<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

参加人数はいかほど?

何人が参加したか? 主催者発表と警察発表に随分ズレがある。どっちが正解かは正直分からない。
が。地下鉄駅の出口を警察が塞いだりしていてスムーズに地上に出られない状態になっていたり、国会前に行こうとした人が警察によって別な方向に誘導されたりしていた、という話もあるようで。分からんねー。。。

テレビではあまり報道されない。取材ヘリが飛んだりしていたようなので映像はあるはずなんだけど、あまり流さない。
外国での数千人規模のデモは報道するのに、自国での何万人規模のデモは報道しないこの不思議。

デモがどれだけのインパクトを与えるのかは分からない。
他国のデモに比べてお行儀が良すぎるだの、腑抜けだの、大物アーティストのコンサートの方がよっぽど人が集まるだの、ネットで叩く向きもある。
それでも、右でも左でもない、活動家でも何でもない人がこんなに集まるって相当すごいことだけどな。デモは選挙じゃないからこれだけじゃ変わらないことは分かってるけど、何も変わらないとは思えない。

。。。などと言ってる私がまだまだ甘いのか? どうなるんだこの国?


お暇な方へ。ご参考までに、デモの空撮写真とその他イベントの人数比較。
http://nyaasokuvip.net/archives/9081
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-31 21:40 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

起立性低血圧?

娘、長い長い夏休みが終わり、2学期の始業式。
やれやれ、やっとお母ちゃん業もひとつ楽になったか、と思いきや、放課後に担任の先生から電話があり、「始業式の最中に倒れてしまったんですよ」と。

え???

しかも、一瞬気を失っていて、もしかしたらてんかんなどの恐れもあるのではないか、念のため病院に行ってみては?という保健室の先生のアドバイスつき。

え???

娘自身は、帰宅したとき妙に静かだったけれど、そのことは全く話してくれなくて。電話の後に聞いてみたらぽろぽろ涙を流しながら答えてくれた。初めてのことだったのでびっくりした、怖かった、と。

念のため小児科に行ってみたけれど、診断は「起立性低血圧」、成長期の子供によくあることで、長時間立ちっぱなしで血の巡りが悪くなるせいだ、と。貧血やてんかんの心配はない、と。

はぁ。。。よかった。


私自身も子供の頃に倒れたことがあるので、驚いたけど「あぁ、きたか。。。」という感じ。こんなところ似てくれなくていいんだけど(-_-;

蒸し暑い夏の全校朝会で、私も何度か倒れた。初めて倒れたときは多分バターン!といって、数十秒気を失ってたんじゃないかと思う。目を開いたら先生に抱きかかえられて廊下を運ばれている最中だった。たしか今の娘と同じ小学校3年生くらいだったような。
何度か倒れるうちに、こうなるとそろそろ倒れる、というのが分かってきたので倒れる前にしゃがんだり椅子に座ったりした。でもヤバいと気付いた頃にはもうリカバーしようがなく、気を失うところまでいかないと回復しないので、なんとも困ったもの。。。


私の場合は、自律神経失調症のような気も。暑さ寒さと空腹に弱い。蒸し暑い日にはクラッと来る。寒さが我慢できない。空腹で動き回ったり温泉に行ったりするとクラッとする。きっと普通の人なら体が勝手に調整機能を働かせてくれるんだろうなぁと思うけど、私の体はそれが上手くできないみたい。
見るからに健康優良児の娘にこの体質が受け継がれてしまったんだとしたら、残念だし、申し訳ない。。。不幸中の幸いがあるとすれば、経験者としてアドバイスができることくらいか。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-25 21:52 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ロボットPepper

中小企業大学校東京校にて「特別講演:ロボットPepper ソフトバンク首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏」なるものが開催されたので行ってみた。
ソフトバンクが突然発表したロボットの開発の話や、Pepperが活躍する姿の動画、面白かった。

質問させていただいたところ、今のところPepperは「世界初の感情を持つ・感情を理解するロボット」だそうだけど、これが開発されたことで恐らく他企業、海外でも同様のロボットの開発が一気に進むだろう、とのこと。日本のロボットの技術は素晴らしいけれど、これからどんどんライバルとなる技術が出てくるだろう、と。

ロボットの技術、ヒト型のルックス、人工知能。色んな技術のどれかを突き詰めるのもアリ。でもソフトバンクは「情報技術で人を幸せにする」という目的のため、人間の子供に近い大きさで、一般家庭に置けるくらい(といってもまだまだ高いけど(^^;)の価格で、壊れにくいロボットを作った。ふむふむ~。
ヒト型ロボットにこだわるのはやっぱり鉄腕アトムやドラえもんなどの影響もあるのかもしれないけど、単純な人力の置き換えではなく、人との共存を考えたのがPepperなのね。

こういう講演が地元で開かれて、直接お話を聞けて大満足♪


それにしても。会場に入ると白髪の聴衆がずらり。。。

なぜ?と思ったら、この講演会の企画者がシニア世代で。その方のネットワークを通じて多くのシニア世代が参加されたようです。ビジネスユースを狙ってるであろう大企業の方もいらしたし、中小企業大学校という場所柄、IT技術で起業を考えている方もいたけれど、それでも目に付くのはシニアの多さ。ま、皆さんスマホやタブレットで写真を撮ったり、デジタルデバイスを使い慣れているようだったけれど。講演やりづらかっただろうな。。。(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-25 21:27 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

妊娠しやすいのは22歳?

