<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

世界遺産検定

世界遺産検定、なるものがある。
国内外の世界遺産の知識をはかるものらしい。

世界遺産ブームの我が家、この機会に世界遺産検定受けるぞ~!と言ってみたら4歳息子も「僕も受けたい」と。
うーむ。きみは問題文読めないんじゃないかと思う。。。漢字にふりがなないからね。。。
世界遺産の名前は結構覚えた息子。「古都」とか「滝」とか「歴史地区」とか、世界遺産の名称に入っている漢字はどんどん覚えている。でも検定の問題文となるとハードルが高いような。

8歳娘は「合格しなかったら罰ゲームある?」と、思いがけないことを聞いてきた。
テレビのクイズ番組か何かと勘違いしてるんだろうか?(^^; 

話のタネに、3人で受けてみるのもアリかなぁ? なんだかヘンテコ家族な感じだけど、子供達楽しそうだし。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-25 23:09 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

世界遺産ブーム、継続中

世界遺産ブームの子供達を見て、「好きこそものの上手なれ」だよなぁ、と思う日々。

何冊か買った世界遺産関連の本、図書館で借りた本を見て、子供達は次々に世界遺産の名前を覚えていく。自由の女神みたいなメジャーなものはもちろん、聞いたこともないようなものもどんどん覚える。

覚えた世界遺産の名前を紙に羅列していく。まだ4歳の息子には難しいけれど、分からない字があれば私に聞いてくる。
「"シェ"ってどう書くの?」
"シェ"?モン・サン・ミシェルの"シェ"?
「ううん、シェーンブルン宮殿の"シェ"」
みたいな会話が最近の我が家の日常。

覚えると、テレビを見るのも楽しくなってくる。海外のどこかの風景が映ると、知っている建物や風景を見つけては「あ!エッフェル塔!」「これ姫路城に似てない?」「サグラダファミリアだ!」と盛り上がる。

本人達に自覚はなくても、字の読み書きも世界地理も勉強している。勉強という意識なんてまるでない、ただただ世界中にある美しい景色、素晴らしい建築物の写真を見たり覚えたりするのが楽しくて仕方がないだけ。
やる気スイッチが一度オンになると、こうなるんだなぁ、と感心。

話しについていけなくなると嫌なので、お母ちゃんも世界遺産検定の本読んで頑張るよ。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-20 22:44 | こども | Trackback | Comments(0)  

雪!

今日の東京は雪景色。
夜のうちに10cm以上積もった。

娘の小学校は2時間繰り下げ。息子の幼稚園は自由登園(休んでも欠席としてカウントされない)、通園バス運休。

娘は張り切って着替えてスノーウェアを着込み、「雪かきするー!」と外へ。車の雪をよけて、夫は車で出勤。東北への帰省のために冬タイヤに履き替えてあったので安心。
息子は眠くてグズグズ。遅出の娘と一緒に遊んでから、ゆっくり登園。と思ったら途中で転んで一旦家に戻って着替えて再度登園。

帰ってきた娘と息子は、スノーウェアを着込んで雪遊び。午前中にみぞれと雨が降ったので雪は解けてきたけれど、子供達は雪を集めてキャッキャと遊ぶ。お隣の子もスノーウェアで完全装備。一緒に雪の椅子に座っておやつを食べたりして。滅多にない雪遊び、子供達は大喜びだった。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-18 22:58 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

抱負2016

さてさて。今年の抱負を考えるにあたり、昨年の抱負を見返してみたが。
まるで守れていなかった(^^;
年の途中からは抱負が何だったか忘れてたもんな。。。これじゃいけません。


今年も心新たに。

◆1ヶ月に1冊以上、本を読む。
・・・去年は「小説を1冊以上」と思ったけど、ノンフィクションや勉強のために読みたい本の方が多くて、小説にまで時間を回せなかった。
今年はハードルを下げて、何でもいいから読む。但し1冊以上、最後まで読んで概要や感想のメモをまとめる。


◆世界遺産検定、3級以上合格する。
・・・子供達と共に我が家でブームの世界遺産。せっかくなので「世界遺産検定」に挑戦してみようかな、と。
3級は一般常識、メジャーな遺産の知識で結構イケるんじゃないかと思うので、娘と一緒に本読んでお勉強して親子で受験するのもいいかも。
熱意からいけば息子の方が合格しそうだけど、いかんせんまだ4歳、問題文の漢字が読めなくて撃沈かと(^^;


◆ゴスペルサークル、ソロに挑戦する。
・・・2015年はサークルの単独コンサートでちょこっとだけソロ、4人でのハモリに挑戦させてもらった。一音一音しっかり音を取ること、詞の意味を伝えること、他の3人の音を聞いてハモること。。。大人数で歌う時とは違う緊張感の中で歌ったのは貴重な経験。
1フレーズでもいいから、またソロで歌う機会をもらえるよう、今年も頑張ろう。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-13 10:07 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

