<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

入学式のお洋服

2月に入ったあたりから、卒業&入学シーズンに向けて子供と母親のお洋服がディスプレイされるようになってきた。
我が家の娘も今年の春には小学生。保育園の卒園式と小学校の入学式に向けて、フォーマルな服を用意しなくては。。。と思い、ちらちらとお店をチェックしてきた。

ジャスコやヨーカドーでは、AKB風なチェックのスカート+ジャケット、胸にはブローチという組み合わせのスーツがずらり。
ひらひらと可愛らしいスーツに娘の目は釘づけ。さっそく試着。。。ん~、ヒラヒラしすぎじゃない?(^^; 可愛いけどね。。。

そして今度は伊勢丹へ。さすがデパート、置いてる品物が違う。過剰な飾りのない、シンプルなものばかり。流行に左右されない、紺色やグレーのコンサバなデザインで、上品。
娘とあれこれ見て回る。2着ずつ見せては「どっちがいい?」と選ばせてみる。意外や意外、先日見たAKB風とは違う、普段着に多いピンク系とも違う、シンプルな物を娘は選んだ。あ、そうなの?こういうのが好みなの?とちょっと驚き。。。
私は白や明るいグレー、パステルカラーとかの明るい色のジャケットがいいかな、と思ってたんだけど、試着してみたら白より黒の方がしっくり来る感じ。娘も「これがいい」と。
結局、白×黒のジャンパースカートに、白襟のついた黒のジャケットという、落ち着いたデザインになりました。上品に見えていい感じです。

ちなみに、デパートの子供服なんて高すぎるだろっ!と思ってたけど、探せばお手頃価格の物もあるのね。新宿あたりのデパートだとブランドショップの3万円以上のスーツしか選択肢が無かったりするけど。。。私が行ったのは立川の伊勢丹。3万、5万と言ったブランドスーツもあれば、1万円台の品物も。
ジャスコやヨーカドーでも、スーツは1万円前後から。
意外と変わらないのね。



そういやとあるサイトを見てたら
「だいたい一式揃えるとブランドにもよりますが3万円~10万円の予算が必要ですね。」
とあっさり書いてあってぶっ飛ぶ(^^; 正装とはいえ、子供服に10万かい???
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-25 22:00 | こども | Trackback | Comments(0)  

「ミツバチの羽音と地球の回転」

上映会に行ってきた。
祝島という小さな島を取り上げたドキュメンタリー。
この島の対岸に原発の建設計画があり、島の人達は反対運動を続けているのだそうだ。それも約30年。
毎週月曜日には島の中をデモ行進。もう1000回を超えたという。
電力会社や町、県に動きがあれば抗議行動を行う。手弁当で、交通費持ち出しで。

反対運動を行う人の言葉。
島の人間だけの抗議行動で建設を止めることはできないと思う。でも、遅らせることはできる。自分たちが運動することで、建設を引き伸ばしてる間に、社会が変わって原発なんていらないという世論が広まれば、建設は無くなるかもしれない。

そんな風に自分たちの力の弱さを認めながら、それでも無力ではないと信じ、一縷の望みを捨てずに抗議行動を続ける島の人々。
こんな活動を30年も続けている人がいることが驚きだし、自分がそんなことを全く知らなかったことも驚きだ。淡々と日々の生活を送りながら抗議活動を続けるその姿には、何だか涙が出てくる。そして、心のこもらない、いい加減な説明を続ける電力会社の人には怒りを覚える。

この映画ができたのは2010年。3.11の揺れが来た時には、渋谷で上映会をやっていたんだそうだ。そう思って見るとますます考えさせられる。
島の人達は、福島の事故の前から原発に反対してきた。自然に影響が出ること、地元の産業を潰されること、風評被害が出ること。。。そうなることを恐れて反対してきた。
少し前なら、正直、草の根レベルの活動で本当に変わるのか? 自己満足に終わってしまうのではないか? と思うこともあった。でも今は違う。こうして反対してくれる人たちがいたからこそ、1つの原発建設が食い止められている。微力なように見えても、影響は大きい。ミツバチの羽音でさえめぐりめぐって地球の回転に影響するかもしれないように。

