<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ヴァーチャルとリアル

その1)
NHKのニュースで、カーレースのゲームの上手な子の中から本当のカーレースの世界にスカウトする、という話をやってた。「GTアカデミー」というんだそうだ。びっくり。
「グランツーリスモ」というカーレースのゲーム、実際のサーキットのコースレイアウトそのままのコースを走ることができる。
(ちなみにNHKなのでこのゲーム名は言えないはずだけど、インタビューを受けた人の英語はそのまま流れていて、そこでは商品名バッチリ言ってた(^^;)

オーディションの後半まで残ったとある男の子は、「レーサーになりたかった。本当に選ばれたら大学辞めて専念する」と言っていた。自宅にはゲーセンのカーレースゲームと同じような装置が作ってあって、そこで腕を磨いているのだそう。

実際、プロのレーサーもこういうゲームはやっている。バイクレースのライダー達も、コースレイアウトを覚えるためにバイクのゲームをやったりするそうだ。コース幅から見える景色まで忠実に再現してあるゲームは、サーキット現地まで行かなくても手軽にコースを体感できるシュミレータだ。

ただ、ゲームの上手な子たちは、必ずしも体力的に優れているわけではない。プロのレーサーになるのなら、他のスポーツの選手同様に全身を鍛えないといけないんだけど、見た限りではまぁ室内ゲームを楽しむ普通の体型だったので、これからの努力が必要。普通にレーサー目指してる子たちは子供の頃から実車に乗ったりトレーニング積んだりしてるからね。



その2)
米空軍のドローンパイロット、相次ぐ退職者の理由は「ストレス」
http://wired.jp/2015/07/27/exodus-of-drone-pilots/

これまた興味深い記事。
以前からこの任務の不気味さは小さく報じられることはあったけれど。
勤務場所はアメリカ本土にある空軍基地。冷暖房完備の室内のブースに座り、モニターを見つめ、レバーやボタンで地球の裏側のドローンを操作し、空爆を行う。建物や車を爆撃し、もちろん死傷者が出る様子もモニターで見ることになる。
勤務時間が終われば、自宅に帰る。そこには家族が待っていて、一緒に食卓を囲む。

ゲームでゾンビを狙撃するように、モニターを覗いて敵がいるであろう場所を狙撃する。でもそれは現実だ。モニターの向こうには町があり、家があり、人が暮らしている。

戦場での戦闘行為、人殺しと平穏な日常を行き来する日々。まともな精神状態じゃいられないと思う。。。
耐えられなくなった人が退役するのは当然のことだろう。

アフガニスタンとイラクに派遣された兵士のうち、5人に1人が精神を病んでいるとか。
現地に派遣されなくても、ストレスで押しつぶされるこういった人も少なからず出ている。勤務風景はヴァーチャルのようでいても、やってることはリアルな殺人だ。

この先戦争ってどうなっていくんだろう? ヴァーチャルな戦争ってなんだろ? なんとも不気味な感じがする。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-30 22:39 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

シュークリーム

大きくなったらケーキ屋さんになりたいという小3の娘、夏休みで時間があるんだから何か作ってみたら?と言ってみたら、プリンとシュークリームを作ってみたい♪と。

プリンは簡単だけどシュークリームは手間かかるよ。。。

と思ったけどそれは言わずに、昨日はシュークリームに挑戦。
まず、必要な材料の買い出し。近所のスーパーに娘一人で生クリームを買いに。
そして材料を一つひとつ量り、小皿に分けて並べて。
レシピを見ながら混ぜて。

シュー生地をオーブンに入れたところで「お腹すいた」とランチ休憩。
オーブンの中の生地がなかなか膨らまず、ヒヤヒヤ。。。慌てて「シュークリーム 膨らまない」などとググってみる(-_-; 原因はいろいろあるようで、このまま膨らまなかったらやり直しか。。。?ひゃ~。。。

と思ったけど、じわじわ膨らんできて一安心。

ランチ後、カスタードクリーム作り。卵や砂糖や牛乳を鍋でコトコト煮て、ホイップクリームと混ぜて。

焼き上がり、冷ましたシュー生地を切って中にクリームを詰めて。

できあがったらちょうど3時!おやつの時間。なんだかんだで約3時間半もかかった大作だ~!


