<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

「朽ちていった命 -被曝治療83日間の記録-」 NHK「東海村臨界事故」取材班

1999年9月30日に茨城県東海村で起こった、臨界事故。
ステンレス製のバケツでウラン溶液を扱っていた作業員が被曝。その方は放射線医学総合研究所(放医研)に運ばれたのち、東大病院に転院し、治療を受けた。その方の命がまさに「朽ちていく」様子を記録した本。


作業中に臨界に達し、防護装置のない「裸の原子炉」が突然できてしまったのだという。東海村は事故現場から半径350メートルの住民に避難を要請、茨城県は半径10キロ圏内の住民に屋内退避を指示した。
JCO社員による対応で、19時間40分後、臨界が収束。

大内氏の被曝量は8Svらしい。臨界直後に嘔吐、気絶。しかし病院に運ばれた時は意識があり、体も日焼けしたように少し赤くなった部位がある程度で、どの程度深刻なのかは分からなかったらしい。が、これだけの被曝量があっては命は助からない、東大病院に運んだところで助けられる見込みのない"負け戦"なのだそうだ。
それでも、東大病院の前川医師は様々な診療科の医師を集めてチームを組み、大内氏を治療した。

状況が好転することはなかった。
強烈な放射線を浴びた体は、細胞を再生できなくなっていた。普通なら体の内側からは新しい細胞が作られ、古くなった表皮細胞は剥がれ落ちる。でも大内氏の体は新しい細胞を作れない。表皮が徐々に剥がれ落ち、失われ、体の組織が露出する。露出した体組織からは体液が浸み出ていく。その量は1リットル、2リットル。。。と増えていく。妹さんから造血幹細胞を移植したが、それもうまく働かなかった。
水分を補給し、栄養を点滴で入れ、輸血もして。。。何をしても、現状維持すらできなかった。朽ちていく命を救えなかった。


痛々しく、つらい記録。


福島が、こうなるわけではない。これは高い放射線量を一度に浴びた場合の記録。おそらく広島や長崎の原爆の症状と似ているのだろう。福島は、それとは違う。でも、どう違うのか分かっていない。

ちなみに、このとき治療を担当した前川和彦医師は、後に原子力安全委員会が「緊急被ばく医療のあり方について」というガイドラインを出す際に中心となっていたのだそうだ。「人命の尊重は最優先されるべきであり。。。」などという言葉が並んだガイドライン。
う~ん。。。事故から12年。改善されていない。人命最優先になっていない。
しかもちょっとネットを覗いたら「原発御用学者リスト」なるものにこの医師の名前が。
被爆者につきっきりで治療してきたその医師が、原発安全だの推進だの言ってるの?

なんか原発の闇ってものすごい。。。

★★★★★

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

新潮社


[PR]

by studio-yaya | 2011-09-14 10:51 | | Trackback | Comments(0)  

げつようび

息子、生後6ヶ月。
月曜日のチビは、眠い。
週末眠れないからだ。。。

週末は、保育園が休みで娘も家にいる。娘がチビを眠らせないのだ。せっかく寝たチビの周りをドタドタ走り回り、おもちゃを出したりひっこめたり、寝たチビのほっぺをツンツンつついたり。寝たと思っても30分もしたら起きてしまう。

月曜になり、娘が保育園に行くと家の中がシンと静かになる。
寝汗をかいたチビを沐浴させ、ゴロンと布団の上に寝かせておけばそのうち眠る。2~3時間ぐっすりと。まだまだ小さい息子、たっぷり寝るのが大切な仕事。
その間に、私は洗濯物干したり、本読んだり。。。



そういや、息子は娘の赤ん坊時代と同じく、一人で黙って眠り、黙って起きることがある。
さっきまでキャッキャと遊んでたと思ったら突然スイッチオフ、眠ってしまう。
ゴソゴソ音が聞こえるな、と思ったら一人で起き出しておもちゃをいじって遊んでる。

眠い時の子どものグズグズをなだめるのって結構大変なんだけど、なだめる必要がないことも我が家では多くて、助かっている。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-12 15:52 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

失言?