映画を作った時には、超高齢化のこの島では30代の働き手は映画に登場する孝さんだけだったそうだが、監督に聞いたところ、Uターン、Iターンで島に来る若い家族もいるそうだ。
ハート形の小さな島、祝島。美しい自然に恵まれた島の人達の姿を、ぜひ見てほしい。

★★★★★

ミツバチの羽音と地球の回転 [DVD]

紀伊國屋書店


[PR]

by studio-yaya | 2013-02-25 15:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)  

学校公開日

最近は「父母参観日」じゃなく「学校公開日」と呼ぶらしい。家族だけでなく地域の方々にも学校を見ていただこう、という趣旨のよう。
ってことは小学生がいない我が家も行っていいのね? と、私は息子をおんぶして行ってみた。

あちこちの教室を、チラチラと見て回った。
1年生の教室。
時々席を立つ子がいたり、見に来た母親にひっついて離れない子がいたり。。。おとなしく席に座って授業を受ける、ということができてない子がいるのね。春から1年近く経っても、こういう子がいるんだな。。。
でも他の学年では、席を立つような子は見かけなかった気がする。答えが合ってると「イェーイ♪」と声を上げる子がいたりもしたけど、わりあい静かに行儀よく授業を受けてる感じがした。学級崩壊だ、東京の公立校はダメだなんてことが言われたりもしてるけど、そんなひどい様子は見られなかった。
社会科見学のレポートを一人ひとり壁新聞みたいにまとめたのを廊下に掲示してあったり、外国について調べたことを発表してたり、高学年になるとなかなか面白いこともやっていて、いい感じだった。外国語の授業もやっていて、「おおきなかぶ」の話を役に分かれて演じたりしていた。
算数の授業では、進度別にクラスを分けているようで、十数人の少人数指導をやっていた。

ふーん。私たちの頃とは色々と違ってるんだな。。。
でも、少なくとも親が見に来るこの日はしっかり授業を受けている様子だったので、一安心。娘は4月からここの1年生。楽しく頑張ってほしいな。


そういや、気になったのは子供じゃなく親だった(-_-; 小さな子を連れたママさん数人が廊下で立ち話。あの~、教室の戸が開いてるから廊下の声が聞こえちゃうんじゃ? そこにたむろしてると通りづらいんですが? 。。。と思ったけど言えない小心者な私。。。ママさんたちは茶髪にラフな格好、小さな子の服は豹柄のフリース。まぁ、そんな感じですわ。。。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-21 12:13 | こども | Trackback | Comments(0)  

息子、2歳

息子が2歳になった。
平均より少し小さいけど、彼なりのペースで成長している。
大きな目と長いまつ毛は女の子みたいだけど、ちょっといたずらしそうな男の子っぽい表情もある。
お姉ちゃんの真似をして踊ったり笑ったりして、楽しそうに過ごしている。
伝えたいことがうまく伝えられずに、苛立って怒ったり泣いたりもする。ベビーサインと覚え始めた言葉を組み合わせて何とか伝えようと頑張っている。コミュニケーションできるようになってきたことは嬉しいんだけど、何を考えてるか分からないあの赤ちゃん時代はもう終わりなのかな、と思うとちょっと寂しかったりもして。


・全然しゃべらないな~と思ってた息子も、ぽつりぽつり言葉が出るようになってきた。
-----
わんわん
にゃーにゃ
あいあい(猿のこと。童謡の"アイアイ"を聞いて猿=アイアイだと思ってる)
パパ
ねぇね(お姉ちゃん)
バイバイ
待って
開けて
取って
あっこ(抱っこ)
ねんね
あっかい(もう一回)

くっく(靴下)
パン
にゃにゃ(バナナ)
あ~り~(お代わり)
キティー
-----
などなど。2音くらいの短い単語をやっと言えるように。"パパ、ねんね"と2語文を言うことも。

・断乳しました。と言いたいところだけど、夜中にもぞもぞと勝手に母乳を飲んでることがあるので完全な断乳ではないような(^^;
でも日中起きてる間は飲まなくなって、食事量が増えて一安心。今は少し小柄な息子、これからはいっぱい食べて大きくなってくれ~。
・ボールを投げたり蹴ったりするのが好きそう。
・オムツが汚れると教えてくれるけど、トイレトレーニングはもう少し先かな。寒いし。
・お姉ちゃんの真似をして踊る。プリキュアのダンスもチアの振り付けも結構覚えてる。
・お風呂でお姉ちゃんと遊ぶのが好き。湯船で仰向けに抱っこすると背泳ぎのようにバシャバシャとキックする。お姉ちゃんのゴーグルをつけようとしたりもする。
・なんでも自分でやりたい時期に突入。うっかり手出しすると怒ったり泣いたりして、私が手伝った分を元に戻してから自分でやり直す。=すごーく時間がかかる。。。
・アンパンマン大好き。お姉ちゃんの真似で、プリキュアも好きらしい。。。


