<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ヨシダ・ナギ写真展@渋谷

写真家、ヨシダナギさんの展覧会を見に渋谷へ。

滅多に行かない渋谷、息子を連れて「ほ~らここがテレビでよく映る交差点だよ~」なんておのぼりさん状態で歩いた(^^;

ヨシダナギさんは、アフリカの様々な民族の写真を撮っている方で、今回はエチオピアのスリ族という少数民族の写真を集めた写真集の出版記念展覧会&トークショー。RIP SLYMEのSUさんとのトークショーもやっていたので、そちらも見てきた。

スリ族というのは、エチオピアの人でも知らない人がいるような小さな部族だそうで。
花や草木、果実、ビーズなど様々なものをアクセサリーのようにしたり、土や石を削って水で溶いたものを絵の具のようにして体に塗ったりして着飾る風習があるそうだ。ヨシダさんは「妖精のよう」と言っていたけれど、たしかに、広い空と大地の下でカラフルに着飾った姿はアフリカの大地の妖精、精霊のようかも。。。

大抵の部族は、ある程度決まった装束や飾りがあるものなのだけど、スリ族のファッションには一切ルールがないんだそうだ。結婚式や満月の日なんかに着飾るのだけど、そのたびに前に会った時とは違う格好になっているのだとか。

現地でのいろんなエピソードはいちいち面白く、作品はもちろん、撮影のため何度もアフリカを訪れているヨシダさんのトークもかなり面白い(^^; 現地に「タウンワーク」やギャルファッション誌「Egg」を持って行って見せたり、スマホ&自撮り棒を渡してみたりしてしまうそのセンスもなかなか。。。

b0164353_16304130.jpg


ちなみに5歳息子の感想は。。。
初めは面白がってたんだけど、
「お花、取って飾ってるの? 取っちゃうの? かわいそう、もったいない」
とのことでした。。。自分だって公園でタンポポを摘んで腕時計や指輪にして遊んでるのにね。

SURI COLLECTION

ヨシダ ナギ / いろは出版


[PR]

by studio-yaya | 2016-04-30 16:32 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

夕焼け小焼け

私の住んでいる町では、夕方5時半になるとチャイムが流れる。懐かしい「夕焼け小焼け」のメロディ。これが子供の帰る時間の目安になっている。4~9月は5時半、10~3月は4時半。

今月からチャイムの時間が遅くなったので、子供達は「いっぱい遊べる!」と大喜び。
娘とは「宿題終わったら5時半までOK、そうでない日は5時で帰ってきて晩ご飯までに宿題やること」と約束している。それでも遊び足りないみたいだけど(^^;

夕方まで思いっきり外遊び。
なんと幸せな過ごし方。


娘は小学4年生。
中学受験を考えている子なら塾通いしてる頃だ。3年生の後半には塾選びをして4年生には通い始める、熱心なご家庭ならもっと低学年から始めている、というものらしい。。。


うちは。。。まだいいや(^^) 公園で遊ぶのを楽しめるのもあと何年かのことだから、たっぷり遊べばいい。学校の授業に後れを取るようでは困るけど、今のところは大丈夫そうだから、塾より公園に行ってほしい。

「世界一貧しい大統領」、ウルグアイのムヒカ元大統領も言っていた。

「日本にいる子供たちよ。
君たちは今 人生で最も幸せな時間にいる。
経済的に価値のある人材となるための 勉強ばかりして 早く大人になろうと急がないで。
遊んで、遊んで、子供でいる幸せを 味わっておくれ。」


ケラケラ笑って遊んで、疲れ果てて眠る。幸せな時間を満喫してね。
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-28 09:34 | こども | Trackback | Comments(0)  

正気なのか?

