<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

腹立つ

胸くそ悪い。。。
口が悪くて失礼。
橋下・大阪市長は大飯原発再稼働について「事実上の容認」と発言したとか。
松井・大阪府知事は「容認などしていない」「プロセスがが不十分だと言い続けている」、政府が「大筋で理解を得られた」と言っていることに不快感を示しているのだとか。

関西広域連合の結論ってどういうものだったんでしょ?

http://ameblo.jp/karadaniaiwo/entry-11248392750.html
関西電力は、大飯原発再稼働は「夏の電力需給とは無関係」と言っていたとか。電気が足りなくても足りても関係なく、ただ再稼働したいってこと。

それなのに、橋下市長は「電力不足の市民生活や経済への影響を考慮して」再稼働容認なんだとか。

なにそれ?



ってかみんな怒ってます?
怒りを表現してます?

怒っても何も変わらない、と言ってるうちは変わらないのよ。
まずは怒ってることだけでも表していかないと。



何が起こっても国は責任なんて取ってくれない。福島で学んだよね。家に帰れない人がどれだけいることか。仕事も家も故郷も奪われて自殺した人もいる。国は何もしてくれないんだよ。「安全です」って言うだけで。「安全なんだから補償なんてしませんよ」って。
関西の皆様、怒ってね。
日本の皆様、世界の皆様、怒ってね。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-31 22:17 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

おとなりさん

お隣の家の子が遊びに来てくれた。
というか、「遊ぼ♪」と誘いに行った。
我が家とお隣、フェンス越しに挨拶したり遊んだりしてはいたけど、家に遊びに来てもらったのは初めて。3歳の女の子をお招きして、娘はすごーくお姉さん気取り。あ~、保育園でもこんな風に小さい子たちと遊んでるんだろうな。園では「とってもいいお姉さん」「小さい子の面倒をよく見てくれる」らしいけど、きっとこんな感じなんだろう。
初めて来た家で戸惑ってるようなお友達の手を引いて「お絵かきしよう」「2階で遊ぼう」「DVD見る?」と自分のやりたいことを中心に(^^;あれこれ遊ぶ娘。ん~面白い、微笑ましい(^^)

夕方、そろそろお終いにしようね、と言うと娘はぷーっとふくれて「もっと遊びたい」と。うん、そうだよね。。。また今度来てもらおうね。

親と遊ぶのも楽しいだろうけど、やっぱ子供は子供同士が楽しいんだろうなぁ。
また来てもらおう(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-28 22:49 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

たらいまわし?

息子の中耳炎のときのお話。
夕飯を済ませてチビすけの授乳も済ませた夜7時。ふと見たらチビすけの耳に血が。
クリーム色のとろっとした何か、これは膿だろうか。それと、血。耳から血ってどういうこと? 軽くパニクる私。
夜7時じゃ小児科はもう終わってる。電話してみたけど自動音声が流れるだけ。
#7119に電話。これは消防庁につながり、救急車を呼ぶべきかどうか、どこの病院に行けばいいかなどを教えてくれる電話で、近くの夜間救急のある病院を教えてもらった。
夫にも電話、とりあえず帰ってきてもらうことに。普段なら私一人で対応するところだけど、翌日は娘のお泊り遠足があり、その準備もあるし早く寝かせなくちゃいけないし、夜間救急に行くことになったりしたら大変、ってことで夫の手も借りることに。

教えてもらった病院に電話したら「小児科も耳鼻科もないので対応できない」と。え~?
別の病院にも電話。そこは耳鼻科はあるんだけど昼間の診察だけで、夜間は対応してないんだと。小児科は夜間救急があるけど症状からして耳鼻科だろうから今は対応できない、と。え~?
小児総合医療センターなるものも教えてもらったので、そちらにも電話。膿なら中耳炎とかが考えられるけど、血が出たというのが少し気になる、様子を見て、明日の朝イチで近くの耳鼻科で診てもらったら?とのこと。ん~、耳から血が出たって時点で親としては即診察してもらいたいんだけど、明日まで待てと?

