チャリボンで本棚整理

子ども達の本が増えてきたので、読まなくなった自分の本を減らして、子ども達の本のスペースを作ることに。
大好きで繰り返し読んだ小説本、これは面白い!と思った本に絞って手元に残してきたつもりだけど、考えてみたらもう数年開いていない本も結構あって。。。これはもう手放していいかな、と。

そこで、初めて使ったサービス「チャリボン」。
このサイトを使うと、NPOやNGOに古本を売ったお金を寄付できます。
(売れなかった本も引き取って処分してくれます。)

古本屋に持っていくのも重くて大変だし、はるばる行ったところで1冊10円とか100円とか。。。(^^; 大した金額にはならないんですよね。

チャリボンでは、
・処分する本を梱包する
・ホームページを見て、寄付する団体(NPO、NGO)を決める
・自分の連絡先、引き取りに来てくれる日時などを入力する
だけ。
あとは、指定した日時にクロネコさんが箱を引き取りに来てくれます。宛先ラベルなどはクロネコさんが用意してくれるので、自分は本当に梱包だけしておけばOK。

便利~(^^)

[PR]

# by studio-yaya | 2018-11-02 16:54 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ロボット教室

小学生のうちは、校庭や近所の公園で思いっきり遊んでほしい、夕焼けの中遊び疲れて帰ってきてほしい。。。などと思うのは昭和な考え方なのかもしれないけど(^^;、子ども時代はあまり予定を詰め込まず、自分の好きなように遊んでほしいと思っています。
なので、習い事もあまり詰め込まないように。。。と思っていましたが。
息子の習い事を増やすことにしました。

ロボット教室です。

パーツを組み合わせて様々な動きのロボットを作る。
後々にはプログラミングの要素も入ってくる。

というものだそうで。

息子が好きそうな教室が、我が家から通える範囲で開設されるってなんてラッキーなんでしょう(^^)

最近はプログラミング教室というのが多く開設されて、人気を博しているようですが。
大抵は都心や世田谷、川崎、横浜といったエリア。多摩エリアの我が家からは通いづらい。。。

また、「プログラミング」自体には私はあまり興味がないのです。
というのも、プログラミング言語って数年で流行が変わることも珍しくないので、今何か特定の言語をがっつり学んだところで、子ども達が社会に出る頃には別の言語が必要になってるよな~、と思うから。
一つの言語をがっつり学んで仕組みを理解していれば、他の言語を学ぶときもスムーズだとは思うので、好きでのめり込む分にはいいのですが。
できれば、言語ではなく、プログラミングするまでの思考プロセスを学んでほしくて。仕組みを理解する力や、ロジックを組み立てる力、それをフローチャートなどに書き起こしたり伝えたりする力。


などと思っている私にとっては、このロボット教室は良さそうなのです。

言語ではなく、まずはロボットの動く仕組みを理解する。
仕組みを理解したうえで、手を動かして作りあげていく。
学年に関係なくクラスを編成。
本人の能力に合わせ、場合によっては飛び級もあり。

物を知ることが楽しいらしい息子、学校の授業では物足りないそうなので(^^;、この教室で手ごたえある課題にチャレンジしてもらおうと思っています。

[PR]

# by studio-yaya | 2018-10-27 15:33 | こども | Trackback | Comments(0)  

「その「英語」が子どもをダメにする -間違いだらけの早期教育-」 榎本 博明 著

自分の思うことと近いことがまとめられているなぁ、と思った本。

英語よりまず母国語。
母国語で考え、説明する力が無くては、英語ができても何の意味もない。
昔から、日本人は海外の新しい知識を日本語に翻訳しながら取り入れてきた。現在も、様々な分野の専門書が日本語に翻訳されており、日本では日本語で学ぶことができる。
英語は必要になれば後から学習すればいいけれど、母国語の力は子供の頃からしっかり時間をかけて積み上げていくべき。

