<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

上の子、下の子

一人目の子。
初めての育児で戸惑うことも色々あったけど、何か一つできるようになるたび嬉しくて、すごいすごい成長してる!と感じた。そして、あれもこれもできるようになって欲しい、と思った。他の子が我が子より先に何かできるようになると、感心すると同時に我が子も早く追いつかなくちゃ、と少し焦ってみたりもした。

二人目の子。
上の子や周りの子を眺めてるうち、成長の速い遅いはあんまり気にすることはない、と感じた。大抵の子はそのうち同じように歩けるようになるし、走るし、食べるし、しゃべるし。。。だから、焦ることないんだなぁと思った。
むしろ、言葉をはっきり言えるようになるたび「あぁあの舌足らずな赤ちゃん言葉がもう聞けない」と思い、歩くのが上手になるたび「あぁあのヨタヨタ危なっかしい可愛い歩き方がもう見られない」と思い、成長の喜びと同時に寂しさも感じるようになった。そんなに急いで大きくならなくてもいいんだよ、今だけの赤ちゃんらしさをもう少し見せてくれてもいいんだよ、と。。。

そんな感じで、上の子には年齢以上に「早く大きくなって欲しい」、下の子には年齢以上に「小さいままでもいい」と思ってる気がする私。いかんいかん(^^;

上に厳しすぎないように、下に甘すぎないように。時々自分に言い聞かせている。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-28 22:00 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

保険屋さん

先日、約2年ぶりに保険の担当の方とお話しした。
担当の方によると、自分がどんな保険に入っていて、カバーされるのはどんなことで。。。というのを大半の人は覚えていないそうだ。病院のお世話になる時か、家族構成が変わったりして見直すタイミングにでもならないと、詳しい内容は思い出さない。
最近はショッピングモールなんかに保険の相談窓口があったり、比較サイトがあったりするんでまめにチェックしてる人も増えてるかもしれないけどね。不景気で高い保険料を見直す人も増えてるだろうし。

我が家も、結婚後すぐに入ったものはもう10年経過。幸いにも病気や怪我でお世話になったことは無いので、今回のように担当の方と時々お話しして、内容を確認しつつ継続している。
今回も、現状維持。子どもの年齢を考えてお金が必要になりそうなのは何年後か、払い済みにした場合どのくらい戻ってくるか、そのへんを説明してもらった。

高い利率を目当てに、保険と言うより貯蓄的な意味で入ったものもあり、今はこんな高利率のものはないんですよ、と言われてニンマリ(^^; 入ってみるもんだな。。。

これから子供が大きくなるにつれて、教育にかかるお金が増えていくだろうから、しっかり管理しなくちゃね。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-27 22:00 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

その後

事態は刻々と動いてるなぁ。。。
先日書いたNHK堀アナウンサーの話。結局NHKを退職するそうだ。

(あくまで噂ベースの推測)
報道系から外れたお料理番組の担当にしようというのが局側の意向だったみたいだけど、堀氏の今後の動向に期待する声が大きく、またご本人も今まで通り発言していく意志は固かったようで、局やその他様々な方向からの圧力があったらしい。それに抵抗するのは局に所属する個人としては難しいと判断、退職して独立した立場で情報発信をしていくらしい。

詳細は、そのうちご本人の言葉で語られることでしょう。
Good luck.
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-26 10:27 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

卒園式

娘の保育園の卒園式があった。
主役となる卒園児は、娘を含めて5人。

少人数で始まったこの保育園も、今は50人を超える大所帯になった。
娘はこの5人のクラスでいろんなことを経験して成長した。2歳の誕生日の頃から通い始め、初めのうちはぐずって泣いたりすることもあったけど、慣れてからは保育園はすっかり楽しい遊び場となったようだ。同い年の子と遊び、時にはケンカもして、年下の子が増えてからはお姉さんらしくお世話してみたりもして。