お誕生日おめでとう。あなたの笑顔は周りのみんなを幸せにしてくれます。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-18 14:55 | こども | Trackback | Comments(0)  

生活発表会

娘の保育園の生活発表会、終了。
ピアニカの演奏、劇、合奏など。人数が少ない保育園なので、出番がたくさんあって親としては嬉しい限り。
園で毎日のように練習していたようで、娘は家でも歌ったり踊ったり、劇のせりふを教えてくれたりしていた。おいおいネタバレじゃん(^^;、と思いつつも、楽しく練習しているらしい姿を見るのは嬉しいこと。
発表会の日が近づくにつれ、娘は「『おむすびころりん』緊張する~」と言うように。合奏や歌は大丈夫だけど劇は緊張する、と。。。まぁそうかもね、演じるって緊張するだろうなぁ。。。

劇は。。。いやぁ、微笑ましいものでした(^^; 棒読みのセリフだけど、子供たちは頑張って練習してきたんだろうなぁ、と思い、親は感動。ちゃんとセリフを言って演じきった子供たちに拍手。
歌や合奏も、しっかり頑張ってました。リトミックを指導してくださっている保育士の先生が発表会でもずっとピアノを弾いてくださっていて、先生のピアノに合わせて歌ったり踊ったり楽器を鳴らしたり。。。普段のリトミックの時間もこんな風に頑張ってるんだな、楽しんでるんだな、と感じられました。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-18 09:50 | こども | Trackback | Comments(0)  

懸念。小児甲状腺がん。

福島、新たに2人が甲状腺がん 放射線による影響否定

福島県健康管理調査の様子

2012年9月に1人ががんと発表
2013年2月に2人ががん、7人はがんの疑いがある、と発表

「疑いのある人を含めた10人の内訳は男性3人、女性7人で平均年齢15歳。11年度に受診した原発周辺13市町村の3万8114人の中から見つかり、地域的な偏りはないという。甲状腺がんと判明した3人は手術を終え、7人は細胞検査により約8割の確率で甲状腺がんの可能性があるという。7人の確定診断は今後の手術後などになるため、最大10人に増える可能性がある。」

母集団(調査した人数)は38114。
悪性のがんと診断されたのが3人・・・・・・0.0000787%  (約12,000人に1人)
悪性の可能性があると診断されたのが7人・・0.0002623%  (約38,000人に1人)
良性のケースも含めたら66人・・・・・・・0.0017316%  (約577人に1人)

ちなみに、
通常の小児甲状腺がんの発症率・・・・・・・0.0000010%  (1,000,000人に1人)

多いですね。どう見ても。



それから。
甲状腺がんについて。Wikipediaより。
「甲状腺癌は予後の良好な悪性腫瘍として知られており、腫瘍の発育速度も遅い。10年生存率は一般的に乳頭癌が85%、濾胞癌が65~80%、髄様癌が65~75%である。 しかし未分化癌は極めて予後が悪く、ヒトに発生する癌の中でも悪性度の高い癌の1つである。発育速度が非常に速く、手術や放射線、化学療法を行ってもほとんどが1年以内に死亡する。 一方、予後のもっとも良い甲状腺乳頭癌は手術から再発までの期間がながいため、術後長期にわたって経過観察を要する。」

甲状腺がんは「予後がいい」=治療すれば治るから大丈夫、と言われているようだけど、手術後も一生薬を飲み続ける必要があるそうだ。また、他への転移もある。転移した場合はそちらの症状とみなされるので、万が一死に至るケースがあっても「甲状腺癌」ではなく「転移先の癌」としてカウントされる。

「予後がいい」という言葉に騙されてるような気がする。。。切り傷がふさがるように治るわけじゃないのだ。手術後も転移の不安におびえ、薬を飲みながら生活するのだ。首には手術跡が残るのだ。「死なないんだから大丈夫」なんて言えるのか。。。?