切腹の文化の国だから、なのかねぇ。。。失言の責任を取って辞任って。

辞任したからって責任を取ったことにはならないと思うんだよねぇ。
辞めたから許そう、とは私は思えない。
無給で必死で働いて、本気で取り組んでます、って姿を見せてくれたら許そうと思うかも。



ネットを見てると、"失言"は前後の文脈を切り取って大袈裟に取り上げられたものらしい。そして、脱原発に向けていろいろ考えていた大臣をこの機会に辞めさせようという圧力があったのでは?という見方も。

脱原発派の人は、気をつけなくちゃいけないね。言葉の一つ一つ、上げ足取られないように気をつけなくては。飲み屋でうっかり言い過ぎる、なんてこともないように。ハニートラップにひっかからないように。

ご参考:河野太郎さんの見方
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-12 10:56 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

9.11

10年前の9月11日。
テレビでニューヨークのありえない光景を目にした。映画かと思った。現実と思えなかった。呆然としながら、彼氏に電話した。

半年前、3月11日。まだ生後1ヶ月も経たない赤ん坊を抱き、大きな揺れの中で慌ててバッグや避難グッズを手元に引き寄せた。
テレビには、ありえない映像。学生時代を過ごした街にも津波が押し寄せ、恐ろしい力で全てを流していった。10年前の彼氏は夫となっていた。



9月11日は私の誕生日だけど、そんなことより「あれから10年」「あれから半年」の方が圧倒的に重く、ずしりと感じられる。
自分や家族が無事で元気に過ごしていることに感謝しつつ、自分には何ができるのか?何をすべきか?何をしようか?と考えずにいられない。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-12 10:44 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

花火

うちからさほど遠くない遊園地で、夏の間は毎週末花火が上がる。
田舎育ちの私には、驚きだ。毎週末花火が見られるなんて。地方じゃ花火大会は夏に1度か2度の大イベントなんだから。

夜になり、花火の音が聞こえると、あ~今日も花火だ、と気付く。そして、娘は見に行きたくなってしまう。お風呂からあがってパジャマ姿なんだけど、「見る!」と言い張るので、花火の見える交差点までブラブラと手をつないで歩いた。
夏の週末は、そんな風に過ごした。

娘は4歳。そろそろいろんなことを記憶していく年頃だろうなぁ、とふと思った。
こうして週末に花火を眺めるのも、我が家の夏の風景として記憶に刻まれるんだろう。手をつないで夜道を歩いたことや、涼しい夜風や、交差点の信号の向こうに上がる花火。
もう少し大きくなると、親じゃなくお友達と見に行くようになるのかもしれない。ボーイフレンドと見に行く日も来るのかも。

大人になったら、こんなささやかな夏の思い出を、娘は覚えてくれているだろうか。どんな気持ちで思い出してくれるだろうか。楽しかったな、と思ってくれるだろうか。

そんなことを思いながら、この夏の花火を眺めた。



この夏の花火は終わったけど、娘は「また花火みたいな~」と今も言っている。
いつも見られるわけじゃないんだよ。いつもじゃないからいいんだよ。
また来年、見に行こうね。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-08 15:01 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

政治いろいろ

新内閣発足早々、「原発再稼働」の言葉が出たらしい。

菅さんが粘って粘って「脱原発」と発言したのに、やっぱり再稼働の方向に進むらしい。

菅さん、悪い方悪い方に評価されて可哀相だな、と思う。
福島を訪れたのを批判されるけど、それじゃ行かなくても良かったの? 行かなきゃ行かないで、現場を知らずに指示を出すなんてど~たらこ~たらと批判されるに決まってる。
福島は当面住めないだろうという発言、菅さんはもうすぐ辞任するんだったんだから、自分で言わずに次の総理に言わせることもできただろう。言って批判されたけど、自分で言わずに次の総理に言わせてたらそっちの方が問題だと思う。菅さんが言うべきだったと思う。
そして「脱原発」と言った。実現は簡単じゃないんだろうけど、ぜひ言ってほしかったことなので、私は嬉しい。次の政権がどう進むのかは怪しいけど。。。

