<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

もうすぐ春

所用で都心へ。

桜の木は蕾が膨らみ、花開くまでもう少し。"開花予想"のとおり、今週末には咲きそう。
電車の窓から見える桜並木は蕾が膨らんでいて、桜祭りの提灯がもう飾られている。

ちょっと時間があったので、デパートをふらついた。
春らしい明るい色の服が多くて華やか。
最近は硬めのオフィスファッションって少ないのね。フェミニンな服の多いこと、多いこと。テロンとした柔らかい生地のチュニックやカットソー、ショートパンツ、ゆるいラインのニット。
そういやテレビ見ても、女子アナはひらひらと可愛らしい服だもんな。スーツでビシッ、ってのは見かけないよね。

FOREVER21にも入ってみた。
Nashville時代に見たことはあったけど、日本では初めて。
高級ブランドでもなく高品質でもないファストファッション、日本ではどうなんだろ?と思いながら見た。
う~ん、アメリカン(^^) 日本のメーカーは作らないんじゃね?って感じの鮮やかな蛍光色の服もあったりして、やっぱアメリカンテイストなんだな。でも日本人的にもアリな感じの淡い色のものもあったので、選べばそれなりのファッションになるんだろうな。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-29 23:46 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

長い闘い。引き続きセシウム検出。

子ども達を放射能から守るネットワーク@ちばの記事。

国の暫定規制値、4月以降の規制値よりも低いことは低いんだけど。。。相変わらず検出されてます。
東北や北関東の工場で作られたものですね。原料もそのエリアのものなのかな。福島工場製の不二家ネクター、そういや福島は桃の産地だものね。去年売れなかった桃はネクターに化けたのかしら。。。

夫のご両親が、毎年夏に福島の桃を送ってくれた。届いて2,3日、食べごろになったら毎日贅沢に食べた。ほんっとうに美味しかったんだ、福島の桃。でも去年は「気になるから、ね」と取りやめに。
汚染されてるかどうかは分からない。「風評」に惑わされてるのかもしれない。でも今のザルな検査体制でいくら「大丈夫」と言われても信じられないんだよね。。。子どもには食べさせたくない。選べるのなら他の産地を選ぶ。


茨城、4月から基準値が厳しくなるので何種類かの魚の出荷を規制するんだそうだ。
って今月はまだ出荷してるんだよね。。。今月の私たちが放射能に強いのか?来月から弱くなるのか? んなわけないじゃん。。。


食材を選ぶ日々はいつまで続くのやら。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-28 15:47 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

無題

道明寺のことを書いたら、昨日夫とチビたちが和菓子屋に道明寺or桜餅を買いに行ってくれた。嬉し♪

でも売ってなかったって。。。

代わりに買ってきてくれたのが、春限定の最中。これ。
皮がピンク色で、食べるとほんのり桜餅のあの葉っぱの香りがした。中は白あん。ん~美味し♪



娘の保育園の懇談会があった。
年度末で栄養士さん、先生2人が退職なさるとのこと。

それを聞いた娘、悲しそう。。。。。。しまった、言わなきゃよかった。。。か?
いや、赤ん坊ならそれでもいいけど、もう5歳だもの、言っちゃっていいだろう。サヨナラしなくちゃいけないことがあるってこと、知っておいてもいいだろう。
娘は先生へ「ありがとう」のお手紙を書いた。



娘、4月から年長さんになる。
年長さんは、ピアニカの練習をするそうだ。ピアニカは小学校入ってからやるものだけど、最近は幼稚園のうちから練習するものらしい。
そんなわけで、ピアニカ購入。娘は嬉しくて早速家で弾きはじめた。
。。。ピアニカって結構音でかいね(^^; 家で弾くと結構うるさい。。。

一本指で「メリーさんの羊」「かえるの合唱」「チューリップ」なんかを弾いて、娘は得意げ。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-26 22:40 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

桜餅と道明寺

違うんだね。。。
何度も夫に指摘されたけど、ピンと来なかった私。調べてみた。

私が知ってる桜餅は、これ。
b0164353_1742933.jpg

Wikipediaによると、「桜餅道明寺、上方風桜餅」。
これが「道明寺」らしい。

んで、こっちが「桜餅」らしい。
b0164353_1743844.jpg

Wikipediaによると、「桜餅長命寺、江戸風桜餅」。


ん~。。。子供の頃和菓子屋に売ってたのは「道明寺」だけだったような。函館での話。

夫が違いを知ってるってことは、仙台では両方売ってたのか?

