<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

夢に日付を

このゴールデンウィークを前に、東北新幹線は運転を部分的に再開し、29日には全線開通するそうだ。
ディズニーランドは営業再開、今日からはディズニーシーも再開。

連休の前に再開したい。
そう考えて、全力で復旧作業を行い、再開にこぎつけたんだろう。素晴らしい。

誰かが言っていた、「夢に日付を」と。
○○したいなぁ、と漠然と夢見るのではなく、いつまでに○○するぞ、と具体的に日付を決めることで、夢は実現可能な目標となるのだと。今年中に○○したい、それじゃ10月にはこれが必要、じゃ9月にはこれを準備、7月にこれをやっておく。。。とやるべきこととやるべき時間を具体的に決め、一歩一歩実現に近づくんだ、と。

きっと「連休までに」という具体的な目標があったから、頑張れた、実現できたんだと思う。
被災者へのインタビューでも「来年の3/11にはここで宴会をできるように」なんて言って笑う人がいたけど、そういう目標を決めておけば、頑張れるかもしれない。
暑くなる前、6月中には避難所の暑さ対策を終えるとか、被災地の悪臭、不衛生を改善するとか。
子どもの環境で言えば、2学期スタートまでに落ち着いて勉強できる環境を整えるとか。

最終目標は、みんなが落ち着いて普通の生活をできるようになること、だ。
いつまで続くか分からない不安な日々も、期限を決めれば少しは気を落ち着けて耐えられるかもしれない。


そんなわけで、早く日付入りの復興プランを出してほしいな、と思うわけです。
頑張ろう、東北。
頑張ろう、日本。
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-28 09:44 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

裁縫。まさかの事態。

娘の服を縫っている。
全パーツを合わせたところで試しに娘に着てもらおうとしたけど。。。着られない(-_-; 首周りが小さすぎて頭が入らない。なんてこったい。
市販の型紙を使って作っているので、標準的な体型を想定しているんだろうけど、それが着られないってことはうちの娘の頭が大きすぎるってこと? ショック。。。



最近お裁縫が楽しくて、娘のスモックやらティッシュケースやらちょこちょこ作っている。息子の世話があるので、1ヶ所縫ってはおむつ替え、1ヶ所縫っては泣く息子を抱っこ、みたいな感じでさっぱり捗らないんだけど、でも作るのは楽しくて。

そういや女の子の服は作りやすいんだけど、男の子のは作りづらい。女の子はごく普通の生地を使って、直線縫いだけで簡単なギャザースカートは作れるし、チュニックなんかも作れるけど、男の子はスカートもチュニックも着ない。着るだろうシャツ類は縫うのにすごい手間がかかるし(娘のアロハシャツで経験済み。襟とか結構大変)、ズボンは伸縮性のある生地で作ろうと思うとやっぱり手間だし。

だからといって娘のばかり作ったら、息子は怒るだろうなぁ。息子には何を作ろうか?
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-28 09:29 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

マグカップ大好き

な~んとなく増えてしまう、マグカップ。
コロンとした形が可愛くて、温かいコーヒーやカフェオレを飲むと幸せで。
んで気に入ったものを買いこむとどんどん増えるわけで、我が家には普段使い用に棚に並べてるマグが9個、並べきれずにしまいこんであるものもいくつか。。。

なのにまた増えてしまった。

b0164353_1393153.jpg


ちょうどミスドのポイントが貯まったので、マグと交換。普段はミスドのマーク付きのマグだけど、期間限定でこの可愛いイラストのがあった。娘はピンクのがお気に入りで、毎朝これで牛乳を飲んでいる。

それから、これ。

b0164353_13125960.jpg


左、アメリカの友達にお願いして探してもらったFire Kingのキンバリーのマグ。キンバリーは結構カラフルなのが多いんだけど、あえて真っ白。独特の模様と、コーヒー淹れた時の色合いがとてもいい感じ。他の色も良いけど白がオススメですよ~(^^)


ちなみに私の普段使いは、Fire KingのターコイズDハンドル。同じ物を日本で買ったら8,000円とかするんだわこれが。私のはアメリカのフリマで見つけたもの、$8。今のレートだと650円くらい?
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-27 13:21 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

