<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ゴスペルレッスン

先日は、ゴスペルサークルの特別レッスン。いつもの講師ではなく、ゲスト講師、ゴスペルシンガーのTAEKO GloryさんとRENさん。
TAEKOさんが日本語詞を追加した"We shall overcome"。原曲は1960年代、アメリカで公民権運動の参加者たちが歌ったもの。その背景を知ると、詞の重みがずしりと伝わってくる。活動の中で不当に逮捕、拘留された人々は、拘留所の中を歩かされる時にもこの歌を歌ったのだとか。同じ拘留所にいるであろうキング牧師に聞こえるように、と。
そして東日本大震災の復興支援ソングとしてTAEKOさんが作った"ひまわり"。ひまわりのように空を見上げて進んでいこう、という歌。

講師が違うとレッスン内容ももちろん違う。発声練習、リズムを刻む練習も、普段とは違って新鮮。大きな動き、表情、全身からパワーを発して生徒を引っ張るTAEKOさんとRENさんに圧倒された。

TAEKOさんとRENさんは、親子。
息子が母親と同じ世界で働いている。素敵だな~と思った。
関西弁まじりで冗談言いながら、満開のひまわりのような笑顔で歌を指導するTAEKOさん、186cmの大きな体でリズムを取って歌うRENさん。あうんの呼吸で伴奏を鳴らしたり歌ったりするお二人。
きっとRENさんはTAEKOさんへ大きな信頼と尊敬を寄せているんだろうな、と思う。でなきゃあんな風に一緒にできない。
我が家にも息子がいるけれど、果たしてあんな風に親子でリスペクトしあって一緒に仲良くいられるだろうか? いや~素敵な親子を見させていただきました。

たまに別の先生のレッスンを受けるのも刺激があって楽しいな(^^)
特に男性講師の圧倒的な声量の歌に触れられるのは嬉しい。体全体に声を響かせる感じ、体そのものが大きな楽器なんだという感じ。自分の体格でここまで響かせることは難しい。。。かもしれないけれど、こうなりたいな、と思わずにいられないカッコよさを見られるのはとても楽しかった。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-28 13:03 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

誕生日でした

書き忘れてた。今月は私の誕生日があった。
美味しいもの食べに行こう♪なんて言ってたんだけど、息子が前日から熱を出してしまい、外食は取りやめることに。
そしたら小3の娘、「それじゃ明日はカレー作ってあげる♪」と。

しかし、誕生日当日、娘はカレーのことをすっかり忘れてお友達と遊ぶ約束をしてきた。
「ただいま!〇〇ちゃんと児童館行ってくる!」
・・・カレーは?
「あっ・・・」
予定変えられると困るな、買い物の都合もあるし。作らないなら早く言ってくれないと。
「・・・前にカレー作った時、どのくらい時間かかった?」
2時間くらい。
「4時半に帰ってくるから! それから作るから!」

そして4時半過ぎに娘は帰宅、大急ぎで手を洗ってカレー作り。
娘の手料理は嬉しいけれど、いつもどおりのカレーライスじゃイベント感がないな、ってことで私はナンを焼くことに。発酵しなくていいレシピを見つけたので、簡単に。
(本当はナンは発酵させてからタンドールで焼くものらしいけど、まぁ細かいことは気にせず(^^;)

夫は仕事を早く切り上げて、ケーキを買って帰宅。

息子の熱も下がったし、娘の手料理もあるし、夫のケーキもあるし。外食は無くなったけど、Happyだな。

と思ったのだけど。
ケーキの箱の中がおかしい。
そーっと開けてみたら。。。デコレーションケーキがひっくり返ってた(^^; 夫の自転車のカゴの中でジャンプしたのかな。。。
せっかくの名前入りプレートの載ったケーキの惨状に夫は呆然。私は笑うしかない(^^; 笑って流すしかないでしょ、泣くのも怒るのも違うでしょ(^^;

そんなこんなで。
めっきり忙しくなった夫も揃って家族でカレー食べてケーキ食べて。
平凡で幸せな誕生日でしたとさ。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-25 22:45 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

恐がりキッズ

超恐がりの娘。大好きな「クレヨンしんちゃん」を見たらちょっと怖い話をやっていて、かなり怖がっていた。
あれ恐かったの~、怖い話嫌いなの~、という娘に「そっかー、怖い話ね、夜にさ。。。」と言ったところで娘はもう「キャー!」と悲鳴。
そしたら、横にいた息子も顔をクシャクシャにして「そんな声出さないでよー!怖くなっちゃうー!」とポロポロ涙をこぼし始めたと思ったら本気で泣き出した。