そうなんだよなぁ。。。と思う。
10までしか数えられない幼児に、英語で100まで教えてもしょうがない。
日本語で「どうしてこれが好き?」と聞いても答えられない子は、英語で聞いたって答えられるわけがない。
まずは、母国語。


そんな私自身は子供向けに英語を教えてるわけですが(^^;、バイリンガルにしたい、ペラペラしゃべってほしい、というよりは英語を楽しみ、将来学ぶときにもポジティブな気持ちを持ってほしいと思うから。英語のレッスンなのに日本語もはさむのは、母国語で分からないことを英語で分かるわけがないと思うから。
英語圏の国、インターナショナルスクールなどで英語で過ごすわけじゃないのだから、まずは母国語、なのです。

[PR]

# by studio-yaya | 2018-06-01 09:10 | | Trackback | Comments(0)  

映画「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」

先日見てきました。
作品が世界遺産となった建築家、コルビュジエの名が入っているので、気になって。

アイリーン・グレイは、装飾の少ないシンプルでモダンな家具を作るデザイナーで、彼女の手がけた椅子は史上最高額で落札されたのだとか。
でもそんな彼女が作った別荘は、長くコルビュジエの作とされてきた。
コルビュジエがアイリーンの才能に嫉妬したから。。。


映画の中のコルビュジエは、正直パッとしないおじさん(^^; 嫉妬心を抱えた見苦しいおじさん。
かたやアイリーンは、スッキリとしたファッションも素敵だし、別荘を建てた南仏の景色、事務所などの色の感じもすごくキレイ。
当時まだ女性が活躍するのは難しかっただろうけど、そんな中でデザイナーとして評価を受けたキャリアウーマン。才能を発揮して素敵な家具をデザインし、でも自分の作ったものにはあまり執着せず。そしたらいつの間にか自分の功績である別荘が他の人のものであるかのようになってしまって。。。


あんま世界遺産とは関係なかったけど(^^;、歴史に残る建築家も人間くさく嫉妬するんだなぁ。。。と思いました。

[PR]

# by studio-yaya | 2018-03-08 08:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)  

「ナリワイをつくる」 伊藤洋志 著

少し前に読んで面白かった本。

雇われて、思い通りにならないことがあっても我慢するというのはしんどく、
でも、事業を起こして生計を立てていこう、というのはそう簡単なことではなく。

それなら、自分の得意なことで少しずつ稼げばいいんじゃないの? 1つ3万でも、10個合わせれば30万、それなりの稼ぎになる。そうやって、一つの仕事にこだわらずにあれこれやればいいんじゃないの?というお話。

一つの会社にこだわるあまり、会社が傾いた途端に自分の生活も危うくなってしまうことがある。
でも人生100年時代とか言われるようになり、40~50年は働くとして、その間絶対に安泰な会社なんてどれだけあることか。かつて大安泰だった銀行だって潰れたり吸収合併されたし、デパートだって斜陽産業、ゼネコンもオリンピック特需が消えればまた衰退。。。それに、AIのおかげで単純作業はどんどんロボットに取って代わられ、今ある仕事の半分くらいはなくなるんじゃないかと言われている。

だったら、一つの本業にぶら下がるのではなく、別の活動をしてみるのもアリなんじゃないかと思う。

起業とか、副業とか、二枚目の名刺を持つとか、本業に依存しすぎない活動に目が向けられているような気もする昨今、あれこれちょっとずつ稼ぐ、というのもいい選択肢だと思う。
。。。と、あれこれちょっとずつやってる私は思うのでした(^^;



[PR]

# by studio-yaya | 2018-01-31 12:42 | | Trackback | Comments(0)  

『「変」なクラスが世界を変える!』/ 沼田 晶弘 著

小学校教諭の「ぬまっち」こと沼田先生の本。
まだ30代?の若い先生で、授業はもちろん掃除の時間などの過ごし方にも様々な工夫をして子供達をやる気にさせ、いろんなことを成し遂げてきた方。
例えば、6年生の卒業遠足の行き先は子供達の意見を取りまとめて「バイキングの元祖、帝国ホテルのレストランに行く」「帰りはリムジンに乗る」と、ありえないプラン。
でもこれを達成するために、賞金の出るいろんなコンクールなどを探してクラス全員で出品しまくり、"賞金稼ぎ"でこの遠足の資金を賄ってしまったのだとか。