いろいろ

そのうちBlogに載せようと思って撮った写真がほったらかしに。。。結構たくさん。

その1.
b0164353_23202512.jpg


楽天でウォールステッカーを買ってみた。
名前の通り、壁に貼るシール。紙じゃなくビニールみたいな素材で結構丈夫そう、粘着力もわりとあり、少しくらい剥がして張り直しても大丈夫。
この部屋は子ども部屋にする予定だけど、あまりにガキっぽい壁紙は嫌だなぁと思っていて。ラブリーすぎる壁紙で子どもが大きくなって「こんなの嫌だ」って言われても困るし(^^; このステッカーなら簡単に部屋のイメチェンができて、飽きたら剥がせばいい。これ便利♪


その2.
b0164353_23235455.jpg


冷凍庫を整理したら、保冷剤がごっそり(^^; ケーキを買った時とかに入ってる保冷剤、冷凍庫にポイポイ入れてたらいつの間にかこんなに溜まってた。。。溜めこみすぎでしょ。
処分しようかとも思ったけど、この夏は節電!とかあちこちで言ってるので、何かの役に立つかも、と思い、一旦保存することに。夏に備えて保冷剤やクーラーボックスがよく売れてるらしいしね。深夜電力で凍らせて、昼間に何か冷やすのに使うとか。。。できるかな?
ちなみに冷凍庫を整理したのは、COSTCOに買い物に行く前に冷蔵庫&冷凍庫のスペースをあけたかったから(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-25 23:32 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

「苦節23年、夢の弁護士になりました」 神山昌子 著

ちょっと前にテレビで取り上げられていた女性の話。
司法試験に23回目にして合格、還暦を過ぎて弁護士になったのだという。

なんというか、すごくポジティブ。
ウツウツとした湿っぽい苦労話ではなく、ドタバタ奮闘してたら23年経っちゃった、くらいな感じの明るい文章。
つらくないわけがない。結婚したけどすぐに離婚、実家に戻り、子どもを預けながら働き、家事をこなし、合間に勉強し、試験が近付くと仕事を辞めて勉強に集中、でも不合格でまた仕事を探して。。。
でも、諦めずに続けた。

誰でも苦労が報われるとは限らない。でも、こういう人もいる、こうして報われることもある、と知れたことは大きな収穫。
弁護士の仕事って、大変そうだけど詳しくは分からないってのが正直なところ。司法試験の勉強の話から、司法修習生、そして弁護士としての仕事までさらっと紹介されていて面白い。

こんな風に明るく頑張り続けられるってすごい。

★★★

苦節23年、夢の弁護士になりました

神山 昌子 / いそっぷ社


[PR]

by studio-yaya | 2011-04-25 22:12 | | Trackback | Comments(2)  

九州新幹線のCM

テレビで紹介されていた、九州新幹線全線開通のCM。



3月9日から放送を始めたらしいけど、震災→自粛、で流れたのはほんのわずか。
それでも、口コミで話題になり、Youtubeでも再生回数はどんどんあがってるらしい。

CMは、新幹線の中から沿線の風景を映したもので、この新幹線が走る時間に合わせて沿線では手を振ったり、一緒に走ってみたり、大人数でウェーブしてみたり、とにかくたくさんの人が新幹線を歓迎している。
ステキ。
なんか涙出てくる。ハッピーで。



東北新幹線も、青森まで開通した。
震災で止まっているけど、今月中には再開する見込みらしい。
きっと青森でも、新幹線を大歓迎してくれているはず。
落ち着いたら、私も行きたいな。いつか家族で行きたい場所の一つが、桜の季節の弘前だから(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-22 11:49 | テレビ | Trackback | Comments(0)  

『「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない』 宋 文洲 著

中国から日本に留学、その後日本で起業した方の本。
日本と中国、両方を見た上での意見はとても面白い。

大きなマーケットを持つ中国はこれからますます注目される存在だし、本の中には韓国も出てくるんだけど、こちらは国内マーケットが小さい故により大きなマーケットを求めてどんどん海外に出て行っており、日本がモタモタしている間に大きなシェアを占めるようになった。

先日読んだ「この国を出よ」同様、この本でも「日本人は海外に出るべき、外国人を受け入れるべき」と言っている。
そうだよなぁ。私も韓国すごいと思ったのはアメリカに行ったときだ。国内だけを見ていては、他の国の事情もグローバル化した世界事情も分からないってことだ。

ちょっとずつダラダラ読んだので、内容をしっかり覚えてない。。。(^^; けど、繰り返し読みたい本。学問書ではなくあくまで著者個人の考えではあるけど、中国と外から見た日本を考えるのにとても良い本。

★★★★★

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない

宋 文洲 / 生産性出版


[PR]

by studio-yaya | 2011-04-21 11:02 | | Trackback | Comments(0)  

異性の子はかわいい?