まだ怖いこと全然話してないんだけどな。。。そうか、怖いんだね。。。二人ともべったり私にくっついて離れない。ビビりすぎじゃね?とも思うけど、本気で怖がる姿がちょっと可愛かったりもして。

私が娘くらいの頃。。。超常現象の本とか「あなたの知らない世界」とか大好きだったんだけどな(^^; まだまだ幼い我が子たち、本やテレビの中のの怖い話でも本気で怖がっていて、フィクションとして楽しむ感じじゃないみたい。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-16 23:01 | こども | Trackback | Comments(0)  

チャリティコンサート終了

ゴスペルチームのミニコンサート、終了♪
今回の会場は、産婦人科のロビー。定期的に行われるチャリティーイベントに出演させていただいた。ゴスペルのメンバーの一人の奥様がこの病院で働いているというご縁で。

産婦人科らしく、お客様は妊婦さんや小さなお子さん連れがいっぱい。そして、入院中の方も。安静の指示が出ているらしき車椅子の女性もいたし、生まれたてほやほやの新生児を抱っこして会場を覗いてくれたママさんも。
そんな中で生ピアノの演奏に合わせて歌った。歌を楽しんでいただけますように。気分転換になりますように。入院中の方も、普段と違う雰囲気でリフレッシュできますように。

今回は我が家の4歳息子も一緒に歌った。家で原曲を聞きまくっていたので歌詞を大体覚えてしまい、みんなと一緒に歌えるようになった。たどたどしいステップも手拍子も微笑ましいもの。メンバーの皆様にもだいぶ顔が割れてきた息子、「頑張ったね~」なんていっぱい声を掛けてもらった。

今後もイベント出演は色々とありそう。子連れでも参加させてもらえるのはほんとありがたいな。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-09 10:43 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

私立が上という誤解

「私立に行けばいい教育が」という誤解

面白い記事。
中学受験は、最上位レベルの学校なら頑張って入る価値があるけれど、他はそうとも限らない、と(^^;
建学精神は素晴らしくても、時代に合わせた充実した内容とは限らず、旧型教育が続いている場合もある、と。
中学受験は「親の力が9割」というくらい親のサポートが重要で、「特に専業主婦の場合には、自分の人生の成果を測る指標を実感しづらいために、親としてのレベルを確かめるかのようにのめり込んでしまう傾向が強い」んですと(^^;

もちろん、高い目標を掲げて親子ともどもそのための第一歩として中学受験をした家庭もあるだろうけれど。
不安感をあおる教育産業に乗せられた、というのもあるかも。
自分が達しえなかった夢を子供に押し付ける親、という話は聞くことがあるけれど、中学受験もそういう側面があるのかも。「あなたには私と同じ苦労をさせたくない」なんて言って子どもに受験を強要するとかね。


私は今のところは、本人が言い出さない限り中学受験はさせないつもり。
子ども同士いっぱい遊んで、地元の友達と一緒に過ごせばいい。喧嘩したり仲直りしたり、気の合う子を見つけたり、気の合わない子と距離を置いたり。
勉強はそりゃできるに越したことはないし、ある程度やっておいてほしいけれど、せっかくの子供時代の時間の全部を机に向かって過ごしてほしくはない。本人が好きで机に向かうならいいけれど、強制してやらせた勉強が本人の身に付くとは思えないから。

。。。なぁんて言いながらも時々はドリルやってきてやらせたりするんだけどね。

東京にいると、その気になれば日本最上級の教育環境を作ってあげることもできるわけで、それは素晴らしいことだと思うけれど、何よりも本人のやる気だよなぁ、と思う。♪やる気スイッチ、君のはどこにあるんだろー。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-07 22:24 | こども | Trackback | Comments(0)  

ぼちぼち夏終了

暑い暑いと言ってばかりいた2015年の夏も、やっと収まってきた。。。。かな。。。と思って油断してたら今日の午後は暑くなったんだけど(^^;
小学校に続き、幼稚園もスタート。給食も始まったので、やっと自分の自由時間ができた(^^)b

