<   2012年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

映画「最強のふたり」

Twitterとかで結構評判いいみたいなので見に行ってみました。
白人の富豪&低所得の黒人という組み合わせで勝手にアメリカ映画かと思ってたけど、フランス映画でした。

実話に基づいたストーリー。
パラグライダーの事故で全身麻痺となった大富豪のフィリップ。その介護をすることになったのはスラム街に住む黒人男性ドリス。まったく接点のない二人が一緒に過ごしていくうち、裕福で知的で退屈なフィリップの生活がユーモアにあふれたにぎやかな暮らしに変わっていく。そんな話。

豪華な家と詩とクラシック音楽があるフィリップの暮らし。そこにドリスが持ち込んだのはロックだったりマッサージの女の子だったりマリファナだったり。。。ユーモアいっぱいでたくさん笑わされた。そしてジ―ンともさせられた。例えば、文通する女性に不自由な体を見せたくないフィリップと、隠すことないだろうと対面の場をセッティングするドリス。でも逃げ出してしまうフィリップ。。。

こんな風に偏見なく壁を作らず、素で人と接することができるだろうか? 嫌いな人、後々接点がなさそうな人にはズケズケと言えるかもしれないけど、そうでない人には難しいかも。好きだからこそ、長い付き合いだからこそ、嫌われたくないと思うあまり気を遣って、オブラートに包んだ言葉ばかりかけて、ストレートに言いづらかったりして。
ドリスは"不採用にしてくれよ"というスタンスだったからクビにされても平気な感じでズバズバと言えたのかもしれないけど。

いい映画。オススメ。



で、ストーリーとは関係ないけど。パリ近辺にもこういう低所得者層向けのアパートがあるんだなぁと初めて知った。アメリカだとよく映画なんかで見かけるけど。パリでもやっぱり有色人種が多いみたい。
あと、あ~フランスだな~と思ったのが、フィリップの誕生パーティーの場面。秘書(?)のおばさん、イヴォンヌは胸元の大きく開いたドレスを着て、色っぽく肘をついてチョコレートをつまんだりするのだ。年をとっても女は女、なフランスらしさを感じた。日本なら秘書の中年女性がパーティーで色っぽいドレス姿を披露するとか無いよねぇ?

あと、英語タイトルは"Untouchable"、フランス語タイトルも同じ単語のフランス語っぽかった。なんで日本語は「最強のふたり」になるんだろう?

「最強のふたり」公式サイト
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-29 23:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)  

娘がいない時間の過ごし方

娘、泊りがけの稲刈り体験に行き、今日帰ってきた。
一昨年、昨年に続き、今年も春には田植え体験、秋には稲刈り体験。今回で6回目ともなると娘は慣れたもんで、親と離れる寂しさよりお友達とずーっと一緒に過ごせる楽しさの方が勝っている様子。お母さんはちょっと寂しいんだけど。。。「ゆきのはみんなと一緒だから寂しくないもーん」と。はぁそうですか。。。
でも、帰ってきたらやっぱり「寂しかった」と。「お母さんに会いたかった」と。このへんはやはり5歳児。。。(^^;


昨日はたまたま仕事お休み。そしてたまたま先日から始めたゴスペルサークルの練習日。さらに練習後のちょうどいい時間に見たい映画があり、夕方には稲刈りに子供を送り出したママさん達と飲み会。
サークル→映画→飲み会、なんて、独身かよっ!と突っ込みたくなるような(^^;自由な過ごし方。こんなに自由に1日を使えるのっていつ以来だろ? 子どもを持つとなかなかこういうことはできない。結婚する、子どもを持つってこういう気楽さを失うことなんだなぁ。。。と思ってしまった。別に独身に戻りたいわけじゃないけど。どっちを取る?と聞かれたら、間違いなく今の生活を取るんだけど。でも今の生活を知らなかったら、フラフラと自由に出歩ける自由な独身生活を続けることに不満はなかっただろうな。それはそれで楽しいもの。

。。。などと久しぶりのおひとりさま時間に考えてしまった。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-28 22:30 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

秋、はじまりました

今週から東京は秋です。
ってくらい突然涼しくなって。
長袖の服だの掛け布団だの、慌てて引っ張り出しました。

ちょっと動くとすぐに汗だくになっていた夏、やっと終わり。暑かったな。でも終わってしまうとほっとしたような寂しいような。

涼しくなって秋の楽しみがこれからは色々と。娘は泊りがけの稲刈り体験、そして保育園で娘にとって最後、息子にとって初めての運動会。紅葉見物にも出掛けたいし、ハロウィンは何をしようかな。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-25 23:37 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