キッチンに踏み台代わりの椅子を持ち込み、高い天板の上で一生懸命作業した娘。「前にうちで作った時さぁ、お母さん一人でやったんだよねぇ?」と時々ぼそっと言っていた。実際に自分でやってみて、どれだけ手間がかかるのか実感したようで。やってみないと分からないことだよな~、これって。いい経験になったに違いない。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-28 11:09 | こども | Trackback | Comments(0)  

プレミアム付商品券

我が街もプレミアム付商品券を発行するそうで、案内が届いた。
なんだろこれ? このバラマキって意味あるの? とモヤモヤしつつも、25%のプレミアムはありがたいので買おうかなぁ。使用期間は約3か月半、市内の大規模スーパー、個人商店、飲食店など使える場所も多いようで、どのくらい購入するべきか迷うところ。。。

と、目先のこととしては嬉しいけれど。
そもそも何よ?と思ってぐぐってみた。
緊急経済対策として割り当てられた3.5兆円のうち、「地域住民生活等緊急支援のための交付金(仮称)【地域消費喚起・生活支援型】」の2500億円がこのプレミアム付商品券に割り当てられているらしい。各自治体ごとで、プレミアム20%前後の商品券を発行するようだ。

このバラマキにどんだけ効果があるものなのか? 今までのバラマキの顛末を見ても、一時的にちょっと消費が盛り上がる程度で長く続く好影響は考えにくい。それでもばら撒いた方がマシな理由が何かあるんだろうか?
とか考えちゃうよねー。
とかぶーぶー言いつつもプレミアムにつられて買っちゃうと思うんだけど。。。庶民です、はい。

ちなみに、この財源が2500億円。これが多いか少ないか? ばら撒いた効果はどれほどのものか? 国会でどれだけ議論したんだろう? メディアは取り上げただろうか?
私には、大した議論も起こらず、知らないうちにあっさり決まったもののように思える。このくらいの金額、政治家や官僚から見たら大した金額じゃないのかもね。
ほら、2500億円。ザハ案もこのくらいだったよね。森さんは「このくらいの金額も出せないのか」みたいなこと言ったらしいけれど、政治家にとってはその程度の感覚なのかもね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-24 22:01 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

週末は8耐!

すっかりサーキットからは足が遠のいたけど(^^;、今週末は鈴鹿8耐! テレビの前に陣取って自宅観戦の予定~。
TwellTVで生放送するそうなので、見るぞ~♪

エントリーリストざっくり見たところ、今年の本命は
---
#17チームカガヤマ、加賀山選手&ハガノリ&清成くん
---

いいとこ来そうなのは
---
#01エヴァ、井筒選手
#12ヨシムラ、津田選手
#21ヤマハ、中須賀選手
#87Team GREEN、柳川選手
#090、au、秋吉選手
#634ハルクプロ、ストーナー選手
---

注目としては
---
#18ラベレッツァ、高杉奈緒子選手(唯一?の女性選手、唯一?の聾者)
#30、SUZUKI、Vincent PHILIPPE選手(北川選手とともに世界耐久選手権を戦ったベテラン)
#32、MotoMap、青木宣篤選手(言わずと知れた3兄弟の長男。最近は開発ライダー)
#39CONFIA、酒井大作選手、武石選手(全日本で活躍した選手)
#98韓国選手2名+日本人選手1名(韓国人選手って珍しいな~)
---

ってとこでしょうかね。

#17加賀山選手はずーっと応援してる選手だし、最近は自分の活躍どーのこーのだけじゃなく、レース界全体を盛り上げたいという気持ちで色々活動してるのが素晴らしくて。芳賀選手も応援してきた選手で、全日本ではチャンピオン獲得、世界選手権でも2位までいった人。清成選手は中学生時代から全日本に参戦、なにげに8耐は4回も優勝してる。
好きな選手3人で組んだこのチームに勝ってほしいなぁ。。。


それにしても毎度毎度思うけど、世界的バイクメーカーがいっぱいある日本で、どうしてバイクレースがこんなに盛り上がらないんでしょうね。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-20 22:20 | Motorsports | Trackback | Comments(0)  

暑くても、子供は公園!