振出しに戻る。
再び消防に電話。こういう経緯なんですけど耳鼻科の夜間救急ってどこにありますか?
近所には無いことが判明。狛江市の慈恵医大第三病院、新宿の東京医大ですと。片道1時間コースですな。。。
んで慈恵医大に電話。混み合ってるのでお待ちください、と延々待たされる。。。で、やっと電話がつながった。経緯を話すと、夜間だと詳しい検査ができない場合がある、血が止まっていて本人が元気そうなら明日の朝に診察してもらえばいいだろう、とのこと。え~? やっぱり診てもらえないのか。。。

この時点で1時間半経過。電話して、「ただ今混み合っております」のアナウンスを何度も聞かされ、つながるまで待って。。。と繰り返してたらこんな時間。。。

チビすけ本人は、血を拭くときは嫌がって泣いたけど、その後は普段通り機嫌よく遊んでいて、耳を気にする様子もないので痛いわけじゃないみたい。膿が溜まってたのが気持ち悪かったのか? それが出たからスッキリしたのか?
明日にしますか。。。
ってことで、近所の耳鼻科をチェック。

しかし、翌日は木曜日なんだけど、なぜか木曜日休診の病院が多い。。。木曜も診察してくれる病院を探す。

で、翌日。
早起きして娘のお弁当を作り、お泊り遠足に送り出す。夫が連れて行ってくれた。
そして息子を連れて耳鼻科へ。
やはり中耳炎です、と。膿だけじゃなく血も出たのが心配だったんだけど、中耳炎ですと。聞いたこともない奇病難病ではなく、子供にありがちな病気だったことで一安心。ふぅ。。。

抗生物質を出してもらった。アレルギーの薬は小児科で相談してね、と言われる。え?ここで出してくれないんですか?と聞いたら「かかりつけの小児科で相談してください。他の飲み薬もあるみたいだし」と。。。たしかに前日に湿疹の飲み薬もらったけど。。。
耳鼻科から小児科へ直行。が、前日薬を処方してくれた院長先生はいなくて、別の先生が診てくれた。ん~今までの経緯を知らない先生じゃ"かかりつけ"の意味がないんですけど(-_-; 飲み薬を1つ減らして様子を見ましょう、とのこと。


そんなこんなでバタバタだった我が家。
病院の夜間救急はどこも混んでるみたいですごく待たされるのね。。。電話で相談するだけなんだから早く出てよ、とこっちは焦っちゃうんだけど。向こうは向こうで人手が足りなくて大変なんだろうなぁ。。。そんな事情が分からないわけじゃないけど、あっちに電話し、こっちに電話し、待たされ、と繰り返し何だか気疲れしました。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-26 22:31 | こども | Trackback | Comments(0)  

中耳炎

息子、中耳炎になりました。
私は罹ったことがないし、上の子もない。初めて見る中耳炎の症状に軽くパニクる私(-_-; 耳から膿?と血が出たらそりゃびっくりしますわ。。。
しかも、それは娘のお泊り遠足の前日。夕食後のことで、もう小児科も耳鼻科も閉まってる。診察してもらいたいし、でも娘は翌日の準備して早く寝かさなくちゃいけないし。。。夜間救急に電話したり何だかんだとバタバタでした。
結局翌日の朝イチで診てもらい、中耳炎との診断。抗生物質などをもらいました。

よくある病気だと分かって一安心。本人の機嫌は良いので、ずーっと痛みが続いてるわけじゃないみたい。
それにしてもびっくりしました。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-25 09:55 | こども | Trackback | Comments(0)  

立川いったい音楽祭り

町の音楽祭、というと仙台に縁のある我が家的には定禅寺のジャズフェスが思い浮かぶんだけど、この立川のイベントはジャズに限らず、ジャンルは様々。ビルの入り口前のスペースなんかを使っていろんなバンドが演奏するイベント。もちろん無料、好きなだけ聞いて回れる。

子連れにも嬉しいわ~。昼間だし、ベビーカー押してぶらつきながら聞けるし、演奏してる様子を生で見られるし。

吹奏楽もあったし、J-POPもあった。上原ひろみのコピーと言うびっくりなグループもあった。なんかいいぞ。楽しいぞ(^^)