一人ひとり証書を受け取り、父母に一言。そんなことされてウルッと来ないわけがありません。。。
入園した頃からの子どもたちの様子がスライドショーで流れた。そんなことされてウルッと来ないわけがありません。。。

いい環境で過ごさせてもらえて、こうして素敵な式で送り出していただいて、娘は幸せ者。感謝、感謝です。
b0164353_103947100.jpg

[PR]

by studio-yaya | 2013-03-25 10:31 | こども | Trackback | Comments(0)  

なんか収束したみたいだけどそれで納得していいのかな

福島の停電の件は一応収束したことになってるようで。
原因はネズミが配電盤に侵入したせいだそうで。

本当にネズミが原因だったとして、ネズミ1匹で停電するシステムってどうなのよ?って話よね。

そして、万が一冷却系が復旧しない場合は外から給水するようなことを言ってたけど、ちょっと前(停電が起こる前)に「消防ポンプでの給水は半分以上は届いていなかった」というがあったばかり。今はちゃんと給水できるようになってるのかな。届いてなかったというのは水素爆発前の話で、今は状況が違うだろうけどどうなのかな。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-22 10:53 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

福島関連メモ

★福島原発関連、3月19日東電プレスリリース転載。
-----
3月18日午後6時57分頃、福島第一原子力発電所免震重要棟において、電源が瞬時停止する事象が発生いたしました。

 その後、状況を確認したところ、以下の設備が停止しております。
 ・共用プール冷却浄化系
 ・窒素供給装置(窒素ガス分離装置B)※
※電源の健全性が確認できたことから、3月19日午前3時に起動、同日午前3時10分に窒素供給を開始。なお、本設備の停止中は他の窒素供給装置(窒素ガス分離装置A)も稼働していたため、窒素封入は継続しております。

 また、以下の設備については、異常のないことを確認しております。
 ・1~3号機 窒素ガス封入装置
 ・窒素供給装置(窒素ガス分離装置A)

 停止している使用済燃料プールや共用プールの温度上昇にはある程度時間がかかるため、当社が定めた管理目標値(65℃)に達するまでの時間は以下の通りです。

      温度上昇率     プール水温度    65℃到達までの時間
1号機   0.076℃/h(3/18) 16.0℃(3/18 16:00)  約645時間(26.86日)
3号機   0.146℃/h(3/18) 13.7℃(3/18 16:00)  約351時間(14.6日)
4号機   0.368℃/h(3/18) 25.0℃(3/18 16:00)  約108.7時間(4.52日)
共用プール 0.226℃/h(3/18) 25.2℃(3/18 16:00)  約176時間(7.34日)
-----


★ちなみに3月18日プレスリリース転載。
-----
本日(3月18日)午後6時57分頃、福島第一原子力発電所免震重要棟において、電源が瞬時停止する事象が発生いたしました。



 状況を確認したところ、福島第一原子力発電所内の一部の電源設備が停止しており、以下の設備が停止しております。
 (午後9時38分現在の確認状況)

  ・水処理装置 セシウム吸着装置(キュリオン)
  ・1号機 使用済燃料プール代替冷却設備※(二次系)
  ・3号機 使用済燃料プール代替冷却設備(一・二次系)
  ・4号機 使用済燃料プール代替冷却設備(一・二次系)



  ◆使用済燃料プールの温度上昇にはある程度時間がかかるため、ただちに 当社が定めた管理目標値(65℃)に達するものではありません。



  ※1号機使用済燃料プール代替冷却設備の一次系については、同系統のポンプ保護のため午後9時10分、手動にて停止。



 なお、福島第一原子力発電所の以下の設備については、異常のないことを確認しております。
  ・1~3号機 原子炉注水設備
  ・モニタリングポスト
  ・1~3号機 原子炉格納容器ガス管理システム監視中
  ・2号機 使用済燃料プール代替冷却設備



