<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

お花見

木曜日、息子の幼稚園のお友達と公園へ。桜はまだ咲いてなかった。
日曜日、ゴスペルチームの皆様とお花見。1本だけちょうど満開になった桜の下で飲んで食べて。
月曜日、近所の公園。時間がないのでランチだけね、と近所のパン屋でパン買っていって、青空と桜を眺めながら食べた。

平和だな。。。

東京は春休みのこの時期に桜が咲くのね。入学式は桜の木の下を歩くのね。
北海道人の私、桜が咲くのはゴールデンウィークの後だったので、入学式=桜、というイメージが全く持てなかった。梅も桃も桜も、雪が消えて暖かくなったら一斉に咲く。それが北海道。
東京に来たら、学校には必ずと言っていいほど桜の木が植えられていて、入学式シーズンに満開になっていて、あ~北海道とは違うんだな~と思った。桜よりずっと早い時期に梅が咲くことも、東京に来てから知った。


今しか見られない、と関東一円の人が思うから、東京の花見スポットはものすごい混雑になる。特に週末。子連れじゃキツいな~とうんざりして、平日に出掛けるか、近所の桜の木がある公園でプチお花見。それが我が家の定番になりつつある。

b0164353_2319416.jpg

[PR]

by studio-yaya | 2015-03-30 23:17 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

チーム・ラボ展

平日なのに何故か夫の会社がお休みで、これはチャンス♪ってことで、お台場、科学未来館の「チーム・ラボ展」を見に行ってきた。
これ、すごく人気のようで、土日祝日には整理券が配布される、と科学未来館のHPに。
無理ムリ、土日祝日は無理だー。。。ってことで、春休みだけど平日なこの日なら何とかなるだろう!と。

テレビでも時々取り上げられるクリエイティブ集団、チーム・ラボ。デジタルアートを様々な形で見せてくれたり、触れて楽しむ仕掛けを用意してくれたりする、面白い活動をしている。

朝9時出発。新宿~お台場は新しく開通した首都高C2山手トンネルのおかげでスイスイだったけど、新宿までが渋滞(-_-; なんだかんだで2時間かかってやっと科学未来館到着。入り口には長蛇の列!チケット買うのに20分待ち。。。前売り券買っておくんだった。。。
早めにランチを済ませ、いざチーム・ラボ展へ。

面白い、おもしろい(^^) 動画だったり、人が触ると反応したりする絵だったり、楽しめる作品がいっぱい。自分で色をつけたぬり絵を取り込んでデジタル水槽に表示してくれたりとか。
少し前にテレビで見た、ふなっしーのぬり絵を取り込むものもあって、子供と一緒にぬり絵して、絵を表示してもらって、触って「梨汁ブシャー!」させて、ケラケラ笑った。

b0164353_2341528.jpg


アートを楽しもう。アートを触って動かして、入り込んで、楽しもう。そんな展覧会。
子供達が行列待ちしてでもやりたい!という展示がいっぱい。そして体験して、のめり込んで、笑い、楽しむ。大人だって楽しめる。

館内の常設展示も充実していて、国際宇宙ステーションや「しんかい6500」の実物大展示、球体スクリーンなどなど、全部は見きれなかった。また見に行かなくちゃ。




でもね。帰ってきてからちょっと思った。
触って絵を動かして楽しんだりするのって、タブレットやスマホのアプリでもできるんだよね。
子供にゲームを与えちゃいけない、遊ぶ時間は短くしなくちゃいけない。
そう言いながら、チーム・ラボ展には行列してまで行って、触って楽しむデジタル作品を「ゲーム」ではなく「アート」と呼んで楽しんでるわけで。

私はチーム・ラボに何を期待してるんだろう?