30℃オーバーのくそ暑い日でも、子供は公園に行きたがるもので。。。
六道山公園のアスレチックへ。
ここは山の斜面にあるアスレチックなので、坂を上ったり下りたり、整備されていないデコボコの土の上を歩いて遊ぶところ。普段使わない筋肉を使いそうなこの感じが子供に良さそうだし、付き添いの親も歩かされていい運動になる(^^;

森の中のこのアスレチックは普段は涼しいんだけど、今日はあまりに暑かったので蒸し暑くてしんどくて(^^;、早々に切り上げて「かたくりの湯」へ。ここはプールと天然温泉がある。プールは初めて入ったけれど、室内プールだから日焼けの心配がないし、子供用の浅いプールもあるし、とてもいい感じ(^^) すぐそばには屋外プールもあるので、いい具合に人が分散してるようで、あまり混雑してなかったのも嬉しかった。

温泉にも入ってさっぱりして、お昼を食べて、家に着いたら私と下の子は昼寝(^^; 夏の休日らしい、実に実にのんびりした一日でした。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-20 22:06 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

あー夏休み

娘の小学校も、息子の幼稚園も、先日は1学期の終業式。長い長い夏休みの始まり~。

3年生になった娘、毎日のようにお友達と遊ぶ約束を取り付けて、ランドセルを家に置いたらパーッと遊びに出掛けるようになった。親と離れて遊びに行くこの感じは、あぁ成長したな~って思わずにいられない。1年生の頃は、放課後遊べるお友達を探すのもうまくできなくて、家で遊んだり、親同伴で児童館に行ったりしてたもんなぁ。
親としては、宿題ちゃんとやってる?とか色々思うこともあるけど(^^;、お友達と仲良くやっていくのも大事なことなので、楽しそうな様子を見ると安心する。
近所のお友達は、中学校でも付き合いが続くだろうし、大人になっても連絡を取り合う仲間になるのかもしれないからね。計算ドリルに向き合うよりも、今はお友達といっぱい遊んでおくのがいいのかな、と思う。

年中の息子は、最近一人称が名前から「ぼく」になった。「ぼくが持つ」「ぼく自分でできる」とか。成長を感じるな~。サッカー教室が楽しいらしく、「上手になりたい」としきりに言っている。食事中も「サッカーうまくなりたいから、いっぱい食べる」とか言ってる(いっぱい食べると大きくなれるよ、強くなるよ、と私が言い聞かせたせい)。


終業式の日、一学期頑張った子供達に、晩御飯は好きな物を作ってあげよう♪と思って聞いてみたところ、「大学芋」「豚肉の生姜焼き」と意外に定番メニューを言われて、拍子抜けと言うか何と言うか(^^; ハンバーグとかエビフライとかそういうのが来るかな~と思ってたんだけどね。

夏休み。おじいちゃんおばあちゃんの家、市民プールや近所の公園、おうち。子供達、楽しく過ごせますように。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-19 23:10 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

娘のお料理ノート

先日、娘が「ノート買って」と。
お勉強するの?と思いきや、そうじゃないと(^^; お料理ノートなんだって。
お料理の作り方を書きとめるノートにするんですと。

娘は小学校1年生の頃からカレーを作れるようになり、手順をノートに書き留めていた。1年生の頃に書いたノートは、まだ下手っぴなひらがなが並んでいて、とっても微笑ましい。
でもそれじゃ気に入らないようで、新しいノートに書き写すことにしたようだ。1年生の頃とは違い、漢字も混じったレシピを小さな文字で書いている。成長してるんだなぁ。。。
私のレシピノートや図書館で借りた料理本も見て、気に入った料理をせっせと書き写している。よく遊ぶお友達と2人で、黙々とレシピノートを作っている。

私の手書きレシピノートは、料理研究家の本やCookpadで見かけたレシピを書き写したもので、書き始めたのは結婚して少し経ってから。数冊あるレシピ本をいちいち開くのが面倒くさかったのと(^^;、我が家のお気に入りの料理、お気に入りのレシピはまとめておいた方がいいかな、と思ったのとで。

そういえば私の母もレシピノートを持っている。そのノートは、私がお年玉で買ってプレゼントしたものだったような。レシピは何でも頭の中に入っているような母だったけど、お正月にしか作らないような料理とかはそのノートにレシピを書き残していたな。。。

醤油のシミや油にまみれたノートが、おふくろの味、家庭の味なのかな。



夏休みは、娘のノートの料理を一緒に作ってみようかな(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-13 22:47 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

夏?