九州の大地震、余震がなかなかおさまらない。被害も広がっているし、避難生活の疲れも出てきて、エコノミークラス症候群による死者も出ているとのこと。
どうかこれ以上被害が広がりませんように。祈るばかり。。。

ただね。この国大丈夫?って思うことがいっぱいありすぎて、地震への不安よりも怒りが。

続いている余震の震源が、中央構造線に沿って北東にも南西にも広がっている。
南西に行けば、鹿児島の川内原発が近い。でも稼働中。安全確認のための停止などもなく、ずーっと稼働中。
北東に行けば、四国の伊方原発がある。こちらは今年7月下旬にも再稼働となる見通しだとか。
Yahoo!ニュースより)


福島で何も学んでいないのか?
原発は他の発電所と違う。火力や水力の発電所で故障が起きたら直せばいい。火事が起きたら消せばいい。その後はまた発電所は使える。でも、原発はそうはいかない。福島では原発周辺が住めない状態になり、原発自体は直したくても放射線量が高すぎて内部を見ることすらできていない。


物資の輸送に米軍のオスプレイを導入。
オスプレイは機体が大きく、離発着に広い土地が必要となる上に、離発着時の風がひどく、ネパールの震災の際には周囲の家の屋根が吹き飛んで大変だったとか。
そして、積載量を多くするとヘリ形式の離発着ができず、飛行機のような滑走路が必要となるのだとか。
オスプレイの積載量
本当はそんなに積めない、飛べない

今は被害のない福岡に一旦物資を集め、そこから熊本の各避難所に届けているらしいけれど、福岡~熊本って100kmもない。オスプレイの方が速いとはいえ、使わなくちゃいけないほど遠いわけじゃない。ネットでは移動距離は「27km」という話もあるし。。。
普通のヘリでいいんじゃないの? と思うのだけど。。。

どうも米軍の支援を受けた、オスプレイに助けてもらったという実績を作りたいみたいで。


激甚災害になかなか指定されない。
例えば311では発災翌日に激甚災害指定された。指定されれば、被災地復興のための補助金などが増額されるので、今回も熊本県は翌日には指定されるように要望を出している。
が、国が指定してくれない。「来週中(~4/22(金)?)には指定」とのニュース。初めの地震は14日だったのに。
311の時にさんざん民主党政権を批判していた自民党、今の与党。

激甚災害に指定=311クラスの災害=消費税増税の延期の理由になりうる
だから指定したくないのでは?という勘繰りもあながちハズレではなさそう。
サミットやオリンピックを控えて東北だけでなく九州でも震災が起きたというのはマズイからか?という勘繰りもできる。


そして、そのさなかで国会では「TPP審議」続行、と。
震災対応をまずやるべきでは?と思うのだけど。

そしてその審議では、絶対に守るとしていた5項目さえ守れず、「無傷で守った」品目はゼロだという答弁。しかも質問された時点では担当大臣が答えられず、後から答弁したとか。なんなのこれ?



いろんなことが、本気で被災地・被災者を助けようとしてないでしょ?と見えてしまう。民間企業、NPO、ボランティアなどが頑張っているのは分かるし、地元の自治体の方々はきっと自分も被災しながらも奮闘してくれているんだと思うけど。国が頑張ってる感じが全然しない。
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-19 21:43 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

首都高初ドライブ

出張から帰ってくる夫を迎えに、羽田まで。首都高は自信がないので(^^;、下道でのんびりと。
羽田の国際ターミナルは、まだ新しくてキレイ。外国人観光客向けに、日本らしいお土産品の店や和食のレストランが並ぶ「江戸小路」なるエリアもあったりして、今日は五月人形や藤棚が飾られていて。

1週間ぶりの再会に、子供達は大喜び。空港内のレストランでランチしたんだけど、昼前からラーメン屋は行列待ち。外国人にも人気なのかな? 日本人が海外から帰ってきたら食べたくなるものなのかな? 夫もラーメンを狙ってたし(^^; 行列待ちも嫌なのでお隣の中華のお店"南琳華"へ。美味しかった(^^)