たぶん。触って楽しむだけでなく、一緒に参加して作り上げる楽しみを。
たくさんの子供達が楽しむ姿は外から見れば「みんなで楽しんでる」けれど、参加している子供達にとっては協力する楽しみが感じられているかどうかは分からない。バラバラに楽しんでるだけなのかもしれない。
一緒に、皆で、をもっと感じられると、きっともっともっと面白くなる。
協力することで面白いものを生み出す、だから個人名じゃなく「チーム・ラボ」なのだから。


なんだかまとまりなくパラパラと書いちゃったけど、とにかく色々と楽しんで考えて、行って良かった♪
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-27 23:46 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

ばんそーこー

冬の乾燥する季節、私の手はカサカサ、パックリ割れができることもしばしば。
今日も、ふと気づいたら右手人差し指にパックリ割れ、血が出た跡が。

「おかあさん、ここ血出てるよ」
と息子。そだねー、と言いつつ、いつものことだし仕方がない、とほっといてたら。
息子、リビングに行って絆創膏を持って来て、私の指に巻いてくれた。

ありがとう。

4歳の息子にこんなことしてもらって、びっくり。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-16 22:37 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

インフルその後

インフルエンザ。私も息子も熱が下がり、体調もだいぶ戻った。私は38℃台、息子は39℃台まで熱が上がったのに食欲がほぼ落ちなかったのはさすが私、さすが私の息子だ(^^)

寒気で震えてた初日には出張中だった夫も、翌日には帰ってきたので、あれこれやってもらおー♪と思ってたら、出張帰りの夫もやはり疲れているので夕飯&ビールであっさり爆睡。。。

週末、やっと洗濯だの掃除だの、家の中の諸々が片付いた。ウィルスをまき散らさないよう、念のため私も外出を控えているので、外の用事は全部夫に任せ。パワー持て余してる娘の遊び相手も夫にお願い。私は家で息子と積み木遊びなど、静かに過ごした。
ちなみに夫&娘は昭和記念公園で遊んだり、スケート場に行ったり。父娘デートを結構楽しんできた様子。。。


息子は、修了式だけ行ける予定。その前にあるお別れ会とか学年末の楽しそうな行事は欠席しなくちゃいけなくて可哀相だけど、「発症した後5日を経過して」いないと登園できないというルールなので、仕方がないね。。。
すっかり元気になった息子と二人、あと2日も家にこもってなくちゃいけない。何しようかな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-15 22:52 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

インフル。。。

3月に入ってもインフルの流行、収まらず。1~2月はインフルA型が大流行だったけど、3月の今はB型が流行中。
娘のクラスでもいつも2~3人はインフルでお休み、隣のクラスでは6人休んだ日も。1年生は3日間の学年閉鎖。
そして我が家にもやってきました、インフルB型。。。

水曜夜から息子がちょっと元気なくて。
木曜朝、私も息子も発熱。これはヤバいかも。。。という日に限って夫は出張に出発(-_-; 二人で病院行ったらインフルエンザとの判定。お薬いただいて帰宅。
久しぶりに38℃を超える熱で、寒気はするわ体中痛いわ、何もできずただただ布団にくるまってゴロゴロ。

午後、娘が学校から帰宅。インフルだったよ、と告げると。。。半泣きの顔で、それでも気丈に「それじゃシチュー作ってあげる」と。なんていい娘なんでしょう(;_;)
朝食、昼食の皿を洗い、シチューを作る娘。ありがとうね。。。

金曜、私の熱は下がって体の痛みもなくなり、復活。息子はまだ熱があるけど、機嫌は良く食欲もあるので、あと1日あれば回復しそうな感じ。
今夜は夫も戻ってくるので、何とかなるかな。

それにしても、頑丈が売り(?)の私がダウンすると、色々と支障が出るなぁ。よりによって夫がいない日だしね。いても深夜帰宅じゃどうにもならないんだけどね。。。いやいや、まいりました。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-13 10:15 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

4年

311から4年。
4年も経っても、プレハブの仮設住宅に住み続ける人。帰還へのわずかな期待を捨てられず、避難先でも仮住まいの気持ちのまま落ち着かない気持ちの人。新しい生活に踏み出した人。いろんな4年がある。