7月下旬、暑くて暑くて、ちょっと家事してはシャワー、買い物行ってはシャワー、と日に2度も3度もシャワーをしてた。肌が弱くて汗で湿疹が出てしまうので、シャワーで汗を流さないとあちこちかゆくて仕方がない。
東京育ちの子供達より、どうやら私の方が暑さに弱いみたい。子供達が汗かきながらケラケラと笑って過ごしてるそばで、私はせっせとシャワーしたりしてる。地元を離れて長いのに、まだまだ暑さに対応できてないな。


8月上旬、実家のある函館へ。両親は「暑い、暑い」と言っていたけれど、東京に比べればラクなもの。最高気温が29℃とか、最低気温が23℃とか、余裕よゆー。山だ海だとあちこち遊びに行った。その頃東京は猛暑日が続いていた。
帰省を終えてお盆前に東京に戻ってみたら、帰省前の暑さはすっかり和らいでいた。晴れた日中は暑くても、夕方になれば風が吹いて熱気を吹き飛ばしてくれる。7月下旬の、街全体にじっとりどっしり居座るようなあの熱気は無くなっていた。
帰省がうまいこと避暑になってたんだな。

そして8月下旬、娘の小学校は始業式。涼しいどころか、雨で冷えた空気は肌寒いほどだった。


暑いさなかは文句ばかり言ってたけれど、あの暑さがあったからプールも海も楽しかったんだよなぁ。
この先は、ハロウィンやクリスマス、お正月とバタバタとイベントが続く。美味しいものを食べたり、行事を楽しんだり、賑やかに過ぎていくんだろうなぁ。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-02 21:34 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

夢は世界旅行?

最近、主人公が世界旅行するような絵本を何冊か息子が読んでいて、楽しそう。
小難しい理屈っぽいものじゃなくて、びゅーん!と飛んでピラミッドを見て、またびゅーん!と飛んでタージマハールを見て、って感じの絵本。

ぐっすりメーメさんの世界旅行

マウリ クンナス / 猫の言葉社



息子はそれを見ながら、ピラミッドはエジプトにあるとか、万里の長城は中国だとか、覚えている様子。時々は夫と一緒にパソコンでGoogle Earthの映像を見たりして、ここにあるんだね、こんな風に建ってるんだね、なんて楽しんでる。自分で行かなくてもネットを通じて世界中の風景を見られるって便利だな。

DVD「リトル・アインシュタイン」でも世界の名所を巡るシーンがよくあるので、絵本に出てくる場所を見て「DVDに出てきた!」なんて言ってたりもする。

リトル・アインシュタイン/さいこうの だいぼうけん [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社





そして、イタリアはベネチアのゴンドラ、ニューヨークは自由の女神。。。私が行ったことのある名所が出てくると俄然盛り上がる。お母さんも行ったことあるんだよ、なんて言って写真を見せると子供は大喜び。いいなー行きたいなーなんて言ったりして。

絵本は図書館の、DVDはレンタルショップの借り物だけど、随分気に入ってるようなので買ってもいいかな、なんて思ったり。


世界には、知らない景色がいっぱいある。
日本の中にだって、見たことのない景色がいっぱいある。

いつか行けるよ、あなたたちも(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-02 21:23 | こども | Trackback | Comments(0)  

パクリ、取り下げ、批判

エンブレム取り下げ

パクリは本当に腹立つけれど、本人の家族にまで誹謗中傷が及んでいるというのは残念な話。
パクリは良くない。それは当然。
でも、批判は彼の仕事に対して行なわれるべきで、彼の人格、素性、生い立ちは関係ないし、彼の家族も関係ない。家族がパクリの片棒を担いだわけじゃないだろう。
本人、家族の逃げ道をすべて塞いで騒ぎ立てるようなことは避けてほしい。最悪のことが起こらないように。

でも、それはそれとして、取り下げの理由が「国民に理解が得られないから」というのはやっぱり腹立つ話。
デザイナー様の作ったエンブレムを理解できない一般国民が悪いってこと?
違うでしょ。著作権を軽視したデザイナーに問題があったんでしょ?

取り下げたんだからこれ以上ギャーギャー言わないでよ、と言うつもりだろうか?
問題ないのなら取り下げる必要なんてない、取り下げたってことは問題あるのを認めたってことじゃないのか?
日本的なあやふやな決着でいいのかな?


エンブレムが決定した後、ポスターや様々なエンブレム入りのグッズが作られたはず。それらが全部無駄になった。その責任は誰が取るのか? 誰も取らないつもりだよね、きっと。「理解」してくれない「国民」のせいにして、お偉いさんは何もしないつもりだよね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-01 23:07 | ニュース | Trackback | Comments(0)