夫は何故か肋骨あたりが痛いというので、帰り道も私が運転。夫にナビしてもらいながら首都高経由で。車を運転して首都高走るのなんて初めて(^^; 朝から張り切りすぎて疲れた子供達も、時差ボケの夫もウトウトする中、ひとりドキドキしながら首都高C2→中央道を通って帰宅。


少し前にベルギーでテロがあったので、今回のヨーロッパ出張はベルギーをルートから外したそうだ。ドイツ乗り換えで、イタリアとスペイン。
仕事だと分かってはいるけれど、ヨーロッパ。。。羨ましい(^^; 世界遺産見れるじゃん!行きたい!と子供達と騒いでいたけれど、一緒に行くわけにもいかない。そして夫は仕事と移動時間の都合でのんびり観光する時間など取れなかったらしい(^^;

ま、無事に帰ってきてくれて何より。ワインやチーズ、チョコレートを買って来てくれたのもGood job(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-17 22:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

Pray for Kumamoto

熊本の地震、時間とともに被害の状況が伝わってくる。
14日夜の震度7の時点で大きな被害が出ていたのだけど、夜だったので全容がよく分からず。
翌日、明るくなった被災地の状況が見えてきた。
そして16日未明、震度6強の大きな揺れが。14日の時点で傾いたりして被害を受けていた建物がさらに崩れた。
阿蘇山も小規模噴火。

どうかこれ以上被害が広まりませんように。
311で得た多くの教訓を無駄にせず、必要な人に必要な支援が届けられますように。


ちなみに、2016/04/16 ラジオより。
支援物資、今は企業等からの大口の物資を優先的に受け入れている。個人の小さなロットのものは整理、配布に手間がかかるため。物資を送ってくれるなら複数人で協力して100個、200個と大きな単位で送ってほしいとのこと。
今足りないのは飲み水、紙オムツなど。

今ここで現地に物資を送るのは手間を増やすだけ。
できることは?
義援金とかかなぁ。。。


あと、自分の非常用持ち出し袋、この機会に再チェックしておきたい。九州に限らず、甲信越でも小さな揺れがあったようなので、遠方でも油断せず。

我が家の場合・・・
・飲み水2L×6本は確保。(念のため。うちはエコキュートのタンクの中に水があるので、それを使えば当面OKだけど。)
・カセットコンロ、ボンベ6本確保。(普段からボンベは3本以上買い置き)
・パスタ約10kg、米5kg。(パスタは年1回まとめ買いして普段からストック)
・子供用に迷子札(親の携帯電話の番号、住所、血液型、持病の有無)
・その他、非常用に必要と言われている小物をまとめたリュック。(保温シート、ビニール袋、はさみ、紐、ガムテ、ラップ。。。)

といった感じ。
前に入れた非常食は買い替えなくちゃ。
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-16 16:47 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

世界遺産検定、合格!

やった!9歳娘、世界遺産検定4級合格!

日本の世界遺産は全部覚え、海外の有名な遺産についても勉強して。
すごいな。私が子供の頃は外国の町の名前も遺跡の名前も全然知らなかったと思う。。。

残念ながら5歳息子は不合格。。。ま、そりゃそうだ(^^;
でも42点も取ったのはすごい。漢字だらけのテキストを読んで勉強して、当日は大人だらけの試験会場で大人しく席について、マークシートに回答して。

子供達は世界遺産に興味を持ったことで、テレビのニュースや旅番組で知っている地名が出てくると「あ!これ知ってる!」と興味を持つようになった。行ったことのない遠くの地であっても、世界遺産というきっかけのおかげで関心を持てるようになったのは素晴らしいことだと思う。
私にとっては世界遺産検定は「海外旅行を楽しむための基礎知識」という感じだけど(^^;、子供達はこれから先の学校の授業の時にもきっと役に立つだろうし、歴史や世界情勢を知るときの助けになると思う。


大人だらけの試験会場で、大人達と同じテキストを読んで直前勉強して、しっかり試験を受けた子供達。素晴らしくて、面白い光景だった(^Q^)
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-07 22:56 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)