テレビでは、福島県富岡町の取材映像がいくつかあった。壊れたままの駅舎、住宅、大量の放射性廃棄物の黒い袋。復興も何もあったもんじゃない、現実の光景。

被災者支援、本気でお願いします。


あぁ、避難リュックの確認を忘れてた。明日は保存食とか確認しなくちゃ。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-11 21:56 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

「いじめっこいじめられっこ」 谷川俊太郎と子どもたち 著

いじめが身近にある子供達の詩をまとめたもの。いじめている人、いじめられている人、近くにあるいじめに気付いてる人。それぞれの苦しい胸の内が言葉に現れている。
そこにいるからこその言葉たち。

悲しい事件が多いけれど、どうか子供達が苦しまずに、笑顔で過ごしてほしいと思う。
努力するべき。頑張るべき。でも、ダメだと思ったら逃げて。逃げて逃げて、あなたの居場所を見つけて。狭い世界の中で苦しまないで。

いじめっこいじめられっこ〈1〉 (小さな学問の書)

谷川 俊太郎 / 童話屋


[PR]

by studio-yaya | 2015-03-09 15:37 | | Trackback | Comments(0)  

息子、4歳

娘が8歳になった1週間後、息子は4歳の誕生日を迎えました。
誕生日-バレンタインデー-誕生日と続く我が家、全部まとめちゃいたい気持ちもあるけど、子供にとっては誕生日は自分が主役になれる特別な日、やっぱりそれぞれにお祝いしてあげたい。

そんなわけで、息子用のバースデーケーキを受け取りに。普段なら自転車でサッと行けるお店だけど、雨の中子ども二人と傘を差して歩いたら。。。往復1時間近くかかってしまった(-_-;
息子の好きな「妖怪ウォッチ」のコマさんの絵のプレートをのせてもらったケーキ。大事に大事に持って帰ってきた。

早生まれの息子は、幼稚園のクラスでも小柄な方。でも元気で毎日ニコニコ、ケラケラ笑って過ごしてるし、特に遅れてるようなところもなさそうなので、良し♪
まだ夜はオムツだけど、昼間は自分でトイレに行けるようになった。(大)の始末をしなくて済むようになって、親としては気分的にすごーくラク。

お手伝いがブームで、「やってあげる!」と張り切ってお手伝いをしてくれる。あと何年かすると、手伝いを頼んでも「え~?やだ~」とか言うであろうことは上の子を見ていると分かるんだけど(^^;、ま、今だけでもいっぱい手伝ってもらいましょう。

気に入らないことがあると泣いたり、ちょっと注意されただけで泣いたり、涙で解決しようとしてないか?と思うことが最近は多い。泣けば大きな子は譲ってくれる、それを分かってやってるのかな?と気になるところではあるけど。。。この辺の駆け引きは、徐々に加減が分かってくるんだろうなぁ。泣いても通らないことがある、ってそのうち気付くだろう。
きっと周囲は「泣く子にはかなわないな~」と譲ってくれるだろうと思うので、私はあえて「泣いたってダメなもんなダメ」を教えようと思います。

見たもの、聞いたことをよく覚えている。通ったことのある道はかなりよく覚えていて「○○に行くときに通った道だね」などと言うことがあり、結構ビックリ。娘も息子も、方向感覚がしっかりしていて迷子にならないんじゃないか?と思う。

ひらがな、カタカナは大体読めるようになったみたい。よく見る漢字も覚えたかな。絵本を自分で声に出して読むこともあり、成長したな~と思う。私がゴスペルを聞いたり歌ったりしているので、耳コピで息子も覚える。英語と日本語の垣根なく、聞いたまま覚えて歌って楽しむというのは子供ならではの才能かも。
上の子と二人、ハマってるのは「クレヨンしんちゃん」、ラッスンゴレライ、日本エレキテル連合。アホだな~と思いつつも、真似してる姿は面白いのでつい動画撮ったり。自分の子ども時代もドリフやひょうきん族、アニメを色々見て笑ってた気がするので、まぁ普通の子はこんなもんだよね、ということで。

まだまだ甘ったれで可愛い4歳児です。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-05 22:53 | こども | Trackback | Comments(0)