きゅ、きゅーに夏が。。。

今年の東京は梅雨前半はさっぱり雨が降らなくて、先週くらいからやっと降ってきた感じ。気温は上がらず、蒸し暑いいつもの梅雨と違ってひんやり。
それが、昨日の午後くらいから晴れて、夏っぽい日差しが来た。夏だ、この感じ。

ちょっと日向に出ては「あちー」と言ってる大人を尻目に、子供達は公園でキャッキャとボール遊び。つき合う大人もしんどい(^^;
帰ってきて、おやつはアイスキャンディー。汗で湿疹が出やすい私と娘はシャワー。
朝に洗濯したタオルケットはカラリと乾いた。

もうすぐ夏休みも来るね。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-11 15:53 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

なでしこ

4年前のワールドカップで、なでしこジャパンが世界一になって日本中が沸いた。そして、彼女たちの多くが昼間働いて夜練習していることを知って驚いた。
それから4年経ってもまだ同じように、サッカーに専念できず、昼働いて夜練習している選手がいることに、またまた驚かされた。

日本のサッカー協会って何やってるの?
世界一になった女子選手達の待遇がそれってどうなの?

世界一になって俄然注目を浴びたなでしこジャパンの選手たちの何人かは、海外のクラブチームに移籍して活躍している。その活躍ぶりはマスメディアでは紹介されない。男子選手が海外チームでゴールを決めればスポーツニュースで取り上げられるけれど、女子選手は全然取り上げられない。
アメリカなどの代表選手たちは、練習に専念できる環境が整っているそうだ。

なんでかな。 世界一を獲った選手達なのにな。 体格的に白人にも黒人にも劣る日本人が勝ったのにな。
女子リーグはどうしてこんなにも冷遇されるのかな。 女だからかな。 女である限り、日本では永久に冷遇されるのかな。。。


前回のワールドカップで日本に敗れたアメリカは、日本のプレーを徹底的に研究して、パワーで押し切るだけじゃない様々なプレーを練習したらしい。恵まれた体型、恵まれた練習環境、そしてなでしこのプレーを研究したアメリカ。そりゃ日本はかなわないわ。。。

日本にはプロがほとんどいない
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-07 22:23 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

七夕

七夕です。
七夕って何するんでしょうね?

特別な料理があるわけでもなく、特別なお祭りがあるわけでもなく。
短冊を書いて笹飾りにかけたけれど、それだけ。。。か?

函館で育った私には、東京の七夕は物足りない。ご近所を回ってお菓子をもらう、あの函館の七夕の「ろうそくもらい」は、子供にとっては一大イベントで、楽しくて仕方がなかった。

子供にお菓子を渡す大人達も、賑やかな子供の歌声を楽しみにしていたりして。
七夕が近づくと、スーパーには飴やクッキー、うまい棒など小分けの袋菓子が山積みになって売られる。そういうお菓子と笹飾りを用意して、子供達が来るのを待つ。

ご近所の家はもちろん、お店屋さんでもお菓子を用意してくれるので、コンビニなんかにも子供達はどんどん足を運び、大きな声で七夕のろうそくもらいの歌を歌う。夕方から暗くなるまで、たくさんの家々を回って袋いっぱいのお菓子をもらう。

こういうローカルなイベントは、ずっと続いて欲しいなぁ。
そして、他の街にはあまり広まってほしくないような気もする(^^; 私の街だけのお祭り、として残ってほしいなぁ。。。


娘が一度だけ体験した函館の七夕の様子はこちら
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-07 18:23 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)