文科省:妊娠しやすさと年齢、副教材に 高校生向けに作製

事実として伝えることには賛成。

2012年、NHKで放送された「卵子の老化」についての番組の反響が大きかったそうだ。卵子が老化する、年齢とともに妊娠しづらくなるということを「知らなかった」という女性からの驚きの声が多かったという。その頃、団塊ジュニア世代は既に妊娠が難しくなるという30代半ばを過ぎていた。少子化を食い止めたければ、その世代がもっと若い頃、10代とか20代の頃に教えておくべきだった。30代後半になってから不妊治療を始めて「もう妊娠の可能性は低くなってます」と言われて初めて知るのでは遅すぎた。

但し、伝え方は色々工夫が必要だと思う。22歳が一番妊娠しやすいとしても、22歳で産むのは必ずしも現実的じゃない。22歳で産むには21歳で夫(パートナー)が必要。女性の大学進学率が50%を超えている今、それって現実的? 高卒なら就職して少し経って結婚という道があるけれど、大学生は収入もないのに学生結婚しろってこと?
そうじゃない。22歳で産むことにこだわらなくていい。
ただ、それを過ぎたら徐々に可能性が低くなるということは頭に置いて、その後の婚活なり妊活なりを考えればいい。

できれば、これと同時に避妊の基礎知識を伝えたり、早く産む場合と遅く産む場合、産まない場合のライフプランを考える時間があればいいな、と思う。プラン通りに産めるとは限らないということも含め、知っておくべき。
女子だけの問題じゃなく、男子だって知っておかなくちゃいけないことだから。
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-21 22:33 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

シュークリーム→ドーナツ

夏休みの自由研究にシュークリームを作ってみる!と頑張った娘。
なぜか気が変わり、「ドーナツ作りたい」と。

えー?シュークリーム作ったじゃん、ちゃんと作ってる様子も写真撮ったりしたよ? あとは自分で書いてまとめるだけじゃないの。。。?

とこっちは疑問フツフツ&不満タラタラだけど、なぜか本人がドーナツ作る!と張り切っているので仕方がない、夏休みのお菓子作り、再び。

ネットでレシピを探すと「ホットケーキミックスで簡単!ドーナツ」みたいなのがわんさか出てくるんだけど、自由研究だ、せっかくやるならミックス使わないでやった方がいいじゃん、と誘導して、小麦粉やら砂糖やらを一つひとつ量って準備。
粉をふるうのも、混ぜるのも、いちいち時間がかかる。キッチンカウンターが娘には高すぎるので椅子にのぼったり、材料をちゃぶ台に運んだり、そんなのにも時間がかかる。そして生地を寝かせる時間も必要。
午後1:30スタート。3時におやつ休憩&生地寝かせ。出来上がりは5時。。。3時間半の大作だ(^^;

出来上がったドーナツは美味しかったしね、お菓子作りは結構時間と手間がかかるってことを身をもって感じられたしね、いい経験だったね。

お母ちゃんとしては、午後まるまるキッチンを占領されるし、ちょこちょこ様子を見てサポートしないといけないし、結構ヒマじゃないとやらせてあげられないんだけど。ケーキ屋さんになりたいという娘、いろいろお菓子作ってみようね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-19 22:40 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

帰省

今年の夏も、恒例の函館帰省。
いつも飛行機でブーンと帰ってたけど、今年は趣向を変えて高速バス+フェリーで函館へ行き、帰京はJRに。
飛行機は早くて便利だけど、簡単すぎて、海を越えて北海道まで行く、という距離感が感じられないような気がして。トコトコと地上を移動し、船で海を渡って、という方法で行くことで、どれだけ遠くに来たか子供達に感じてもらいたいな~と思って。

