<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

漢字の国の子供達

小学生の娘、宿題に漢字の練習プリントがある。
日本の小学生は、小学校の6年間に、約1000字の漢字を習う。その前にひらがなとカタカナも習う。合わせて約1100字だ。

アメリカでは、アルファベットは26字。大文字と小文字を合わせて52字。
もちろん書く練習はするけれど、「キレイに」書くことにはこだわらない。だからだろう、アメリカ人の手書き文字は雑で読みづらい。読めればOKというレベル。筆記体なんて普段は使わない。

学校で大文字小文字のブロック体を習い、早く書くときにはこれだから、と筆記体を一生懸命練習させられた日本人から見ると、アメリカ人の手書き文字の汚さは唖然とするほどだ。

あのアメリカ人の「読めればOK」な字を見てから我が子の漢字プリントを見ると、ちょっと考えてしまう。
毎日毎日、膨大な時間をかけて、6年間で1100字もの文字をキレイに書ける練習をする必要があるのだろうか? その時間をもっと別なことに使った方が有意義なんじゃないだろうか?

字が綺麗なことは素敵だけれど、綺麗に書くことにそんなに時間をかける必要はないんじゃないか?と思う。手書きがどんどん減ってるわけだし、読めれば充分なんじゃないだろうか。
その時間、もっと別のクリエイティブなことに使ってほしい。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-30 22:23 | こども | Trackback | Comments(0)  

世界の国旗

子供達、世界の国旗を覚えるのがブーム。
息子は幼稚園でフラッシュカードを見て覚えてくるし、娘は小学校の教室にある国旗カードを見て覚えてくるし。
ネットで国旗カードを見つけたので、印刷してみたら、子供達は夢中で覚える。
世界の国旗カード
作ったカード150枚、息子は全マスター。娘もほぼマスター。私も遊びに付き合ってるうちに100枚くらいは覚えてしまった。

そしたら。
私が作った国旗カード、息子が幼稚園で見たカード、家に貼ってある世界地図に書いてある国旗に、いくつか違いがあるのに息子が気付いた。
「これ、幼稚園で見たのと違う」
とか息子に言われて、ネットで調べてみたら。
国旗って時々変わることがあるのね。。。

クーデターが起きて政権交代した時とか、国旗を変えることがあるそうで。
息子は、リビアとマラウイが違ってると。

リビアは、たしかに私は緑一色だったと記憶してるけど、2011年に違う国旗になっていた。
リビアの国旗

マラウィも、2012年に現在の国旗になったそうだ。
マラウィの国旗


昔テレビで駅名とか円周率とか暗記する「天才少年」みたいのを取り上げたりしてたけど、子供って結構誰でもできちゃうものなのかもね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-30 16:42 | こども | Trackback | Comments(2)  

所沢の保育園問題

所沢の保育園問題

これダメだろ、育児支援じゃないじゃん、と瞬時に思ったけど、落ち着いて考えてみた。いろんな意見、ざっくりまとめ。

◆出産した側から見て
1)1,2歳の上の子と生まれたての0歳児、2人の世話をするのは大変。
2)上の子が毎日通い慣れた保育園に通えなくなるという環境の変化が子供に影響を及ぼさないかと不安。
3)上の子が退園させられると、職場復帰の際に子ども2人を保育園に無事入れられるか不安。

◆待機児童を持つ側から見て
4)子供を預ける先がなく、復職できないで困っているのに、育休中家庭が仕事じゃなく「赤ちゃんがいるから」という理由で子供を預けている人がいるのはずるい。

◆その他の育児経験者から見て
5)親が子供の面倒見るのは当然、保育園に甘えないで自分で面倒見なさい。


1)は、専業主婦なら誰でもやってることなので、ワーキングマザーだけが不満を言うのは妥当ではない。
でも、専業主婦だってしんどいのだ。専業主婦が「2人育児楽しいわよ~あなたも楽しんで❤」と言ってるわけじゃなく、「私(専業主婦)がしんどくても我慢してるんだからあんた(育休中ワーキングマザー)も我慢しなさい」なのだ。
だったら有職無職に関係なく、上の子を日中預けられるチャイルドケアがあればいいんじゃないか?
乳児を連れて上の子の公園遊びに付き合うのって結構大変だもの、上の子を遊ばせてくれる場所があればすごく助かるんじゃないかと思う。午前中だけでも公園や広間で体使って思いっきり遊ばせてくれれば、午後はお昼寝して静かに家で過ごしてくれそう。

2)は、家で過ごすんだもの、悪影響があるとは思わない。
が、1)とも繋がるけど、母親が赤ん坊の世話にかかりっきりだと、上の子は思いっきり遊び相手してもらえるとは限らないから、その点は上の子にちょっとストレスかも。

3)は、すごく重要。
自分の子が退園させられて待機児童である別の子が入園したら、自分の子が入れる枠が埋まっちゃうわけで、「復職時に優先的に入園させる」とか方針に書いてあるらしいけど、そもそも足りない枠の中でどう優先させるの?と疑問。単なる待機児童の入れ替え。計画性ナシ、問題先送りの方針でしかない。
保育園増設の計画などがあるのだろうか?

