<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

「名門小学校 最高の授業」 鈴木 隆祐 著

興味本位で読んでみた一冊。うちには関係ないだろうけど。

東京では中学校受験、小学校受験、幼稚園受験まで盛んだとか、公立校は学級崩壊だとか。地方で育った私には公立校が普通、経済的に親孝行なのは公立校、ということで「お受験」なんて無縁だったけど、沢山受験する人がいるってことはそれだけ東京の私立には優れたところがあるのか?と。

著者はあちこちの有名私立校の授業を見学し、その様子を多くの写真とともに紹介してくれています。
少人数のクラス編成で、教科によって専任の教師を置いたり、2人の教師で指導したり。都心にありながら広いグラウンドや畑、木登りのできる大きな木があったりして自然と親しむ環境も整っていて。優秀な教師たちは子供たちの興味を引き出し、押しつけるのではなくその好奇心を引き出して伸ばしていくような授業を展開。学校伝統の教材やパソコンなどの最新機材を駆使して様々な工夫を凝らした授業。

やっぱり違うんだなぁ、私立。というのが読んだ感想。
学校の創立時からの歴史があり、哲学があり、理念に沿った人間育成と教育があり。やっぱ公立とは違うっぽい。数年でどんどん転勤していく先生たちでは学校の伝統もポリシーも保つのは簡単ではない。先生が変わるたび学校の方針も変わりかねない。私立校なら基本的に転勤が無いから伝統を維持できる。優秀な教師を他校から引き抜いたり、そうでない教師は解雇できる(かもしれない)ので常に優れた教師を確保できる。

私が持っていた「お受験」のイメージとは違い、子どもたちは型にはめられることなくとても自由に過ごしているようだ。自由研究の成果があちこちに張り出され、修学旅行のときには行き先について事前調査をして、帰ってきたら旅行記をまとめる。指導法が良いからだろうか、そういうのを子供たち自身がとても積極的に楽しんでいるらしい。

とあるお友達ファミリーの旦那様、偉ぶらず、謙遜しすぎて卑屈になることもなく、明るくて、なんというか恵まれた環境でのびのびすくすく育ったご子息なんだろうなぁ、と勝手に想像していたところ、小学校時代を超有名私立校で過ごしたんだそうです。そういう優れた環境が彼の人柄と能力を培ったんだろうなぁ。有名私立校には、多くの人が憧れるだけの理由があるんだと彼を見て思いました。そしてこの本を読んで納得。

「名門小学校 最高の授業」

名門小学校 最高の授業 (学研新書)

鈴木 隆祐 / 学習研究社


[PR]

by studio-yaya | 2009-10-30 21:54 | | Trackback | Comments(0)  

「ギネ」見てます

大学病院の産婦人科病棟が舞台のドラマ、「ギネ」見てます。
ドラマだから、特殊で劇的な症例が多いのは当然といえば当然。実際の世の中だったら、大抵の人は小さなトラブルの1つや2つはあっても大体無事に出産できるのだから、このドラマを見て過剰に不安に思うことはないと思う。でも、やっぱり自分の子が無事に生まれたことに感謝せずにはいられない。そして医師不足があちこちで指摘される中、きっとこうして過労死寸前みたいな状態で働き続けている医師もいるわけで、そんな医師たちにも感謝しなくちゃいけない。

でも藤原紀香演じるドクターは、イヤだな。医師不適格でしょう。ドラマとはいえ、人の心の分からない医者は例え技術があってもイヤだな。

最近病院が舞台のドラマ多くないですか? 視聴率取れるからですか?
病院とか警察とかホテルとかレストランとかが舞台のドラマは、一話完結っぽく見れるからこちらとしてはありがたいけど。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-29 23:02 | テレビ | Trackback | Comments(0)  

保育園ファッション

ほぼ毎日保育園に通うチビの服は、チビが一人で脱ぎ着できるものが望ましいらしい。服の脱ぎ着の練習のためでもあるし、単に保母さんが全員を着替えさせるのは大変ってのもあるだろう。だから、小さなボタンや繊細なリボンがついてたり、背中にファスナーやボタンがあったりするのは保育園には向かない。