深夜10時、新宿の高層ビル街から深夜バス出発。子供達、初めはブランケットをいじったりシートを倒したりこそこそおしゃべりしたりしてたけれど、何となく静かになり、さほど周囲に迷惑をかけることもなく(と思う(^^;)、就寝。バスは2時間おきくらいにサービスエリアに停まってトイレ休憩&ドライバー交代をしていたようだけど、私達は車外に出なかった。
朝、青森に到着。フェリーターミナルでバスを降りる。
フェリーはずっと昔乗った頃とは違って、ターミナルも船内もキレイ。スタンダード(絨毯敷きの雑魚寝部屋)も女性専用室やファミリールームがあったり、他にも子供が遊べるキッズスペースやペット連れのためのスペースがあったり、随分充実していた。子供達と一緒に海を眺めながらおやつを食べたりして過ごした。函館山が見えてきて、いよいよ函館に着く!というあの感じは船旅ならでは。


天気のいい日に、海水浴へ。息子にとっては初めての海。波しぶきのしょっぱさに驚き、引き波のパワーに驚き、怖がるので仕方なくそばのプールへ移動。湯の川の海水浴場の隣には熱帯植物園があり、そこに浅いプールがある。8歳の娘には物足りなかったみたいだけど、4歳の息子はそこがちょうどよかったみたい。

テレビの影響か、少し前から「キャンプに行ってみたい」という子供達のため、キャンプ場へ。といってもアウトドアグッズを持っていないのでログキャビンを借りてのお手軽キャンプ。白石オートキャンプ場はキレイに整備されていて、共同の炊事場はもちろんコインシャワーもすべり台などの遊具もあり、自販機も管理棟内の売店には冷凍肉まで売ってるし、キャビンにはテレビもミニキッチンもミニ冷蔵庫もあり、至れり尽くせり。便利すぎるね~と言いつつも、初心者へなちょこキャンパーの初挑戦には実に快適な場所でした。

b0164353_23134894.jpg


帰省の恒例、函館山登山。今年は去年よりも早く山頂まで行けたし、去年は疲れて下りはロープウェイに乗った息子も今年はちゃんと上り下りとも歩いた。成長したな~。

最後の方は夫も合流、五稜郭公園やベイエリアに新しくできたラッキーピエロ、公会堂を見て回り、観光気分満喫。夫の会社の方に五稜郭公園で出くわすという驚きのハプニングもあり(^^;

b0164353_23152227.jpg

五稜郭公園に復元された奉行所。かっこいい。

b0164353_2316235.jpg

旧函館区公会堂。いい雰囲気。

帰省を一緒に楽しめるのも子どもが小さいうちだけかな。。。貴重な時間だな。
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-18 23:16 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

読書感想文を考える

読書感想文のテンプレ


読書感想文のテンプレートなるものがある、というのをネットで見かけて驚いたのだけど。
よく考えたらこれもアリなのかも、という気がしてきた。

小3の娘の夏休みの宿題に「読書感想文」が出た。原稿用紙3枚、1200字書けとのこと。
初めての読書感想文、娘はどうしたらいいのか分からない。
学校で、どういうことを書きなさいとか言われなかった? 「言われてない」
国語の授業で、短い感想文を書いたりしてない? 「してない」

うーむ。何の指導も練習もなくいきなり1200字書けってのは酷じゃないだろうか?
先生に聞いたところで「自由に思ったことを書きなさい」って言うだけなのかな?
それで1200字書けると思ってるのかな?
遠足や運動会、夏休みの思い出なんかを書くにしても1200字って結構多い。それすら書いた経験のない子に読書感想文1200字って結構難しいのでは?

クロールの泳ぎ方を教えずに夏休みに「クロールで25m泳ぎなさい」って課題が出て、うまく泳げた子は大会にエントリーさせる、みたいなことって無茶すぎる。
読書感想文はその無茶を押し付けているのでは?

字を書ければ文章も書ける、自由なんだから好きに書けばいい。
ってほっといて作文力が上がるわけないような気がする。。。

授業の中で、短くていいから感想を伝える練習を。まずは話す。それから文章に書く。3行でも5行でも。それから徐々に長い文章へ。そういう練習をするべきだと思うけど。。。忙しくてそんなことに時間かけられないのかなぁ?
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-17 14:26 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

真夏の出来事

車で外出から戻ってきたら、家のすぐそばの道端に人の足が見えた。ん?道路に寝てる?
外は30℃オーバーの暑い日、道端に倒れてるおじさんもしくはおじいさん。熱中症か?!と慌てて車を降りて、声を掛けた。大丈夫ですか???
「ん?んあ~、ん~」
大丈夫ですか? 水持ってきましょうか?
「ん?いらねえよ」
誰か呼びましょうか?
「いいっていいって、いいから」
と、シッシと追い払うような仕草。。。

熱中症で倒れたわけではなく、言葉は悪いけど「その辺で寝っころがってるおっさん」だったようです。。。

そうは言ってもこの暑さの中寝てたらやっぱり熱中症なるんじゃない?と思ったけど、しばらくしたらいなくなっていたので、大丈夫だったらしい。

熱中症じゃなくて良かった。けど、やめてよね、道端で寝るの。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-03 11:31 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)