4)ごもっとも。
保育園増設の計画はないのか?

5)ごもっとも。
でも、育児経験者たちはそれで「良かった」と思ってるのだろうか? 上の子を預けられる先があったら楽だな、と思わなかっただろうか? もししんどかったのなら、たまにでも預けられる先があれば便利だな、と思ったのなら、保育園や有職無職を問わないチャイルドケアの整備が妥当な育児支援じゃないかと思う。



結局、預け先が確保されるか、子育て世代が市外に引っ越して子供が減るか、しか解決策がないね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-26 08:37 | Trackback | Comments(0)  

焼肉ロインズ

いいことあったら御馳走でしょ♪ってことで、先日は焼肉!

東大和のロインズ
こだわりの黒毛和牛のお肉だそうで、これがものすごく美味しくて。初めは絶対タレじゃなく塩で食べるべき(^^) 色々とお肉の部位の説明をしてくれたけど忘れちゃった(^^; でもうーんと柔らかくて脂ののった肉もあれば、噛みごたえのあるタンカルビもあり、とにかく肉の味を思いっきり味わえた。

店員さんの対応も素晴らしくて。子供用にクッパを頼んだんだけど、それが実は見るからに辛そうな赤いスープで、しまったこれじゃ子供達食べれない!と焦ってたら、こちらが言う前に店員さんが「お取替えしましょうか?」と声を掛けてくれて、辛くない別のクッパにしてくれた。こういう気遣いってそこらのファミレスじゃ絶対にないだろう、ありがたいこと。

お店もデートにOKなくらいステキな店構えで、とっても満足。
夏には屋上ビアガーデンがオープンし、近くの遊園地で上がる花火を眺めたりもできるらしい。うーん、また来なくちゃ、だ(^^)

b0164353_2342437.jpg

[PR]

by studio-yaya | 2015-06-24 23:42 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

学習机がやってきた

娘の学習机とベッドが届いた。小学3年生になって、やっとの学習机(^^;
普通なら小学校に上がる時に揃えるものだろうけど、必要になってからでいいんじゃないの?ってことで我が家では学習机は買わず、リビングの片隅に小さなテーブルを用意しただけだった。それでも自分の場所ができたことに喜んだ娘、文房具やノートを並べて楽しくやっていた。自分のテーブルがあっても、宿題なんかはリビングの大テーブルでやっていたりしたので、学習机はまだ買わなくて正解だったかな、と思って見ていた。
でも徐々におもちゃみたいな消しゴムだのスタンプだの、小さなオブジェだの、図工の時間に作った作品だの、持ち物が増えてきて収まり切らなくなってきたし、お友達が一軒家だろうと団地住まいだろうとみんな学習机を持っていることに気付いてしまって「自分の学習机が欲しい!」と言うようになったし、で、いよいよ買うことに。

買う前に、「机を買ったらそこは自分で整理整頓しなくちゃいけない。できるか? まずは今のテーブルを1か月間、きちんと片づけてみなさい」と夫から娘への指令。
娘、頑張った。毎日寝る前に見回して、おもちゃもペンも片付けた。
そして1ヶ月、やっと念願の学習机を買ってもらえることになった。ちなみにその後はテーブルの上は元通りの散らかり放題だったけど(^^;、そこはまぁ突っ込まずに。

ロフトベッドの下に学習机と棚。そこが娘のスペース。自分だけの隠れ家みたいで、ゴキゲンでペン立てを並べたり、お手紙を書いたり、ベッドでマンガを読んだりしてる。


娘の居場所が定まったところで、今度は私の居場所をどうするか試行錯誤中(^^; ミシンや裁縫道具を置いていた部屋に娘のベッドを置いたので、娘が寝た後にそこでミシンを使って物音立てるわけにいかないなぁ、と。そこでミシンをリビングに持ってきたけど、裁縫に使う布類を入れた箱もアイロンもアイロン台も全部リビングに置いてしまうと見苦しいし。。。どうしよ(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-22 22:25 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

