<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

話題のYahoo!知恵袋

入試問題をネットで質問したという例の事件、Yahoo!知恵袋には質問も答えも削除されずに残ってました。

その人が書いた質問一覧

ワイドショーでも言ってたけど、英語の答えは不正解。全然意味分からん文章になってる(^^; これで点数はもらえないでしょー。

相撲の八百長問題でも、携帯メールは復元可能だとかデジタル情報は追跡可能だとか言ってたわけだし、今回も投稿者とか探すのは結構簡単だと思う。

ってか、犯人はこの不正解な英文を解答用紙に書いた受験者だよね。探せばすぐ分かるんじゃない?
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-28 18:01 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

生まれてきた日

忘れないうちに書いとこ。生まれるまでの記録。
時間は多少記憶が曖昧だけど、大体こんな感じ。

水曜日はこんな感じ
もうすぐ生まれるのか?とドキドキしつつ家で過ごした。

木曜早朝、腹痛。
陣痛?と思い、夫と母を起こし、着替えて病院に行く準備。。。でも痛みは強まらず、起きて待っていてくれた両親も夫も拍子抜け。もちろん私も。
病院の外来が始まる時間を待って、病院に電話してみた。が、今痛くないんなら様子を見ましょうね、診察はしてもしなくてもいいですよ、せっかく病院来てもらっても陣痛が無ければ一旦帰ってもらうことになりますから。。。って感じだったので病院には行かずに家で様子を見ることに。再びドキドキしつつ家で過ごす。

が。もう生まれてきてもいい時期なんだから、別に安静にする必要はないのだ。産気づいたら病院に駆け込めばいいだけのこと。

ということで、金曜、家でじっとしてるのも暇なのでご近所で買い物。少し歩いたらまた"おしるし"みたいのがあり、あ~そろそろかもな~という感じ。入院荷物を玄関そばに置いておき、再び心の準備。
夕方、車でチビの保育園へお迎えに。先生にもママ友にも「大丈夫なの?」と聞かれ、そろそろ生まれると思いますよ~とヘラヘラ答える私。大丈夫かどうかは実は自分でもよく分からないので(^^;、なんとも言いようがない。。。

夜8:30、お風呂上がりのチビにパジャマを着せたりしていたら、お腹の中から"ブツッ"という感覚が。あ、これはもしかして。。。とトイレに行こうと思って立ち上がったら水がジャバジャバと(と書くと大袈裟だと思うかもしれないけど、そういう感覚なの)。破水だ。。。

病院に電話。
飲み会に行っている夫(^^;に電話。
タクシー会社に電話。

突然のことにびっくりしてチビは泣き出す。ごめんよ、病院には連れていけないんだ。。。父とチビには留守番してもらうことにして、母と二人でタクシーに乗り込む。
8:45、病院に到着。

9:10、夫も病院に到着。母は家に帰る。
この頃からお腹が痛くなってくる。陣痛開始ってことだ。
お腹に機械を付け、胎児の心拍と私の陣痛の様子をチェック。

9:30、陣痛は少しずつ強まっている。看護師さんによると「不定期だけど陣痛は来ている。8割くらいの強さで来てるから、どんどん進むかも」とのこと。この痛みで"8割"なら、10割でも耐えられそうな感じ。

9:50、痛みが強くなり、夫に腰をさすってもらっても全然効果なし。ナースコールして内診してもらう。が、子宮口は3cmで「さっきと変ってないなぁ」と。

10:10、どんどん痛くなる。またナースコールしたけど「さっき見たばかりだから、もう少し経ってから様子見ましょう」と。。。痛いんですけど(-_-;

10:30、さらに痛くなる。こんな痛みは経験したことない。あの痛みは"8割"なんかじゃなかった。。。
再びナースコール。和痛のための飲み薬をもらう。「眠気が来ると思うから、そしたらそのまま寝ちゃってください」と言われるけど、飲んですぐ効くわけではない。。。
内診ではまだ子宮口が開いてないし、産道がまだ固いんだとか。「陣痛が来ても子宮口が開かないと産めない」「子宮口が開くまでまだ時間がかかるかも」。そして、痛みは強まるのに生まれないという「一番しんどいパターンかもしれない」と看護師さんに言われてショックを受ける。

10:50、もう生まれるんじゃないの?って感じがしてくる。どんどん下に押し出されるような圧迫感と痛み。内診してもらったところ、子宮口は7cm。看護師さん「一気に進んだね。少し早いけど分娩室行きましょう」と。痛み止めの注射を打たれ、分娩室へ移動。