ちなみにWikipediaの「甲状腺がん」のページには
「悪性リンパ腫・・・橋本病を母地として発症する。」という記述も。橋本病、増えてるらしいですよ最近。


みんなもっと本気で考えようよ。怖いって正直に言おうよ。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-15 09:40 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

断乳?


最近の育児では、子供が自然に母乳を卒業する"卒乳"を勧めてるような感じがする。母乳は無理に止める必要ありませんよ、好きなだけ飲ませてあげてください、と。だから、離乳食を経て普通の食事を食べられるようになっても母乳を飲む子は実は結構いる。幼稚園くらいの子でも、寝る前に飲んで安心してから眠る、とか。

でも、我が家は断乳することにした。理由は、息子があまり食事を食べないから。
食事の前後はグズグズして私に抱っこをせがみ、母乳を飲みたがる。飲むと心もお腹も満タンになるようで、あまりご飯を食べてくれない。
平均より少し小さい息子、食べる量が少ないから小さいんじゃないの?と心配してしまう。もうすぐ2歳の体、母乳だけじゃ栄養が足りないと思うんだけど、本人は母乳を飲んだらゴキゲンになってご飯を食べずに遊び始めてしまう。

だめでしょ、これじゃ。
もうすぐ2歳、もっとたくさん食べていいはずだし、いろんな食材を食べられるようになってほしい。

保育園では給食は大体「完食」。母乳なしだとそれなりに食べるらしい。ってことは家でも母乳を止めれば食べてくれるはず。。。

ってことで、断乳。
お終いだよ、と言い聞かせてたけど、いざ飲めないとわかると息子は大泣き。この世の終わりかのように全力で泣いた。可哀相だけど、ここで親が折れてはいけない。もう無いんだよ、と言い聞かせる。
食事の前後の授乳はわりとすぐに止められた。息子はすんなりと諦めたようで、普通にご飯を食べた。
夜寝るときは、なかなか諦められないようで、いつまでも泣いている。抱っこしたり遊んだりしながら疲れて眠くなるのを待つ。

そんなこんなで断乳。したはずが。
夜中、目が覚めてぐずると息子は私のところに来て母乳を飲んでいた。。。おいおい勝手に飲むなよ~。。。(-_-; これじゃ断乳失敗じゃないかぁ~。。。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-14 23:03 | こども | Trackback | Comments(0)  

娘、6歳

娘が6歳になった。
誕生日という節目のたび、元気に成長してくれたことを本当に喜ばしく思う。
大きな病気や怪我をすることなく、順調に成長している娘の笑顔はキラキラ輝いて見える。いろんな物事を見て、聞いて、触れて、体験して。これからどんな風に成長していくのか、楽しみ。


最近の娘の様子。
・あやとりに夢中。私が覚えてるのは大体教えた。娘はあっという間に覚えてしまう。保育園で得意げに披露しているらしい。
・チアリーディングに夢中。音楽に合わせて踊るのが楽しいようで、家でも、プリキュアのエンディングの歌かチアリーディングのクラスでやっている曲に合わせて踊っている。ほぼ毎日。楽しくて仕方がないようで、振り付けを覚えるのも早い、早い。レッスンでは柔軟体操などもしっかりやるので、体が柔らかくなったみたい。
・おしゃれ心も芽生えてきた様子。長袖の上に半袖を重ね着してみたり、その日着る服を床に並べてみて「こういう組み合わせどう?」と私に聞いてみたり。私が普段と違う服を着てると「いいな~ゆきのが大きくなったらその服ちょうだい♪」と言ったり。
・プリキュア大好き。でも相変わらず戦闘シーンは怖くて見れない。
・弟大好き。2人でキャッキャと走り回って遊んだり、踊ったり。
・ひらがなはマスター。カタカナは時々「どうやって書くんだっけ?」とつまづくことあり。漢字は自分の苗字とか簡単なものは書けるようになった。
・自分と他人と比べることが出てきた。私と一緒にお絵かきしてると「もうっ!お母さんみたく上手に描けない!」と怒ったり。お友達が乳歯抜け始めてるのに自分はまだなので焦ってみたり。「○○ちゃんは××持ってるんだって~いいな~」とか羨ましがってみたり。
・スイミング用のゴーグルを買ったとき、使い方の練習のためにお風呂で実際着けてみたんだけど、いまだに毎日のようにゴーグル着けてお風呂に潜って遊んでるのはどうなんでしょう。。。
・「ちがう」が口癖。。。(-_-; 何か注意すると「ちがうの、○○しようとしてたの」と言い逃れしようとする。その誤魔化そうとする感じが何とも。。。


もうすぐ小学生になる娘。
お誕生日、おめでとう。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-12 12:53 | こども | Trackback | Comments(0)  

手作りする?