チアの大会

チアリーディングの大会を見に行ってきた。
チアリーディングを習っている娘の参考?刺激?になればと思って。

関東選手権、会場は大きな大きな代々木第一体育館。3日間に渡り、小学生も含むクラブチーム、高校や大学のチーム、社会人チームまでが出場。

いやぁ、初めて見る世界はおもしろい。。。

会場の客席には揃いのTシャツを着た応援の女の子たちがいっぱい。出場するチームの二軍?ジュニアチーム?みたいな感じ。競技を行なうステージの正面側は私達チケットを買った観客、後ろ側はチーム関係者や補欠メンバーなのか、ポンポンを持って揃いのユニフォームを着た子ばかり。
いよいよ開会式、となると音楽が流れ始めるんだけど、これが大会のテーマ曲か何からしく、ポンポンを持った子たちは掛け声をかけたりポンポンを振ったり、早くもチアの雰囲気むんむん。
開会式で大会役員が入場するときも、やっぱり音楽付きで、客席からは手拍子。役員や審判が紹介されると「○○先生~」なんて声援があがる。

競技は、我が家の娘のいる小学生チームとは違い、高校生も大学生も社会人も迫力あってすごかった。側転、バク転は当然、バク宙もあり。音楽に合わせて踊ったり、声援を送ったり、3段タワーを作ったり。
面白いのは、バランスを崩してタワーが崩れてしまったときなど、会場のあちこちから「ファイト―」とか声が上がること。そして、チアの時(声援を送る時)にはちゃんとチームのコールに合わせて会場からもレスポンスがあること。自分のチームを応援するだけでなく、皆が皆を応援している感じ。「チア」=歓声、励ますこと。敵味方なく応援してる様子がなんだかチア独特だな~と思った。

側転やバク転を繰り返す姿はめっちゃ体育会系、体操競技。ポンポン持ってヒラヒラ踊るイメージじゃない。
我が家の娘も、腹筋や逆立ちをしたり、側転を練習したりしている。スタンツという、タワーを作ったりするような動きも出てきたので、ダンスを踊るだけじゃなく筋力が必要な動きも増えてきた。

大きな会場で演技を披露する選手たちを見て、娘も少しは刺激を受けた。。。かな?
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-15 22:45 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ゴスペルコンサートのDVD

3月に開催したゴスペルのコンサートをまとめたDVDが届いた。
固定カメラで撮った動画じゃなくて、複数台のカメラの映像を編集してまとめてくれてるもの。メンバーの旦那様が映像関係のお仕事をしていて、夜な夜な編集作業をやってくれたそうで。ステージ全体や客席の様子、ソロで歌う人の表情まで色々あって素晴らしい(^^) 自分の歌ってる姿を見るのはこっぱずかしい気持ちもあるけど(^^;、頑張ってみんなで作り上げたコンサートの記録をこうして残してもらえたのは嬉しい。

オープニングでは我が家の子供達も一緒にステージに上がって歌った。緊張してもじもじしてるし、小さな口で小さな声で歌ってるだけだけど、そんな様子もDVDに収められているのが嬉しい。
何人かの子は、他の曲もママと一緒にステージで歌っていて、ママと手をつなぎながら歌っていたりして、何だかとっても素敵で。大人に混じって真剣な顔で歌ってる姿も素敵で。
我が家の娘も、
「〇〇ちゃん一緒に歌ってるね」
と、歌ってる子達が気になる様子。
単独コンサートは2年後くらいかな? 一緒に歌えるかも。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-12 23:17 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

サッカー始めました

息子がサッカー教室に入った。
幼稚園の放課後、スポーツクラブの先生が幼稚園の園庭に来て指導してくれるサッカー教室。
我が家は特にサッカー好きというわけではなくて、ワールドカップの時にテレビで見るくらいでしかないので、どうして息子がやりたがるのか不思議なんだけど、ユニフォーム着てボールを蹴ってる姿に憧れたのかも。。。

スイミングか体操か何か、体を動かす習い事をさせたいと思っていたので、やる気になった息子を早速無料体験に行かせて、そのまま入会決定。

教室の様子を見てみたら、準備運動からもう張り切ってニコニコ。そして一生懸命走ったりボールを追いかけたりしていた。一番背の小さい息子だけど、全身で頑張って、楽しんでる。いい光景。
ユニフォームも買ったしね、頑張って続けようね。

そして私は、普段は2時前にお迎えに行かなくちゃいけないんだけど、サッカーのある日は3時過ぎでいいので、ちょっとラク(^^) サッカーの日はちょうど私のゴスペル教室のレッスンと重なるので、レッスン後にお友達とランチする時間ができた(^^)v
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-03 23:05 | こども | Trackback | Comments(0)