<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

東京からサッカーのスター選手なんて生まれない

息子はサッカー教室に行っています。週1回、1時間のレッスンはとても楽しいそうです。
それじゃ時間のある時に少しでも練習すればいいじゃない、週1じゃあまり上達しないんじゃない?と思うのですが。

東京多摩エリアの我が家の近所、公園は「ボール遊び禁止」なのです。
幼稚園児の息子の脚力では、広い公園からはみ出すような豪快なキックはできないし、近所の家にぶつかって迷惑をかけることもないのですが、どの公園にも、どの広場にも「ボール遊び禁止」と書いてあります。
サッカーができるのは、市の運動場か、学校の校庭。どちらも使いたい場合は予約が必要。学校の校庭は未就学の息子には無理かな? 市の運動場は、もう大体いつも決まった団体が使っているから、子供がチョロッと行って練習する感じじゃないかな? 近所には草ぼうぼうの空き地もあるけど、全部市や都の管理地で有刺鉄線で囲ってあるしな。。。
。。。と思うと、練習する場所がないのです。

こんなのは都市部だけの話ですよね。

ここ東京では、ボールを蹴れる場所がない。サッカーやりたければ、サッカー教室やクラブチームに入り、決まった時間に借りたグラウンドで練習するだけ。毎日蹴りたければ、複数のチームに入って練習するしかない。もちろん、それぞれに月謝を払って。
だから、東京でサッカーをやるにはお金がかかるんです。お金をかければかけるほど、たくさんボールを蹴る時間が作れる、上達する可能性が上がる。

ちょっと地方に行けば、公園はボール遊びができて当然、河原だったり空き地だったり、好きに遊べる場所はあちこちにあって、サッカー好きな子はボール蹴り放題のはず。

南米あたりではサッカーは超人気スポーツ。経済的に恵まれていなくても、ボール一つあれば子供達は一日中でもスター選手になり切ってボールを蹴って遊べる。公園や、空地や、路地裏で。

ボールに触れる時間が圧倒的に違うんですよね。

そんなわけで、東京から天才的なサッカー選手、みんなが憧れるような圧倒的なスター選手なんて生まれない、と思うのです。
もしお子様をサッカー選手にしたければ、とりあえず東京から離れることじゃないか、と(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2017-03-15 09:30 | こども | Trackback | Comments(0)  

消費すること、発信すること

ラジオか何かで、日本人の若者はyoutubeとかいろんなツールを使うけれど、他の国と違って見るだけ、消費するだけの割合が多く、自分で何かを作って発信する側は少ないんだとか。

発信・・・youtubeで動画を作るとか、アニメーションを作るとか、ゲームを作るとか。。。
消費・・・youtube見るとか、マンガやアニメを見るとか、ゲームをやるとか。。。

与えられたものを消費するだけなら、高度なデジタル機器を持つ意義はないよなぁ、と思う。
ITスキルが大切、子供もプログラミングの知識が必要、これからはスマホやパソコンを操作できて当然。。。と思わなくはないけれど、重要なのは発信する側としてのスキル。消費するスキルなんて子どものうちから高める必要はない。

小学校の授業でもパソコンの時間があったりして、あ~うちの子にもデジタル機器触らせなくちゃ、と焦ってスマホだのタブレットだの使わせるご家庭もあるかもしれませんが、"消費"するための使い方はすぐに覚えられるものなので、小さなお子さんに使わせる必要はありません。使わせるのだとしたら、"発信"するための使い方を意識するのがいいと思います。

"発信"の仕方が分からない?
それはたぶん、親御さん自身も"消費"しかしていないから。
"発信"のやり方を親子で一緒に学んでいくというのはいかがでしょう?
[PR]

by studio-yaya | 2017-03-08 09:05 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)