そんなわけで、ウェストがゴムのズボンと、スポンと上からかぶって着るTシャツというのが保育園ファッション。(女の子の場合は少し飾りのついたカットソーやチュニックなんかもアリ。)
服を汚してTシャツだけ、ズボンだけ着替えることも多くて、そうすると色の組み合わせがおかしかったりするけど、そこまで保母さんも気にしてられないだろうから仕方がない。ちぐはぐな色のTシャツの裾をズボンの中に入れてあったりするともーセンスまるでなしって感じになっちゃうけど(^^;、それが保育園ファッション。

髪型が適当なのも保育園の特徴かも(^^; 何しろ共働き家庭の子、朝は忙しいのだ。寝癖を直したりキレイに髪を結んでやったりする時間の余裕はなかなか無い。結ばなくてもいい短い髪の子や、長い髪を伸ばしっぱなしの子が多いような気がする。
これが幼稚園だと違うんだな。女の子同士は競争のようにキレイに髪を結んでリボンをつけたりするんだな。

保育園に行かない週末くらいは普段と違う格好をさせたいと思ってるんだけど、チビはいつもの服が好きみたい。せっかく買ったスカートなんかを見せても「やーだー着ないのー」とつれない返事。長袖の上にベストやチュニックを重ね着するようなのもお気に召さない様子。結局いつものTシャツとズボンになってしまう。
あぁこのまま冴えないセンスのまま成長してしまうのか。。。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-28 23:31 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)  

「子どもがのびのび育つ理由」 兵藤ゆき 著

ご主人の留学に同行し、ニューヨークで暮らした著者の育児本。

子どもを褒める。
子どもの意思を尊重する。
大人と子供が時には友達のように接する。などなど。
学校での様子なども含め、日本とは少し違うニューヨークでの様々なエピソードが紹介されています。

アメリカが全て良い、とは思わないけど、見習っても良さそうなことはいくつか。
一つは、宿泊研修の持ち物のエピソード。最低限必要な物を指示して、他に何を持っていくかは本人の自由。寝るときにいつも持っているぬいぐるみ、ゲーム、本、お菓子。。。本人が必要だと思えば持っていく。無くしようが何だろうがそれは自己責任。それでいいんだと思う。
もう一つは、意見を言う習慣。アメリカの幼稚園や小学校ではよく「Show & Tell」という時間を設けていて、これは子どもが前に立ってクラスの皆に対して何かについて話すもの。お気に入りのおもちゃだったり、最近読んだ本だったり、何かのテーマに沿って人前で説明するというこの時間、人に何かを伝える訓練としてとても良いと思う。教室では大人しく座って話を聞くものだ、と教えられた日本の子どもが高校や大学に入った途端にいきなりディベートなんてできるわけないのだ。小さいうちから伝える練習をしておいて損はないと思う。

薄い本なのでサラッと読めます。お薦め。

子どもがのびのび育つ理由

子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係

兵藤 ゆき / マガジンハウス


[PR]

by studio-yaya | 2009-10-26 22:48 | | Trackback | Comments(0)  

節約術、かしら

先日の軽井沢行き、"るるぶ"を図書館で借りて持って行きました。
図書館の旅行ガイドコーナーは意外と充実していて、そこらへんの本屋と変わらないくらい"るるぶ"と"地球の歩き方"がズラリと並んでいます。人気スポットの本は毎年購入しているみたいだし、地元の本も充実していて東京の散歩ガイドや多摩エリアの子連れスポットの案内なども沢山。

以前スペインに旅行した時、ツアーの中に図書館で借りたガイドブックを持ってきている人がいて、その時はびっくりしたんだけど、本は2週間とか借りられるのだから、汚したり無くしたりしない限りは借りたもので充分なのですね。