分娩台に上がり、マスクを渡され、それで口を押さえて呼吸するように言われる。笑気ガス? でも全然痛みは和らいでくれない。
腰全体が割れるように痛い。そしてもう生むしかないような感覚。なのに「まだいきんじゃ駄目!静かに息吐いて」と言われる。いやでももう生まれてくる気だよこの赤ん坊。。。

ここでやっと院長先生到着、看護師さんからバトンタッチ。
やっと子宮口が開いたようで、いきむように言われる。
陣痛が強まったところでいきむ。何度か繰り返したところで、
11:22、誕生。

生まれてすぐ、オギャーという元気な泣き声。胎脂と血がついたままの赤ん坊を胸のところにのせてもらった。細っこい手足、小さな体。新しい命。

夫も、赤ん坊の生まれてくる瞬間に立ち会ってくれた。



途中、早産か?とハラハラしつつ安静生活を送ったりもしたけど、無事に生まれてきてくれて、感謝。
忙しいながらも安静中の私を気遣い、家事に育児に頑張ってくれた夫に感謝。
心配してはるばる函館から駆け付けてくれ、あれこれ身の回りの世話を焼いてくれた両親に感謝。
気にかけて、電話やメールをくれた皆様に感謝。
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-24 10:39 | こども | Trackback | Comments(2)  

生まれました

2月18日、男の子が生まれました。
おかげ様で、母子ともに元気、すぐに退院できそうです(*^-^)b

生まれてきた息子は、娘の赤ちゃんだった頃によく似ているような気がします。やっぱ遺伝ってあるんですねぇ。

細っこい腕や脚も、まだ小さい泣き声も、新生児らしくて見ていて飽きません(*^_^*)
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-21 07:17 | こども | Trackback | Comments(6)  

「これからの『正義』の話をしよう」 マイケル・サンデル 著

「ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義」を本にまとめたものだそうだ。NHKでも「ハーバード白熱教室」として取り上げられ話題になった講義。

現在の私達の身の回りにある様々な問題について、「これは正義か?」と問いかけ、過去の哲学者たちの理論に基づくとどういう解釈になるのかを述べている。倫理学の授業を思い出すな。

さすがに哲学書(^^;、スイスイと読み進められる類の本ではないけど、面白かった。

★★★
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-18 10:10 | | Trackback | Comments(0)  

肩すかし

水曜夜、"おしるし"らしきものが。
これがあると、いよいよ出産が近い、ということ。でも人によって1,2日で生まれることもあれば1週間くらい待つこともあるようで。。。"近い"と言ってもどのくらい近いのかは不明(^^;
それでも一応入院荷物をチェックしたりして、ドキドキしつつ過ごす。

木曜早朝、お腹が痛くなる。
来たか陣痛???と、夫と母を起こす。このまま痛みが頻繁に起こるようなら陣痛だから、病院行かなくちゃ。
着替えて、痛みが起こるのを時計を見つつ待つ。。。待つうちに、なんとなーく落ち着いてきちゃった(^^; あれあれ? まだ陣痛じゃなかった?

やがて朝日が昇り、いつもの朝。
チビも起きて、「どうしてお母さんお洋服着てるの?」と出かける気でスタンバイしてた私を見て不思議そうな顔。あのね、病院行こうかと思ったんだけどね、お腹痛くなくなっちゃったんだ。。。

一応病院に電話してみたけど、今痛みが無いんなら少し様子見ましょうね、診察してもいいけど陣痛が無いんなら一旦帰ってもらうこともあるので。。。ってことだったので、家で待つことに。"前駆陣痛"ってやつだったのかな。

家にいても、なんだか落ち着かない。もうすぐ陣痛が来るのか?なんて思うと買い物とか出かけるのも慎重になっちゃうし。動いた方が早く生まれてくれる? 動かない方がいいの? んー、いっそもう生まれてきてくれた方がラクかも。いつだいつだ?と思いながら待ってるのって落ち着かないな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-17 22:42 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ぽかぽか

昨日は大雪だった東京。
今日は午前中には晴れ上がり、道路に積もったベタ雪はどんどん溶けて。。。昼には、車道の雪はほぼ消えて。歩道も日向側の雪は溶けて、午後にはアスファルトが乾いてる感じ。さすがに日陰にはまだ雪が残ってるけど。。。

ぽかぽか陽気なので、お散歩。
安静に、と言われてたのでおとなしくしてたけど、昨日の検診では「まだ子宮口が固いから、すぐには生まれないかも」と言われた。。。うーむ、大事にしすぎたか?(^^; もう生まれてきてもいいんだけどな~。
ってことで、これからは積極的に歩きますよ。