東京ではどうなんだろ? 今度近所の和菓子屋に行ってみなくては。。。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-22 17:10 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

帰京

東京に戻ってきました。


今年の函館は雪が多く、2月下旬だというのに娘は雪遊びを満喫。かまくら作ったり、そり滑りしたり。

息子は、3週間ほどの滞在の間にびっくりするほど成長した。
初めてすっくと立ち上がり、トトトッと3歩ほど歩いた。息子の初めての瞬間を見られて、両親は大喜びだった。その代わり、夫はその瞬間を見られなかったけど。。。
それに、離乳食をパクパク食べるようになった。実家に戻ったときはスプーンに数杯チビチビと食べるだけで栄養はほとんど母乳から摂ってるような感じだったけど、今は小さな茶碗に半分くらいパクパクと食べる。水もマグマグ(子供用ボトル)から飲めるようになり、母乳依存度がぐっと下がった。



娘は今日から保育園。そして私が出かける用事があったもんで息子も保育園に一時預かり。しかも初めて朝から夕方まで約9時間。頑張ったな、チビ。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-19 22:50 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

瓦礫はちゃんと断りましょう

徳島県のHPの"目安箱"が素晴らしい。
こうしてきちんと説明して欲しい。きれいな土地を守るため、県民の安心と安全のため、説明して欲しい。


ってか受け入れちゃってる東京! ダメだってば。


ちなみに、放射性物質の不安ばかり取り上げられるけど、アスベストだのダイオキシンだの他の物質についても不安があるので、やっぱり受け入れはしてほしくない。
アスベストは古い建物に使われてるし、海沿いの化学工場とかも被災してるので、いったいどんな物質が海に流れ出たか分からない状況。その水に浸った瓦礫がどの程度汚染されてるのかも分からない状況。

放射能についても、本当は瓦礫自体の放射線量を食品と同じようにゲルマニウム半導体測定器を使って測定してベクレル表示するべきで、空間線量を測ってシーベルト値を発表するのでは意味がない。細野大臣が測ってたあの機械は空間線量計のはず。意味無し。
で、瓦礫の放射線量を測定する方法は確立されていないようで。。。いろんな材質のいろんな大きさの物が山と積まれた中から、どれかを拾って砕いて食材と同様に測るってことはできるだろうけど、それで瓦礫全体の値が分かるとは言えないわけで。。。




徳島県の回答は以下のとおり。
-----
 【環境整備課からの回答】
 貴重なご意見ありがとうございます。せっかくの機会でございますので、徳島県としての見解を述べさせていただきます。
 
 このたびの東日本大震災では,想定をはるかに超える大津波により膨大な量の災害廃棄物が発生しており,被災自治体だけでは処理しきれない量と考えられます。

 こうしたことから,徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。

 しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも発生していることから,その処理について,国においては1kgあたり8000ベクレルまでは全国において埋立処分できるといたしました。
(なお,徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,国の責任で,国において処理すべきであると政策提言しております。)

 放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)

 ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。
(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)

 ひとつ、お考えいただきたいのは、この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。

 例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。

 また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えたという報道がございました。

 徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。

 もちろん、放射能に汚染されていない廃棄物など、安全性が確認された廃棄物まで受け入れないということではありません。安全な瓦礫については協力したいという思いはございます。