核家族での躾に迷う

「ご飯にするよ~」と言ったら
娘「お魚?骨あるの?食べたくない~」
息子「お腹空いてない~」

「じゃぁ食べなくていい!」と軽くキレた私は心が狭いでしょうか。。。(-_-;

せっかく作ったのになんだよ~、と腹立ったのもあるけど、親戚やお友達の家でこんな発言しちゃったら。。。と思うと、見逃すことはできなかった。

そういうこと言ったら、作ってくれた人がどう思うだろう?
自分が作った時にそう言われたらどう思うだろう?
そういうことを考えてみてほしかった。


ただね。説教しながら、こういう時に平日母子家庭の我が家は困るな、と思った。
夫や祖父母、他の親戚なんかがいれば、そういう人が
「お母さんがせっかく作ってくれたのにそういう言い方は良くないよ」と注意してくれるんじゃないか、と。
私が作って私が注意すると
「あんた達、私に対してその言い方は良くないぞ」
と説教してることになり、なんだか居心地が悪い。私に失礼の無いように接しなさい、なんて言うのおかしいもの。でも大人が私しかいないと、私に対してちゃんとしなさい、と私自身が言わなくちゃいけなくなる。


我が家は核家族だけど、三世代同居家族が羨ましいと思うのは、こういう時。
目上の人にどう接するべきか。態度も言葉遣いも含め、相手を尊重する接し方ってどういうことか、親が親より目上の人(子供にとっての祖父母とか)と接する姿を見ながら子供が学べるんじゃないかと思う。

それなら同居すれば?と思われるかもしれないけれど、うちは私側も夫側も両親が遠方なので難しい。
年に1,2回の帰省の時に少しでも祖父母(≒目上の人)との接し方を感じ取ってくれればいいな、と思う。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-06 21:52 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

お年玉でお買い物

子供達と、お年玉を持ってお買い物へ。
何を買うのか?と思いきや。。。結局息子は何も買わず。娘はビーズを収納するケースを100均で買っただけ。
あれ? そんなもんで満足ですか。。。?(^^;

二人とも、クリスマスプレゼントをもらって満足してるし、必要な文房具類は親が買い与えているし、しかも来月には誕生日が控えていて多分プレゼントをもらえるだろうという気持ちがあるので、「これが足りない」「これが欲しい」という感情は薄いのかも。。。
いつになくじっくりおもちゃ屋を見て、本屋で絵本をあれこれ見て、楽しそうではあったけれど、それで満足だったみたい。

私が今の娘と同じ頃には、サンリオショップとか行ってキャラクター付の文房具を買うのが楽しみで仕方なかったなぁ。1月2日の親族の新年会でお年玉をもらい、そのうちのいくらかを持って3日か4日に買い物に行く。それが恒例行事で、自分の好きなように使っていいというのが嬉しくて仕方なかった。その日はデパートの中の喫茶店や普段行かないファーストフードでお昼ご飯を食べる、というのも恒例で、これまた楽しみで。

うーん。
好きなように買い物をするという楽しみが我が子たちにはまだ分かってないのか?
満たされすぎていて、欲しい!という感情を持てないのか? 甘やかしすぎか?

もうちょっと盛り上がると思ったんだけどなー、とちょっとがっかりしつつ、使わなかったお年玉は大切に貯金しておくことに。

上の子はもうすぐ小学4年生。そろそろ、親が買い与えるものでなく自分で選んだものを持ちたがるようになるのかな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-06 21:36 | こども | Trackback | Comments(0)  

同期会!

お正月に地元で、高校を卒業してから初めての同期会。
いや~楽しかった(^^)

仲の良かった友達に再会できるのはもちろん嬉しかったけれど、当時は言葉を交わしたことすらなかった同期生とも話したりできたのも楽しかった。
近況を話したり、当時の思い出話をしたり。
みんな、若かったね。可愛かったね。
そして、みんな同じだけ歳を取ったんだけど、面影は当時のまま。「全然変わってないね~」なんてワイワイ言い合って。傍から見ればアラフォーの集団、高校時代と変わってないわけはないんだけどね(^^;

それぞれの仕事で活躍していたり、育児にてんてこ舞いだったり、太ってたり、美人は美人のままだったり。。。卒業から20年以上経って、それぞれにいろんなことを経験してきたんだけど、こうして一緒の時間を過ごした仲間として集まって笑いあえるのはとても幸せなことで。

2次会、3次会と延々とおしゃべりし、また集まろうね、と解散したのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-04 12:04 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)