歩く、といってもご近所だけど。近所のコンビニや、近所の西松屋や、近所のしまむらだけど。。。家に閉じこもらずに出歩けるのって素晴らしい♪ 引きこもり生活もまぁアリかな、なんて思いつつぬくぬくと過ごしてたけど、やっぱ自由に出歩ける方がいいや。青空の下ぶらぶら歩ける幸せ、コンビニスイーツを品定めする幸せ♪
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-15 15:28 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

雪のバレンタイン

んや~びっくりだったなぁ、昨日の雪。
夕方のチビのお迎えの帰り道、雨が雪に変わり、夜にはベタ雪が道路にどんどん積もり。。。
初めは残業してる夫を車で迎えに行こうかとも思ってたけど、この雪で私の運転で行くのはヤバいだろう、と断念(^^; スタッドレスタイヤにしてあったから何とか走れたかもしれないけど、周りの車はきっとノーマルタイヤ&雪道不慣れなドライバー。自分が安全運転でも、もらい事故、事故渋滞に巻き込まれる可能性アリよね。。。

そんな雪のバレンタインデー。
チビは保育園で"バレンタインクッキング"。クッキーに溶かしたチョコを塗り、カラフルなチョコをパラパラと。。。おぉ、いまどきのデコチョコってやつですか?
b0164353_1515430.jpg


チビは夫と私にプレゼントしてくれました。ありがと♪
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-15 15:24 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

チビ誕生日

チビ、4歳の誕生日を迎えました。

ちなみに去年の誕生日は、熱を出してぼーっとした顔でぐったりしてましたが。。。今年は元気♪

珍しく東京に雪が降ったので、誕生日は外出せず室内遊び。かるた、お絵かき、お手紙書き、楽器遊び、DVD鑑賞。。。私と夫の他に、ちょうど東京に来ている私の両親もいるので、遊び相手に事欠かず。そういやおじいちゃんおばあちゃんと一緒にお祝いするのは初めてのこと。遠く離れて暮らしてるので、こうして一緒にお祝いできる機会は貴重。

プレゼントをもらい、ごちそうやらケーキやら食べて。笑顔に囲まれて、なんとも幸せな誕生日なのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-12 12:09 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)  

"安静"解除!

今日も病院行ってきました。
妊娠37週、もう生まれてもいい時期に入ったそうで、安静にしてなくてもいいよ~、お腹の張り止めの薬も飲まなくていいよ~、とのこと。

やったー! 1ヶ月ちょいも続いた安静生活、やっと終了っすー。

いやぁ長かった。。。(^^;
まぁ大変なのは家事を任せられた夫であり、遊び相手してもらえなかったチビであり、はるばる手伝いに上京してくれた両親なのですが。。。長かったわぁ。

ここで調子に乗って動きまわると急に産気づいたり出血したりしそうなので、徐々にペースアップしようと思ってます。明後日がチビの誕生日なので、それまでは入院したくないなぁ。。。それを過ぎたらお散歩でもしようかなぁ。
[PR]

by studio-yaya | 2011-02-09 14:39 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)  

「たまたま」 レナード・ムロディナウ著 田中三彦訳

副題は「日常に潜む「偶然」を科学する」。
必然的に起こったようなこと、正しいと思っていることが実際は「偶然」起こっているにすぎない。でもそれが「偶然」だということに気付かず、大抵の人はそれが必然だと思っている。。。そんな「偶然」についてのお話。

統計用語を少し知っていた方が理解しやすい本、かな。でもすごく面白い。
本がベストセラーになるかどうか、映画が大ヒットするかどうか、会社の業績が上がるかどうか、野球であのチームが勝つかどうか。。。もちろん関わる人の能力もあるだろう、でも実際のところは「たまたま」上手くいくかどうか、というだけの話、だそうだ。
感覚として「このくらいの確率だろう」「半々だろう」とか思うのと、実際の確率は相当違っているんだそうだ。そういう勘違いは裁判のような重大な場面でも起こっていて、その辺を理解している弁護士はうまく勘違いを利用して自分側に有利に裁判を進めたりもするんだとか。

確率やら統計やらの話は、私自身は仕事で使うことはなかったけど、社会調査やら理系の実験やらの集計・分析の場ではとても重要なことのようで。読んでおいて損は無さそう。

★★★★★

たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

レナード・ムロディナウ / ダイヤモンド社


[PR]

by studio-yaya | 2011-02-09 14:33 | | Trackback | Comments(0)