もうすぐ小学生(1) ランドセル

ランドセルが届いた。
夫の実家から、娘へのプレゼント。

娘、来年は小学校に入学。早いもんだ。。。我が家に生まれてきてくれて、元気に成長して、弟が生まれて一人っ子時代とは違ういろんな感情を経験して、そしてもうすぐ1年生。親にべったりの子供時代ももうすぐ終わりなんだろうなぁ、としみじみ。小学生になったら、ランドセルを玄関に放り出してさっさと友達と遊びに行っちゃうんだろうなぁ。。。なんて。

娘の希望でランドセルは赤にした。そして親の私たちの希望で、飾りの少ないシンプルな形。今はキラキラと飾りがついていたり、ポケットがハート型だったり、可愛いのもたくさんあるんだけど、6年後も好みが同じとは限らないので、飽きないで使えるシンプルなものにしてもらった。

包みを開けて、ピカピカの真っ赤なランドセルをぎゅっと抱きしめた娘。良かったね。

b0164353_1535540.jpg


娘は張り切って「ふでばこ欲しい」だの「鉛筆欲しい」だの言ってるけど。。。(^^; そのへんはまた今度、ね。新学期が近づけば文房具コーナーにいろんな種類のものがズラリと並ぶはずだからね。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-24 15:35 | こども | Trackback | Comments(0)  

逆立ち

最近娘は逆立ちの練習に励んでいます。壁に向かってタタタ~ッと助走をつけて、床に手をついて、足をあげて。。。ん~逆立ちというよりでんぐり返りのようですが(^^;、両手と頭を床につけて逆さになって壁に寄りかかってます。子どもってすごいもんで2日もやるとバランスが良くなってくるんだな。この1週間ほど、日に日に上手になっているのを感心しながら見ています。

チビすけはそれを真似して、壁までトコトコ歩いて、両手を床についてにた~っと笑ってます。

でんぐり返し、逆立ち、ブリッジ。。。いろんなことができるようになってきた5歳児。素晴らしいけど、「どうやるの?」と聞かれるので母は大変(^^; お手本を見せるべく、ン十年ぶり?に逆立ちしたりして。。。子育ては体力が必要っす。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-18 22:47 | こども | Trackback | Comments(0)  

チアリーディング体験レッスン

娘、チアリーディングの体験レッスンに行ってきた。
いつもスイミングを習っているスポーツクラブで今度チアリーディングのコースが始まるそうで、その体験レッスン。

柔軟体操、簡単な準備体操のあとはチアの基本動作、ポーズの練習。腕をピシッと伸ばしてキビキビと動く先生の真似をして、娘も頑張ってる。
最後にはポンポンを持って、音楽に合わせて簡単な振り付けをやっていた。

娘はとても楽しかったらしい。前に空手の体験レッスンも受けたけど「空手よりチアがいい」と。そして「また行きたい♪」と。
う~ん、そうですか。。。楽しんでくれたのは良いけど、どうしようかね。。。(^^;
興味あることはあれもこれもやらせてあげたい!という気持ちもあるけど、あれこれ詰め込みすぎて慌ただしく過ごすのもどうかなぁ?という気もする。現実問題としてお金がかかるからそんなにたくさんはできないし(^^; でも半年とか1年とか、とにかくやらせてみるっていう手もあるし。。。
ん~、少し家での様子を見つつ考えよっと。あっさり気が変わるかもしれないし(^^;、ずーっと「やりたい!」って言い続けるかもしれないしね。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-17 22:42 | こども | Trackback | Comments(0)  

「日米大学ダブル受験 -子どもをニートにしない受験戦略」 中嶋三十浬 著

少し前なら、「帰国子女、留学経験者は使いづらいから採用しない」なんて話が聞かれていたような。異国の環境でタフに過ごしてきた帰国子女、留学帰りの学生は自己主張が強くて会社のカラーに染まってくれず使いづらい、と。
いまや、日本人学生の採用を減らして外国人を採用する時代になってきた。新規採用の○割は外国人の予定、などという企業の動きがニュースで取り上げられるようになった。

著者自身は日本で働いた後で社会人学生として渡米、大学を卒業してMBAも取得したそうだ。その経験を踏まえ、日米の大学を比較してくれている。
う~む、留学、魅力的。。。

敷かれたレールをそのまま進んで通いやすい大学に行って、皆と同じ服を着て就活して。。。という学生がこれからの社会で生きていけるとは思えない。まず採用されないんだろうし、採用されたところでタフに働いていけないだろう。
異国で一人暮らしをする、同じく他国から来た学生たちとコミュニケーションをとる、異文化を知り、理解する、もちろん英語を使う、勉強する。。。それを経験して卒業できたら、自力で生き抜くスキルとタフさは身に付くような気がする。