 その他の設備への影響については、引き続き確認を行っています。
-----



ええと。。。詳しい人説明してください(^^;
・18日時点で停電している設備と19日時点での停電設備が違うけど、これは18日発表分も19日発表分も停電が続いてるってことよね?
・窒素供給装置どうのこうのってことは、ずっと窒素を送り込んでるということ。それは水素爆発回避のためのはずで。。。いまだにその危険があるってこと?
・窒素を入れ続けてるといずれ容器がいっぱいになるはずだけど、なったって話は聞かないよね。注入した分どこかから漏れてるってことで正しいでしょうか?


疑問だらけですが。。。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-19 10:20 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

停電?

福島原発停電のNHK記事

7時前に停電、テレビの報道は10時半ごろ。

そのタイムラグがまずムカつくが。

NHKの記事。
-----
1号機と3号機、4号機の使用済み燃料プールでは、水温が18日午後4時現在で13.7度から25度となっていて、温度の上昇は1時間当たり0.1度から0.3度程度で、東京電力の社内の規定で定めている65度を超えるまでに4日程度と見込まれています。
-----
どういう計算だ?

1,3,4号機のどれかが25度だとして。温度上昇が0.3度だとすると。
既定の65度に達するまでは
(65 - 25) / 0.3 = 133時間 = 5.5日

13.7度だとして。温度上昇が0.1度だとすると。
(65 - 25) / 0.1 = 4000時間 = 16.6日

ここから得られる情報だけだと、最短で5.5日、最長で16.6日ということになるけど、東電の見込みは4日程度、と。


どういう根拠で4日程度と見込んでるのかな? もうちょっとちゃんとした情報出してくれないかな? 今現在原因の分からない停電、4日で解決するんかな? 最後の砦である免震重要棟まで停電したって結構まずいんじゃないのかな?


---
※初めに出した計算間違えてたんで直しました。166日じゃなくて16.6日ですね。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-18 23:44 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

この冬は寒いな~、いつになったら暖かくなるんだろうな~、とつい先日まで言ってたような気がするけど。
あっという間にポカポカになった。さすがに3月、暖かくなるもんなんだな。遅れてるように見えていた梅の開花も、ぐっと進んだ。。。と思ったら桜も開花宣言ですって、東京。

春だな。卒園式だな。入学式だな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-16 17:15 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

腰痛な夫

夫、突然腰痛に。
月曜、朝起きたら腰が痛いと言う。いきつけの整骨院に寄ってから出社。
つらいのに出社したのがまずかったのか、翌日は立つも座るも痛くて、会社を2日お休み。

何なんだろうね? ぎっくり腰? 疲労の蓄積? ・・・年のせい?

当然歩くのもしんどいし、自転車に乗れないし、車の運転も無理だろう。整骨院とか私が車で送迎。子どもを抱っこすることもできず、しゃがむときもソロリソロリ、と。まいったね(-_-;

今は私に時間があるから何とかなるけど、これ2人フルタイムで働いてたらどうなってたんだろ?
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-15 11:08 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

とあるアナウンサーの闘い

NHKの堀潤アナウンサー。Twitterを使い、震災直後から正確な情報を発信するべく努めてきた。
----------
国や組織に期待してはだめだ。もうだめだ。僕らで動こう。僕らで考えよう。僕らでこの国を変えよう。だって、僕らの国なんだからさ。誰かに任せるのは、も う、やめよう。僕らは皆仲間だ。ここでこうして繋がっている皆は、何かに気が付いたからこうして繋がっている。だから、僕らが動こう。
----------
こういうことをNHK社員でありながら書いた。

そして、2012年3月。海外留学へ。社費でのアメリカ留学。それはスキルアップとかではなく、NHKにとって都合の悪い発言を続ける社員を"飛ばした"ということだろう。