根回し足らず、合意なしの勝手な発言で散々な状態だったので、何をやっても悪く言われてしまう感じだった。たしかにここしばらくの政治はひどいもんだったと思うけど。。。でも悪くない言動もあったわけで。



菅さんじゃなければ協力するよ、と言った野党の皆様。今度は頼みますよ。政局で無駄に時間を使わないで政治を進めてください。




最近は政治家が自身のホームページを持ち、BlogやTwitterで自由に発言していたりする。
これが結構面白い。

BlogやTwitterをやるって時点で、私はその政治家をちょっと評価したくなる。
だってリアルタイムで発言したことが後々まで残るのだ。「そんなこと言ってない」なんてすっとぼけるわけにいかないのだ。
周囲の政治家や派閥のボスの動向にビクビクして自分の意見を言えない。。。そんな政治家だったら、Blogなんて書けない。自分が思っていること、目指す方向、その時点で手に入った情報を元にしての情勢分析。周りがどうのこうの、ではなく、自分が思うところがしっかりしていないと書けないと思う。

みんなの党の松田公太氏。
自民党の石破氏、河野太郎氏。
民主党の馬淵氏。
今見てるのはこのへん。きっと他にもしっかり発言している方がいらっしゃることだろう。

そりゃね、突っ込みたくなるところはあるよ。自民党なら「いいこと書いてるけど与党時代のあなたたちはどうだったの?」と思うし、民主党なら「そう思うなら頑張って実現してよ」と思うし。
でも、自分はこう思う、だからこういう活動をしている。そういうのをストレートに伝えようという姿は良いと思う。

テレビでいくら発言しても、前後をカットして面白おかしくデフォルメされてしまうんだから、政治家の皆様はそれぞれネットを自分からの情報発信メディアとしてうまく活用してほしい。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-06 22:15 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

ボランティア@ふんばろう東日本

んで、ボランティア。
"ふんばろう東日本"というプロジェクト。東日本大震災の被災地支援のプロジェクトで、"ほぼ日"にも紹介されている。
この"ほぼ日"の記事を見て興味を持って、サイトを見たら、誰でも参加可能だという。それじゃちょっと見てみましょ、何かできることがあるかもしれないし、という感じで入ってみた。

私にできそうなのは。。。と見ていて、気になったのがハンドメイドプロジェクト。
・手作り品を被災地に送る
・手作り品をバザーなどで売り、売り上げで支援物資を購入する
・被災地でクラフトのワークショップを開き、手作りを楽しんでもらったり交流の場を作ったりする
・被災地にクラフトの材料や道具を送り、自立支援などに役立ててもらう
といった感じ。

育児中で、家にいることが多くて、どれだけ時間が取れるかもわからないけど、これならささやかながらお役にたてるかも。


ちなみに今は
・アクリルたわし
・シュシュ
・のれん
なんかを募集中。
さらに冬に向けて
・マフラー、手袋などの防寒具
も募集中。
もし作って協力したい、という方がいらっしゃったらご連絡ください。まとめてプロジェクトに送ります。


他にも、翻訳プロジェクトも面白そうなんだけど。。。見たらプロ(翻訳家?)らしき人もいるようで、下手に素人が入らない方がいいのか?よく分からない(^^;
Web構築班もあるけど。。。実務でWeb作ったことはあまりないので、これも本業の方々にお任せした方がいいのかも(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-05 22:27 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

6時間

週末、ちょっと用事があったので、夫に子ども達を預けて出掛けた。

息子は最近哺乳瓶を使えるようになり、母乳も粉ミルクも哺乳瓶から飲めるようになった。これで私が一緒にいなくても少しの時間は過ごせるはず。
ってことで、夫に子どもを託してみた。

