも家族は家族だ。


選択肢をくれ、って言ってるだけなのになんでくれないんだろうね。不思議。

by studio-yaya | 2015-11-02 13:00 | ニュース  

<< 西武園ゆうえんち最高! Happy Halloween! >>