そして、2013年3月11日の堀氏のツイート。
NHK社員の立場でここまで書くのは勇気が要ったことだと思う。
-----
震災から2年。原発事故発生のあの日私たちNHKはSPEEDIの存在を知りながら「精度の信頼性に欠ける」とした文部科学省の方針に沿って、自らデータを報道することを取りやめた。国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない。
---
パニックを抑え社会の均衡を保つための判断であったとしても、統制された情報によって福島県をはじめとした近隣住民の皆さんへ長年に渡る不安を与えた事実を正面から受け止め、償いを続けそれだけに市民に寄り添った報道を徹底しなければいけない。僕は頭を下げながら一生この原発事故の取材を続ける。
---
自らあの日ニューススタジオにいながらそうした事実をきちんと伝えられなかったことに対し、心から謝罪します。福島の皆さん。取材でそれまで沢山お世話になっていたにも関わらず、役にたてなくて本当に申し訳ありませんでした。
---
反原発だと思想的にレッテルを貼る人がいますが僕はそうは思いません。取材をすればするほど原発の安全対策が不十分であることがわかります。事故が起きた時の交通インフラや避難誘導の仕組みも今は不十分です。徹底的にこの問題と向き合い課題解決に知恵を絞らなければ世界の何処かでまた犠牲出ます。
---
僕がUCLAで作った映画が局内で大問題になり、ロスで米国市民の皆さんが企画した上映会も中止に追い込まれました。「反原発と言われるものは困る」と指摘を受けましたが、事故が起きたことによる不条理な現状を描いているに過ぎません。市民が共有し未来に活かさなくてはならないものです。
---
米国市民からは突然の上映中止の通達に「日本ではこれが日常なのか?」と怒りを通り越して驚き理解ができないという声が上がっています。僕が学生の時に研究し太平洋戦争下の状況と本質は変わりません。公共メディアは誰のものか?知る権利を有する市民のものです。表現の自由を有する市民のものです。
---
メディアに関わる一人一人がそれらの権利を常に最優先に掲げ、発信に努めなければなりません。あの日犠牲になり、そして今も情報が届かなかったことで不安と向き合う日々を過ごしている皆さんのことを想い。亡くなった方々への哀悼の意を示し、黙祷を捧げます。
----------
UCLAの研究者と共に制作し大学に納めた研究成果物でしたので主催者の米国市民に対し東京から一方的に中止を求めるとは思っていませんでした。しかも自分達の連絡先を尋ねられても絶対に答えないというアンフェアなやり方で。中止の妥当性以前に不誠実な対応に怒りを感じました。
----------
健康被害の有無以前に、情報が得られなかったことで自ら行動を判断できず、結果として放射能が高い方へ避難したり、屋外に長い時間いたりしたことで、現在、不安を抱えている親御さんや、若者などがいるという状況について言及しています。
----------
僕らアナウンサーに「個人では色々思いはあるだろうけど、公の場では意見を言わないように」と局は求めます。
-----

留学を終えて帰国した堀氏のテレビ復帰は「きょうの料理」だという噂(ほんとかどうか知らないけど)。生放送のニュース番組でNHK的に困る発言をされないように、だろう。社費留学したアナウンサーをお料理番組に起用する馬鹿馬鹿しさ。。。

終身雇用という日本の習慣が残る大企業だから、よっぽどの理由がないと彼をクビにはできない。だから、突然留学させてみたり、お料理番組に起用してみたり、不自然なことを続けてる。
嫌気がさして退職するという選択肢もある。でも、社内の人として情報発信を続けることの意味は大きい。外からワーワー言うのとはインパクトが違う。


既存の大手メディアと離れて独立したメディアを作る人もいる。
こうして既存メディアの中にいて発言し続ける人もいる。

中にいて闘うことを選んだろう、堀氏は。
どうか、彼の行動が変化の端緒となりますように。
[PR]

by studio-yaya | 2013-03-12 11:22 | ニュース | Trackback | Comments(0)