子供達をその気にさせ、少し上の目標を掲げ、知らず知らずのうちに高みに達してしまう。

誰もができることではないからこそ、いろんな工夫や仕掛けを考え実行する先生の力に感心してしまう。


あとがきには、「馬を水場に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」という有名な言葉。
我が家でも夫とよく話すこと。親がいくら環境を整えても、あれこれ与えても、本人のやる気がなければ子供はそこから何も学ばないだろう、と。やる気のあるものだからこそ熱中するし、上達する。親のやるべきことは、そのやる気を見極めて、環境を整えることだろうな、と。「やる気スイッチ」を探すのはなかなか大変だけどね(^^;




[PR]

# by studio-yaya | 2018-01-29 17:54 | | Trackback | Comments(0)  

親離れ、子離れ

小1息子、3学期に入ってからは、放課後お友達と遊ぶ約束をするようになりました。
初めて家にお友達を呼んだりもして、やっと私が願っていた過ごし方をするようになったなぁ。。。と嬉しくなりました。

息子は自分のペースで好きな本を読んだりして過ごすのが楽しいようで、学校が終わって帰宅してからは、家で本を読んだり好きなおもちゃで遊んだりして過ごしていました。

児童館にでも行ったら?
放課後こども教室行ったら?
公園でも行ってきな

勧めてもにぶい返事しか帰って来なくて、結局家にいるばかり。私とトランプをしたりして、楽しそうではあるのですが、これってどうなの。。。?


クラスメイトと一緒に遊ぶ。友達を作る。時にはケンカして仲直りもする。皆で協力して何かをやり遂げる。
学校にはお勉強以外にも学んでほしいことがたくさんあるのに、なかなか進んでないように思えて。。。


でも。3学期、やっとお友達と放課後遊んで過ごすようになり。

とっても嬉しく、ちょっとだけ寂しいです(^^;

当たり前の親離れがやってきたな、と。
私も子離れしなくちゃな、と。

[PR]

# by studio-yaya | 2018-01-17 14:17 | こども | Trackback | Comments(0)  

抱負2018

2018年になりました。
年の初めには、やはり抱負を考えなくては。と一応思うのですが、いつも夏前には忘れてしまうダメ人間な私。。。(^^;

それでも時々立ち止まって考えるのにいい時なので、今年もまた。


去年は、目標にしていた世界遺産検定2級に無事合格。
ハンドメイドは前年以上に充実していました。多くの方に品物をお届けすることができて、ワークショップを楽しんでいただくこともできまして。
ゴスペルチームの単独コンサートも無事終了。と言ってもこれは私の力ではなく、リーダーはじめ多くの方々のご尽力のおかげですが(^^;


さて。今年はどうしましょうね?

仕事としてやっているこども向けの英語指導と、ハンドメイド。
このまま続けて行けば、昨年同様の成果はあげられるかな、と思うので、続けるとして。
去年と同じ変わり映えのしない年にするのもなんだかな~という気がするので、ちょっと違う活動もしたいな、と思っています。

具体的な到達点や数値目標は今年は決めませんが、去年くらいの成果は出しつつ、新しい活動も、というのが漠然とした目標です。
それから、頭の中を整理して、きちんと発信していきたいな、と思っています。本やネットの情報を読み流して終わり、ではなく、もっときちんと理解して、必要な情報は自分から取りに行って、自分の言葉で発信したいな、と。出し惜しみせず、無駄な謙遜や卑下はせず、まっすぐに発信したいと思っています。漠然としていますが。