雨でも大丈夫なように(?)、会場は屋内やビルの入り口前の小さなスペースだったんだけど、もっと外の会場も増やしてほしいな、個人的には。モノレールの線路下とか、立川駅周辺は結構使えそうなスペースがあるから。食べ物屋とかも出してくれれば夏のロックフェスみたくオープンエアーで楽しめるイベントに発展しそう。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-21 22:57 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

週末よしもと@東大和

行ってきました。週末よしもと@東大和。

新宿ルミネに行けば毎日ライブやってるのは知ってるんだけど、ベビーカー押して1時間かけて人混みの新宿へ行く気がせず(^^;、ライブ行きたいと思いつつもなかなか行く機会がなかった。今回は歩いて行けるご近所なので、ナイス♪とチケットGET。

一番楽しみにしてたのはCOWCOWなんだけど、実際一番おもしろかったのはあべこうじでした(^^) テレビで見るのと生の舞台は違うんだね~。ウザいウザいと思ってたあべこうじが面白いんだわ~。一番目に登場して、まだ笑うムードになってない客を相手にしゃべるしゃべる。遅れてきたお客さんも、戸惑って一瞬生まれた沈黙も、何でもかんでも笑いにしちゃう。テレビじゃなく舞台だからこそ面白いんだなこの人は。

しかし、1歳児を連れていくのはやっぱ無理があったようで。。。(-_-; 私によじ登ったり後ろの席の人に愛想振りまいたりしてるまではまだ良かったけど、飽きてきたのか体をよじってキャーキャー言いだし、舞台にまで声が届いてしまい。。。(-_-; 最後にはロビーに出ました、私とチビすけ。。。
そしたら、なんとこのホールには親子席があるんだって、ロビーにいたスタッフの方が教えてくれて。。。そーだったの?早く言ってよ~。知ってたらさっさと親子席に移動してたのに。。。(-_-;

寄席で落語も聞きたいんだけどね、この調子じゃ当分行けなさそう。


※ちなみに"親子席"というのは、最近は市民会館なんかのホールに結構あるみたい。客席の最後列の後ろに音響室か天覧席のような小部屋があり、そこにいるとステージが見えて、音はスピーカーから聞こえて、室内の音は外に漏れない、ということで、騒がしい子連れでも舞台を楽しめる便利な部屋。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-21 22:48 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

母の日

母の日。娘と息子は保育園で何やらプレゼントを作ってきてくれた。息子はまだ1歳、指にインクをつけてペタペタと紙に押しただけで、あとは先生が作ってくれたんだけど(^^;
娘は家でも「お母さんにカードあげる♪」と張り切って、「カード作るからかたい紙ちょうだい」と厚手の紙を探し、メッセージを書き、イラストやら手持ちのシールやらで飾り付けてくれた。

無邪気にかわいく母の日を祝ってくれる子供たちに、感謝。

b0164353_23143263.jpg


俺の母親じゃないんだけどな、と言いつつ祝ってくれる夫にも感謝。花より団子、いやケーキをプレゼントしてくれました。



私から母へのプレゼントは、ここ何年かは食べ物が多い。私の母と夫の母、両方が喜びそうなものがいいし、カーネーションは前に贈ったし、どっちの家も庭に鉢植えがいっぱいあるのでこれ以上植物を増やすのもなんだし、それぞれに好みがあるだろうし。。。とあれこれ考えると、普段食べないちょっと贅沢なスイーツとかそのあたりに落ち着く。
そして、Skypeで元気な顔を見せること。チビたちの笑顔を見せること。

ささやかなプレゼントとともに、元気に楽しく過ごしてることを伝えられれば、それが一番のプレゼントかなぁ。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-17 23:23 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ワンコイン体験レッスン

娘が水泳を習っているスポーツクラブから「ワンコイン体験レッスン」の案内が来た。500円で体験レッスンを2回受けられるというかなりお得な企画。チラシを娘に見せてみたら「これ行く~」と指差したのは、空手。

ヒラヒラのチュチュに惹かれてバレエを選ぶかと思ってたので、空手と言われてちょっとびっくり。あなた、空手って見たことないんじゃない?と思いつつも、試しに申し込んでみた。