よく聞くんだけど、

父親にとって娘は特別かわいい。
母親にとって息子は特別かわいい。

どうなんでしょ?

まだ生後2ヶ月の息子は、私にとっては性別のない"赤ん坊"という生き物、という感じ。男でも女でもないなぁ。
ただただ小さくてかわいい命。これが大きく成長して、強くなって、きっと私に口答えしたり「うるせーなー」とか乱暴な言葉使ったり、就職してネクタイしめて通勤したり、生涯のパートナーを見つけて結婚したり、もし孝行息子に育ったら親孝行なんてしてくれたり。。。なんてこと、とてもとても想像できない。まだ泣くことしかできないチビなんだもの。


おしゃべりしたり、動き回ったりするようになると、変わってくるんだろうなぁ。
娘や他の子たちを見ていると、誰が教えたわけでもないのに女の子はお人形遊びやままごとを好み、男の子はロボットや車、電車のおもちゃを手にしている。動きが大きく、物を壊しやすいのは男の子、赤ちゃんの面倒を見たがるのは女の子。教え込まなくても、自然とそうなっていくみたい。

あれこれ教え込まず、本人の好きな物事を好きなようにやらせてあげたい。やっぱり多くの子と同じように、息子はミニカーやプラレールを好むようになるんだろうか? 娘よりも強い力でおもちゃを壊したり家の壁に傷をつけたりするんだろうか? 娘と違う、男の子独特の言葉遣いや気づかいをするようになるんだろうか?

フニャフニャ泣く小さな息子を見ていると、不思議な気分。
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-21 10:58 | こども | Trackback | Comments(0)  

食べ放題で"元を取る"

高級ホテルのバイキングは儲かるのか?

以前、テレビでギャル曽根ちゃんが食べ放題コースのある店に行き、「元が取れるまで食べる」という企画をやっていた。当然、ギャル曽根ちゃんだ、食べる食べる。。。でも、食べても食べても元が取れない。結局制限時間になってしまい、元を取れないまま終わった。

それを見て以来、我が家では「ギャル曽根で元を取れないってことは誰が行っても元は取れない」ということになり、食べ放題には行っていない。といっても、夫は元々食べ放題に興味がないので、前から行ってないけど。夫は大食漢ではないので、安くたくさん食べるよりは高くてもいいから美味しい物を食べたい派。

今どきのバイキングは、高級食材を使った目玉メニューもあるけど、他は安い食材をうまく使ってたりするんだそうだ。そして、メニューは限られているから食材の仕入れもラク、客が自分で配膳するからフロアに店員を多く置く必要がなく、人件費が安く済む。ってことで、バイキングは店側がちゃんと儲かるようになっているそうだ。


でも、元が取れないと分かっていても。。。子ども達が育ちざかり、食べざかりになったらきっと行くと思う。だって楽しいじゃん食べ放題。好きな物を好きなだけ食べていいんだよ。お皿に山盛り好きな食べ物を取ってきていいんだよ。横を見ればデザートのコーナーまであったりするんだよ。子どもにとっては夢のように楽しいよきっと(^^)
子どもの頃、近所の焼肉食べ放題に行って楽しかったもんなぁ。
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-20 09:38 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)  

グループクーポンで消費

ポンパレ
で、某ホテルの宿泊券が出ていた。76%オフってすごい。

テレビで、風評被害だの自粛だので観光業界が大打撃を受けている、と言っていた。もったいない、そんなにキャンセル続きで宿が空いてるんなら私が行こうか。。。と思ったけど、どこの宿が空いてるんだか分からない(^^;
こういうグループクーポンサイトで、キャンセル分をカバーするべくどんどんプランを出してくれるといいなぁ。半額以下とかかなり割引しないとサイトに掲載されないのかもしれないけど、こういうサイトで紹介されることですごい大きな宣伝効果があるはず。チケットレスにできれば、買ってその週末にすぐ使うなんてこともできるわけで、今キャンセルで空室になってる分をすぐに売りだすってことも可能。


クーポンサイト、見てるとクーポン出すのは都心の飲食店、美容室、エステなんかが多くて、都心にあまり行かない子持ちの私が買おうと思う物はないんだけど。。。時々あるんだよね、我が家も使えそうなモノが。
お正月にはおせち料理騒動があったりもして、どんな店のどんなクーポンなのか、使ってみないと分からない部分もあるんだけど。でも、いいのに出会えればラッキーよね。
[PR]

by studio-yaya | 2011-04-20 09:24 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)