娘、もうすぐ入学式。
先日ちょっとデパートの子供服売り場を見てみた。どういうのが並んでるのかな、と。
イオ○やヨーカ○ーでは、AKB的なチェックのスカートにブレザー、胸には大きなブローチという感じのスーツが沢山並んでた。可愛い。けど、ヒラヒラしすぎてるなぁ。。。
デパートを見てみると、やっぱりスーパーとは違う上品なデザインのスーツが。でもお値段も結構なモノで(^^;、さすがデパート!と感心してしまった。娘にはどういうのが似合うんだろ?


面白かったのが、バッグ類のコーナー。入学、入園のためのバッグ類が並んでるコーナーがあり、すごく手作りっぽい商品が並んでるのだ。デパートの棚にこの手作り感はどうよ?と思っちゃう品物。。。

そういうことなのですね。お受験するような子供たちは、母親の愛情あふれる手作りのバッグを持つものなのです。でも母親全員が手作り上手なわけはないのです。だから、お金はあるけど手作りは苦手な母親たちのためのグッズが、こうしてデパートに並んでるのです。
フェルトで作ったアップリケもたくさん。可愛くて手作り感あふれるアップリケが2,100円とか、驚きの世界です。。。

この手作り偏重の風潮って何とかならないもんかなぁ? 手作りが好きでない人も、好きだけどそんな時間がない人もいるはずなのにね。
私はお裁縫が好きなので巾着袋くらい作ろうと思えばすぐに作れるけど、「このサイズでこういう生地で作ってください」と言われると面倒くさくなってやる気が失せるタイプ(^^; 好き勝手に作るんなら"趣味"として楽しめるけど、あれこれ指定されると"義務感"で嫌になっちゃう。娘の入学に向けてウキウキとバッグを縫いながら、そんなことを考える私。

この時期、手芸用品店には手作りのための生地がずらりと並びます。子供受けするキャラクターのプリント生地とか。同時に、既製品もずらりと並びます。サイズ指定して注文できるコーナーもあります。ま、作る人は作るし、作らない人はどこかに発注して解決する。そういうものなのですね。
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-08 22:00 | こども | Trackback | Comments(0)  

一十百千万億兆。。。

少し前に娘は「寿限無」を覚えた。
年明けには、お年玉の袋を見ながら十二支を覚えた。
東京タワー、スカイツリー、富士山の高さも覚えた。
そして最近のブームは数字の単位。
一、十、百、千、万、億、兆、京、垓・・・という、あれ。

とあるラジオのCMで"・・・一億、十億、百億・・・"と数えるものがあり、娘が面白がって真似してたので、無量大数まで一気に教えてみた。

子どもってあっという間に覚えるのね(^^) 呪文のように繰り返してるうちに、すっと言えるようになった。

この勢いなら掛け算九九だろうが駅名だろうが何だって覚えちゃうんじゃないの?と勝手に期待する私・・・・・・いや、そううまくはいかないんだろうね(^^;


ちなみに、私は子供の頃にこれを覚えていて、それを思い出しつつ娘に教えたんだけど、夫はこんなの知らないらしい。ん~なんで私は覚えたんだ? 家にあった雑学辞典のせいだろうか? 円周率も覚えたよな。。。


-----

一(いち)

十(じゅう)

百(ひゃく)

千(せん)

万(まん)

億(おく)

兆(ちょう)

京(けい、きょう)

垓(がい)

??(じょ)、秭(し)

穣(じょう)

溝(こう)

澗(かん)

正(せい)

載(さい)

極(ごく)

恒河沙(ごうがしゃ)

阿僧祇(あそうぎ)

那由他(なゆた)

不可思議(ふかしぎ)

無量大数(むりょうたいすう)
[PR]

by studio-yaya | 2013-02-07 22:00 | こども | Trackback | Comments(0)