バレエか武道をやらせたいな、とは前から思っていた。どちらも姿勢が良くなりそうだし、バレエなら女の子らしく美しい動作が身に付きそう。空手、柔道、合気道なんかは挨拶とか礼儀も身に付くと思うし、護身術としても使えそう。穏やかに育っている娘は、何か危険な状況に遭っても硬直して何もできないような気がするので、武術を通して力の使い方を知るのもいいんじゃないかと思う。女の子も自分の身は自分で守らなくちゃね。

そんなわけで、体験レッスンに行ってみた。クラスは男の子ばかり8人、先生が2人。娘は初めての部屋、初めてのクラスメイト、初めての先生に緊張しまくり。先生の声が大きいのもまた娘にとっては驚きだったみたい。コチコチに固まって、全然動けない。。。モジモジと手を組み、周りの子を眺め、ちょびっとだけ動き。。。泣きそうな顔でその場にいるのが精いっぱいな感じ。
前半は先生や周りの子の真似をして練習、後半は先生1人が娘について指導してくれた。1対1で動きを細かく教えてもらい、やっと娘も動き始めた感じ。片手を後ろに引いて片手で正拳、みたいな空手らしい動きもちょっとだけできてた。


娘、2回目もちゃんと行けるかな?
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-09 23:06 | こども | Trackback | Comments(0)  

GW

今年のゴールデンウィークは。。。イマイチだったな(^^;

前半は、チビすけが発熱。下痢もしたりして、ぐったりして可哀相な感じ。チビすけは自宅安静、私と夫は交代でチビすけと家にいたり、娘を連れて出かけたり。
チビすけの体調が落ち着き、どうやら予定通り夫の実家へ帰省できそうだ、となった頃に今度は大人が体調不良(-_-; 私はこんなひどいのは初めてってくらいのひどい下痢、夫は下痢やら頭痛やら関節痛やら。でもチビどもは元気だしなぁ、夫実家は孫との再会を楽しみにしてるだろうしなぁ、大人は我慢するか。。。と予定通り仙台の夫実家へ。
仙台に着いたはいいけど、翌日からはひどい雨で外出できず。買い物か、家で積み木で遊ぶか。せっかくの連休なのに。。。やっと晴れたこどもの日、夫と私の体調も大体良くなり、天気もいいし、いざ♪と出かけたものの、渋滞がひどすぎて目的地変更。そして翌日は連休最終日、東京に戻ってくるだけ。

体調不良と天候不良で冴えない連休でしたとさ。やれやれ。


やっと家族全員が元気になり、連休明けは通常営業。夫はさっそく出張があったりして、相変わらずのお忙し生活。頑張っていきましょ~。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-05-09 09:18 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

「ヒロシマを生きのびて」 肥田舜太郎 著

広島で多くの被曝患者と向き合った医師、そして自身も広島近くで被曝した著者の体験をまとめた本。
あの日何が起きたか。
その後どんな患者を診たか。
何を感じたか。
どんな活動をしてきたか。
被曝医師としての活動の詳細な記録。とても興味深い。

ヒロシマと言うと、爆心地近くの焼け焦げた遺体などの話はよく聞くけど、実際には爆心地から離れた場所でも被ばくの影響は出ており、でもその詳細はアメリカと日本政府によって隠されていたのだそうだ。
8月6日以降に広島市に入り、親族を探したりしている間に被ばくした人。おそらく水や食べ物から内部被ばくした人。そういう人の症状や体験談はなかなか伝わってこない。著者は、そういう患者を数多く見てきたのだそうだ。原爆投下からどのくらい時間が経つとどんな症状の患者が現れるか。それを体験として知っている。

ヒロシマとフクシマは違う。違うとはいえ、隠されていた放射能の影響を知る貴重な本。

★★★★★

ヒロシマを生きのびて―被爆医師の戦後史 (シリーズ 時代を創る人びと)

肥田 舜太郎 / あけび書房


[PR]

by studio-yaya | 2012-05-08 23:35 | | Trackback | Comments(0)