何度も出かける場所ならガイドブックを買ってもいいかもしれないけど、滅多に行かない場所ならこうやって借りれば充分なのですね。
ついでに借りた「地球の歩き方 イスタンブール」を見て、いつかは行きたいねぇ。。。と夫と夢見るのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-22 22:17 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)  

ある夫婦のこと。

南田洋子さん、お亡くなりになったそうで。
Excite エキサイト : 芸能ニュース

少し前に"金スマ"で長門さんと南田さんの最近の様子が紹介されていた。認知症を患い、視点の合わない病人然とした姿をしていた少し前の姿と、意識のはっきりした最近の姿。
縁起でもないけれど、あのとき「もう最後なのかな」と思った。最後の最後、少しの間だけ元気な頃の南田さんに戻ってくれたのかな、と。歳は取っていたけど、美しい女優だった人だけあって笑顔は明るく華やかで、キレイだった。最後に彼女本来の姿、美しい姿を旦那様に見せてくれたのかな、と。
智恵子抄でも、智恵子さんは最後に一瞬だけ元の彼女に戻ったんだっけ。

年老いた夫婦が、先に弱った方を多少元気な方が支える、老々介護。そのしんどさ、でもしんどくても消えない愛情、そう遠くないであろう別れ、その後待っているであろう孤独な余生。これからの日本で増えるであろう光景を、このご夫婦は見せてくれた。
大好きな奥様にいっぱいキスして、毎日を過ごした旦那様。本当にお疲れさまでした。最後まで大切にしてもらって、奥様はきっと幸せだったと思います。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-21 22:41 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」 城 繁幸 著

大卒で就職した若者の3割だったか、随分多くの人が会社を辞めてしまうのだという。苦労して就職活動してやっと勝ち取った仕事を、どうして辞めてしまうのか。そして、辞めたあとはどうするのか。

著者は以前「若者はなぜ3年で辞めるのか?」という本を書いているそうで、これはその続編のような感じ。
「3年で辞めた」人がどこへ行ったのか、いくつかのインタビューが載っている。そして、今必要なのは「昭和的価値観からの解放」なのだと強く訴えている。終身雇用、おとなしく淡々と勤めていれば無事に定年まで働けて、まとまった退職金がもらえて。。。なんていう価値観は、もう通用しないのだと。自分で知識や技術を身につけて、会社にしがみつかないでタフに生き抜かなければならないのだと。

本に出てくる人たちは、タフだ。仕事を辞めたのは新しい出発のためだ。実際にはそうでない人も沢山いると思うんだけど、この本の中ではそこには触れていない。激務やストレスで仕事を辞めざるを得なくなった人、そのまま引きこもったり実家にパラサイトしたりする人もいると思うんだけどね。

昔と今は違うんだ、昔ながらの日本企業のやり方では続かないんだ、これから暮らしていくためには意識を変えなくちゃいけないんだ。。。著者の言葉は力強い。むむぅ、自分は昭和的価値観に縛られていないか?大丈夫か?と考えずにはいられない。

「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)

城 繁幸 / 筑摩書房


[PR]

by studio-yaya | 2009-10-21 22:30 | | Trackback | Comments(0)  

なんにもしない、贅沢

軽井沢では、チビがまだ小さいせいもあり、あまりお金をかけないで過ごしました。
塩沢湖タリアセン(入場料800円)では湖のほとりを散歩。チビは2羽いた白鳥が気に入ったようで、大きな声で「はくちょうさん、こんにちは!」と話しかけていました。ボートに乗ってる人には「おーい」と手を振ってみたり。周りの人には微笑まれてたり笑われたり。。。
さすがに旧軽銀座では美味しそうなものをあれこれ買ってしまったけど、雲場池を散歩、教会を見物、とこれまた無料。植物園は入場料100円。

もう少しチビが大きくなったら、きっと絵本美術館もおもちゃ王国も楽しめるんだろうと思うけど、そんなお金かかりそうな場所今から教えることはない(^^; 軽井沢に来た、普段と違う場所に来た、というだけでチビにとっては充分すぎる刺激のはず。紅葉の始まった山の景色や、賑やかなお店屋さんが物珍しくて楽しいはず。