出掛けるね、と言ったところで息子には分からない。いつもどおりコロコロと寝返りして笑ってた。
娘は、「お母さんと一緒がいいの~」と身支度する私にベタベタ。一緒に行けないことを悟ると、おやつ袋からラムネを取り出して「お母さん、お腹すいたらおやつに食べてね」と私にくれた。なんとまぁいじらしい。。。
(ラムネが嫌いだから分けてくれたってことはここでは気にせず、母への気遣いということで。)

久々の電車での外出。Suicaをピッとやるのも久しぶり。子どもがいないと身軽でスイスイ歩けちゃう。


私の不在中、前半は順調だったそうだ。ゴキゲンな息子はそのへんで遊んでて、娘と夫は一緒におやつの用意をしたりして過ごしたとのこと。
でも後半は。。。息子はミルクは飲んだものの、ゴキゲンななめでずっと泣いてたらしい。そして、私の匂いのするものにばかり近づいていたそうだ。私の帽子や、シャツジャケットを目指してうつ伏せのままズリズリと這っていたんだって。。。

チビ達には、ごめんよ、という気持ち。
でも、子どもがいることを理由にあれもこれも止めるのも正しいとは思わない。時には"母"以外のこともやらないとね。

ってことで、その日の用事は被災地支援のボランティアの話し合いだったのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-05 11:16 | こども | Trackback | Comments(0)  

食器棚

20年近く前、一人暮らしを始める時、実家の食器棚からパン皿だのマグだのと食器を分けてもらった。一人暮らしだけど1つずつってのも変だから、2つずつ。

結婚して、夫と私の食器を持ち寄った。二人とも実家から持ってきたものが混ざっていた。流行とはずれているけど、手になじんだもの。

家に友達を招く機会ができたので、少しずつ食器が増えた。人数分のグラス、取り皿、料理を盛り付ける大皿。

子どもが生まれて、食器を買う時は2つずつじゃなく3つずつになった。

そして、もう一人子どもが生まれた。それじゃ4つ。。。ってのもなんなので、これからは5つかな。子ども達がもっと大きくなったら、たくさん食べるだろうからもっと大きな食器も必要かも。

食器が増えるのは、嬉しいこと。使う家族が増えるってことであり、遊びに来て一緒に食卓を囲んでくれる友達が増えるってことでもあり。

凝った料理なんて作れないけど。
食卓を囲んで、皆で賑やかに料理を食べて、「美味しいね」って笑う。平凡だけど何よりの幸せなんだろうと思う。食べていけるだけのお金と、美味しいものを美味しく食べられる健康な体と、一緒に食べてくれる家族。

じわじわ増えていく食器を、どう食器棚に納めようかと頭を悩ませつつ、でも次は何を買おうか、とウキウキしている。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-02 22:37 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

防災の日

いつになく重い意味のある、防災の日。
日本中がこんなにもリアルに"防災"を考えたことはなかっただろうな。

娘の保育園の近所も、都の防災訓練で朝9時から一時的に通行止め。
私は家で防災グッズの確認。

あの地震の時に手に取った避難リュック、中に何を入れてたんだか自分でも覚えていなくて。。。震災後には中を見直して、物を買い足したりした。あちこちで「これは絶対必要」「これがあると便利」という話が出ていたので、それを参考にしつつ。
でも荷物が大きすぎたり重すぎたりすると持ち運べないわけで。。。(^^; 必需品のリュックと、その他のバッグを分けた。
ちなみに"その他"は、赤ん坊の紙おむつ、ティッシュ、歯ブラシなど。無くても死にやしないけど生活するには無いと困るもの。
車にも水と乾パンを乗せておいた。車でのお出かけ中に何か起こったら怖いから。心配しすぎ? でもいつ何が起こるか分からないってことがあの日分かっちゃったからね。。。


家自体はそう簡単に壊れないはずなんだけど、地震以外にも台風、洪水、火事などいろんな"まさか"の事態があるわけで。備えあれば憂いなし。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-01 22:31 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)