 ただ、瓦礫を処理する施設を県は保有していないため、受け入れについては、施設を有する各市町村及び県民の理解と同意が不可欠です。

 われわれとしては国に対し、上記のような事柄に対する丁寧で明確な説明を求めているところであり、県民の理解が進めば、協力できる部分は協力していきたいと考えております。


 (※3/13に公表しておりました回答文に、配慮に欠ける表現がありましたので、一部訂正して掲載いたします。)

-----
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-16 23:01 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

3.11

あれから1年。
大きな悲しみと、大きな怒りとを抱えて過ごした。

私にも家族にも被害はなかった。そう思ってたけど、そうじゃなかったみたい。
放射能だ。
東京の西端とはいえ多少の被曝をして、体調に変化がないか不安に思う日を過ごし、食材の産地に目を光らせ、情報を集めては一喜一憂し。。。

真偽の怪しいこと、徒に不安を煽るようなことは書きたくないので、ちゃんと調べて。。。なんて慎重なこと思ってるとBlogさっぱり書けない。

震災後1年を前にして、今月に入ってからボロボロと当時の状況が出てくるのはどうして?
アメリカが3000ページもの報告書を出したから日本も情報出さないわけにいかなくなったのか?
去年の春や夏の調査結果がどうして今さら公表されるんだ?
「健康上問題ない」って何故言い切れるのか?
トンデモ情報を流し続ける放射能の"権威"がどうしていつまでも活躍してるんだ?
誰も責任取らないっておかしくないか?
自分の生きてる間、もっと言えば自分の任期中さえ何とかなればいいと思ってるでしょ? 収束しなくても自分が逃げ切れればいいと思ってるでしょ? それまでもう地震とか起きないと思ってるでしょ?


疑問だらけ。怒りだらけ。



実家での日々は平和だけど、心の中はこんな風にイライラしてたりもして。この怒りを一生抱えて生きていくのかと思うとうんざり。うんざりだけど、諦めたらこっちの負けなので、諦めないよ。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-11 23:58 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

3.11 どこで過ごしますか?

各地の3.11アクション

怒りを、不安を、不満を表現するべき時なんじゃないだろうか?
1年経っても先が見えないし。
首相なんか結構堂々と「再稼働」って言ってるし。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-07 22:43 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

帰省中

実家に寄生中、いや帰省中。あ~でも居候だからやっぱ寄生中、なのか?(^^;

今年の函館はやたらと雪が多くて、帰省してすぐに雪かき。。。娘は大喜び。東京では雪が降っても小さな雪だるまを作るくらいしかできないけど、この冬の函館はそり滑りもかまくら作りも楽しめる。

以前帰省したときに仲良くなった近所の子とも再会。10歳のお姉さん達、我が家の5歳児が物珍しいのか、家まで遊びの誘いに来てくれたりしてとてもよく遊んでくれる。娘も大喜びで遊びに行く。雪遊びの時は自分のスコップとソリを引っ張って、トコトコとお姉さんに付いていく。その姿がなんとも微笑ましい。お姉さんの方もソリ持参で、生意気なことも言い出しそうな小学3年生がそうやって無邪気に雪遊びする姿ってのもなかなか微笑ましい。

息子は、こちらに来て3日ほどは普段と違う環境に緊張していたみたいだけど、徐々に慣れてきて、台所だの洗面所だのハイハイで探検するようになってきた。


近所の子達は平日は小学校や幼稚園に行ってしまうので、娘は遊び相手がいなくてちょっと退屈。そんなときは市の子育てサロンに行って小さな子と遊んだりしている。
保育園で毎日忙しく遊んでる日々と比べるとたしかに退屈かもなぁ。。。とは思うけど、家族べったり一緒にいて「今日何して遊ぶ?」なんて言ってゆっくりじっくり遊んで過ごすのも悪くないな、なんて思ったりもして。
おじいちゃんおばあちゃんともたっぷり遊べるしね。
[PR]

by studio-yaya | 2012-03-03 23:19 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)