宿では美味しいお料理を沢山いただき、部屋で飲もうと思ってビールを持ち込んでたのに、チビと布団でゴロゴロしてたら眠くなってしまって9時消灯。夜中に少し目が覚めたけど朝は7時まで熟睡。

家にいるとどうしても色んな事が気になる。掃除とか洗濯とかメールのチェックとかブログとか。家を離れると、そういうことを考えなくて済むのが良い。家族3人、ご飯も散歩も遊ぶのもぜーんぶ一緒で、他のことに邪魔されることなく家族の時間を過ごせる。
ダラダラ遊んで、たっぷり寝て。先日の3連休に続き、なんとも贅沢に時間を使ってリラックスしたのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-20 21:51 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

軽井沢へ

軽井沢の別荘に行ってきました。

。。。嘘です。夫の会社の保養所です。

便利な場所にあり、普通のペンションより少し安い、ということで初めて行ってみました。
布団の上げ下ろしを自分でやらなくちゃいけないあたりがさすが保養所(^^; でも、雲場池はすぐ目の前、旧軽井沢の賑やかな通りにも歩いて行けるくらい近いので、観光にはとっても便利。お食事も手の込んだお料理が沢山並んで、お腹いっぱいいただきました。

10月も半ばを過ぎて、軽井沢は紅葉が始まっていました。盛りはもう少し後なのかな? でもなかなかいい景色でした。

泊まったのは日曜日。夕方には、反対車線は軽井沢を離れる車の渋滞がひどくて大変そうでした。そして月曜日には平日だというのに予想以上に賑わってる旧軽銀座。普通に土・日に来てたらどれだけ混んでたんだろう。。。? などと思ってしまい、次に来る時も平日を使おうと強く心に決めたのでした。

紅葉の山を眺めながらのドライブは、Nashville時代を思い出しました。Nashvilleの広々とした景色の中、落ち葉が風に舞う中をドライブしてると何だか映画の中にでもいるような不思議な気持ちになったものです。東京から2時間、軽井沢まで来るとあの頃に少し似た景色に囲まれることができます。

b0164353_20162721.jpg

[PR]

by studio-yaya | 2009-10-19 20:18 | おでかけ | Trackback | Comments(0)  

危険な光景

ドラッグストアで買い物して店を出たら、駐車場に停まった車の中に泣いてる女の子が。3歳くらいだろうか。
秋とはいっても日差しが強いので、あまり長時間いたら暑くて危ないんじゃないか?とちょっと怖くなったので、お節介かもしれないけど店の人に言った。店員さんも店から出てきたところで、この店じゃなく隣のコンビニから母親(であろう女性)登場。

こっちをにらんで「なんですか?」
そして車のドアを開けて子供に向かって「うっせーんだよ!」
子供はさらに大泣き。

。。。私と店員さんは目を合わせ、「じゃ」とその場を去りました。とりあえず駐車場で熱中症、というのは避けられたようだし、母親が来たし、私たちにできることはないので。。。

私が自転車で駐車場を離れようとしたところで、車のドアが開いてまた子供の泣き声と「降りろ!うるせーな」という母親の怒鳴り声。

車から本当に落とされるんじゃないかと思ってついじーっと見てしまいました。落とされずにドアは閉まりましたが。


こういう光景を目の前で見たのは初めてだったので、びっくりを通り越して衝撃的でした。信じられませんでした。
この先も怒鳴られながら成長するのか。まともなケアを受けられるんだろうか。虐待とかどんどんエスカレートするんじゃないだろうか。たまたまあの家庭に生まれてしまったがために、今後心にひどい傷を負うかもしれない(もう負ってるのかもしれない)。見知らぬ親子ですが、心配。
[PR]

by studio-yaya | 2009-10-16 11:28 | 日々のできごと | Trackback | Comments(2)