著者によると、まずは英語の勉強をしっかりしよう、と。
もし海外の大学に行くなら英語は必須だから。そして、もし海外の大学に合格しなくても、英語力があれば日本の大学に入るときに有利。今は受験方式も色々あってセンター試験で全科目まんべんなく点数を取れなくても得意科目が1つか2つあれば合格できる大学はある。


自分が受験したのなんてふた昔前の話(^^; そして我が子が受験するのは今から10年以上あとのこと。この30年で社会はめまぐるしく変わっているはずだから、昔の枠組みで考えず、こうやって海外という選択肢も現実のものとして考えるべきなんだろうな。

★★★★

日米大学ダブル受験―子どもをニートにしない受験戦略

中嶋 三十浬 / 南雲堂フェニックス


[PR]

by studio-yaya | 2012-09-16 00:05 | | Trackback | Comments(0)  

Gospel!

ゴスペルの体験レッスンに行ってきた。
以前歌ってたことがある。。。けど考えてみたらあれはアメリカに行く前だから。。。7年前のことか(^^; 随分ブランクあいちゃったな。
あの頃は子どもがいなかったので時間が自由に使えたけど、今はチビがいるので都心の平日夜のレッスンに通うのは難しい。昼間にやってるところもあるけど、以前見にいったら「ザ・ママさん向けサークル」な雰囲気が漂っていて、なんか違う。。。と思い(^^;、いいとこないかな~と思いつつ、時間ばかり過ぎてしまった。

で、今回行ったところは会場が立川。バスで通える距離でありがたい。平日昼間、平日夜、週末夕方にレッスン日があり、自分の都合に合わせて自由に振替レッスンができるそうだ。これはいい(^^) 平日夜に出歩くのは難しいけど、仕事が無ければ平日昼間に行けばいいし、それがダメなら週末行けばいい。子連れ参加の人も結構いるそうなので、チビ達も連れて行っちゃおう。基本は月2回。そのくらいなら続けられそう。

家族とも仕事とも離れて、一人の人として行動する時間。読書や映画もいいけど、そういう受け身な趣味じゃなく、自分が動く時間。上手下手はともかく、表現する時間。
久しぶりにそんな時間を作れそう。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-13 22:22 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

工作タイム

牛乳パックに切り取り線がついていた。切って貼ってトラックを作ろう、というもの。
娘は作りたくてしょうがない。。。ので、作りました。

牛乳パック、段ボール、ペットボトル、肉や魚の発泡スチロールトレイ。。。大人にとってはゴミ(今は分別して再利用資源だけど)でも、子供にとっては工作の材料、創造性を刺激する素材だったりする。段ボールがお部屋になり、車になり。。。娘は楽しそうだし、何やら独自のセンスで作り出す様子は見ていて面白い。けど、作品が増えるのは嬉しいような困ったような。。。

だって明らかに段ボール、ペットボトルなんだもの。娘にとっては作品でも、大人から見たらガラクタの延長(^^; あ~も~部屋にガラクタが増えてくよぉ。。。段ボールがゴロゴロして見苦しいよぉ。。。
でも、捨てちゃダメなの。娘にとっては作品であり、遊びのおもちゃだから。

お洒落な家にならないな、我が家。子供が小さいうちは無理だな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-12 23:06 | こども | Trackback | Comments(0)  

ベルリン国立美術館展

誕生日の今日は、チビたちには普通に保育園に行ってもらい、私は夫とお出かけ。
ベルリン国立美術館展
子どもが騒ぐかも、と思うとなかなか子連れでは行けない、美術館。だもんで、かな~り久しぶり。

。。。子連れじゃなくて良かった。平日だってのに混んでるんだもの。。。(-_-; ベビーカー押してたら明らかに迷惑がられてたと思う。。。


15世紀から18世紀の様々な絵が展示されていて、楽しめた。フェルメールの「真珠の首飾りの少女」は日本初展示だそうで、絵の前はすごい人だかり。フェルメール以外もいっぱいいい絵があったけど、どうも展覧会のポスターとか宣伝とかはフェルメールばかり推してて、なんだかな~という感じ。

ちなみにこの企画展を見た時間、1時間。
常設展を見た時間、1時間20分(^^;
あなどれません、常設展示。ピカソだのモネだのビッグネームの作品もたくさんあるし。。。なんて書くと俗っぽいけど(^^;、結構なボリューム、内容の展示でびっくり。



ちなみに街頭の温度計は38℃でした。東京都心はまだまだ暑い。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-09-11 23:17 | おでかけ | Trackback | Comments(0)