それから、今年は健康第一。
40を過ぎて「あ~人生半分くらい過ぎたのか~」と思ってましたが、去年くらいからあちこちで「人生百年時代」と言ってますので、まだ私は半分も生きてないのです。
まだ長く続くはずの人生、ちゃんと体のケアをして、健康診断やがん検診もたまには受けて、いい状態で過ごしていきたいな、と。

そして、時間を上手く使いたいな、と思っています。
去年から下の子も小学生になり、幼稚園時代のような送り迎えや付き添いが不要になりました。自分の時間がぐっと増えたはずなのに、なんだかまだ子供達に振り回されています。。。
子供との時間も大切だけど、振り回されず、自分のペースに子供達を巻き込むくらいの感じで、時間をコントロールできるようになりたいです。

何だか今年の目標は漠然としていますが。。。とにかく元気に、前へ。

[PR]

# by studio-yaya | 2018-01-05 22:23 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

「火花」又吉直樹著

芥川賞受賞で話題になった頃には近所の図書館では予約100人以上待ちでしたが、さすがに今は普通に本棚に並んでいたので、借りてみました。
お笑い芸人たちの日々を描いた小説。

北野武監督「アキレスと亀」を思い出しました。
映画では芸術、この本ではお笑い。一つの道にのめり込んでいき、考えて、突き詰めていく人の姿は狂気的でもあり、圧倒的なパワーに満ちている。けれど外から断片的に見ているとそれは滑稽にも見える。そう、本文にもあったけれど、生きていることそのものがお笑いのような、コメディのような。すべてを賭けて真剣にやってるのに、お笑いのような。
若手お笑い芸人の奮闘記、として見れば軽く笑えるのかもしれないけれど、なんだか最後はどうしようもなく切なくなっちゃいました。


[PR]

# by studio-yaya | 2017-12-14 22:32 | | Trackback | Comments(0)  

夏の冒険

ずいぶん久しぶりの更新です(^^;

2017年の夏休み、子供達は大きな冒険をしました。
子供だけで飛行機に乗ったのです。

エアドゥの「エアドゥキッズ」という子供旅サポートサービスを使い、子供達二人だけで実家のある函館へ飛行機で行きました。

各航空会社が同じようなサービスをやっています。小学生の子を対象に、搭乗から到着地で家族などに会うところまでサポートしてくれるというサービス。基本は小1~小3ですが、希望すれば小6までが対象です。
「こどもだけで」と言っても、空港の登場口まで親が一緒に行き、航空会社の方に引き渡し、機内ではCAさんが声を掛けてくれたりして、到着地では誰か(うちの場合は実家の両親)に引き渡す。。。という感じで、バケツリレーのように子供を引き渡していくので、意外と心配はないのです。

今年は下の子が小1になり、子供二人で行けることになりました。実家に相談したところ
「いいよいいよ、やらせてみようよ」
と超乗り気(^^) そして
「あんた来なくてもいいよ、孫だけ来れば」
と(^^;
まぁね。。。会っても変わり映えしないか劣化しているアラフォーの娘より、会うたび大きく成長している孫に会う方が楽しいに決まってるやね。。。

とはいえ、子供達が不安そうなので、子供達から数日遅れで私も函館で合流することに。


この夏は雨の日が多かったですが、図書館や蔦谷書店(函館にもあるのです)で普段と違う本やおもちゃを見たりして楽しんだそうです。


母によると、上の子はあれこれと下の子の面倒を見て随分お姉さんらしくやっていた、と。
良かった、良かった(^^)

子供は親が見ていないところで成長するんだなぁ、とシミジミ実感。
あれこれ手出しせず、子供だけでやらせてみる。距離を置いてみる。そうすることで、子供は甘えないで自分で何とかしようと頑張るんだろうなぁ、と。

もう小5と小1だもんね。できる、できる。やってみよう、なんでも。

[PR]

# by studio-yaya | 2017-09-11 09:39 | こども | Trackback | Comments(0)