<   2009年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 

ゴールデンウィーク

今年の連休、長いと16連休ですって???

今年のゴールデンウィークは豪華だ。でも、不況で仕事がないからいっぱい休んでね、と会社から言われちゃう場合もあるようで、嬉しいような悲しいような。
うちも夫が有休を取るので9連休になる。私は自分の勤務日は適当に決められるので、夫と一緒に休む。後半は仙台へちょっと帰省、前半は新居のあれこれを考え、ホームセンターや家具屋をぐるぐる巡ることになりそう。

9連休なんて滅多にないんだから、バーンと海外旅行でも行くチャンスだ。が、今我が家のブームはなんてったって家だ。新居を満喫するのだ、今年は。
帰国してからというもの、夏は新生活の立ち上げに忙しく、秋から半年ほどは週末ごとに住宅展示場やら新居の打ち合わせやらに出かけ、そういえば帰省以外に旅行なんてしていない。そのうち行けばいいや、と思ってるといかないものだな。Nashville時代は「アメリカ滞在中に行っておこう!」と思っていたのであちこち出かけたけど。

ま、まだ置き場の定まらない荷物があちこちにある我が家、でもピカピカの新品の我が家、お休みはここで過ごしましょう。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-30 22:06 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

「孫をめぐるおとなの作法」 毛利 子来 著

気になるタイトルだったので読んでみました。
いまどきは孫をめぐる環境も変化しているようで、おじいちゃん、おばあちゃんのための「孫育て教室」なんかもあるらしいです。子供の数が少なくなり、祖父母は長生きするようになり、子供は親と祖父母から大量の愛情と期待を注がれるわけで。

育児指南書というよりは、色んな家庭があり、それぞれの事情があり、それぞれの接し方があるんだな、という参考として読む本でした。自分とぴったり同じケースはないし、家族それぞれの性格も考え方も違うのだから、当然と言えば当然ですが。

最後の対談の中に出てきた、「娘のちゃっかり」という話が面白かったです。娘のちゃっかり=家事や育児に自分の実母のサポートを受けること。娘は義母でなく実母だから遠慮なく頼めるし、親の方も孫可愛さ、娘可愛さにその頼みを聞き入れる。そういう親のサポートがあるからこそ娘は仕事と家事を両立できている、そういう話。ちゃっかり、なかなか言い得ています。
最近はこうして子供の母親側の祖父母のサポートがある場合が増えているようで、昔ながらの「孫は夫の家の後継ぎ」的なものから、女系家族的になりつつある、と。

私の場合は、ちゃっかり甘えようにもどちらの実家も遠いので甘えようがない状態。そばで助けてもらえると便利だろうなぁ、と思うこともあるけど。
本に出てきた「女系」的育児サポートシステムは結構父親不在に見えるけど、実家に頼れない我が家では父親も必要不可欠な存在。じぃじばぁばも愛してくれる大切な存在だけど、まずは母親、父親でしょう。

「孫をめぐるおとなの作法」
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-30 22:01 | | Trackback | Comments(2)  

いまさらリュック?

週1コマだけ大学の授業を聞きに行っている。
今週も授業。天気が良かったし、チビのお迎えの都合もあるので、自転車でキャンパスへ向かうことにした。が、困った。ちょうどいいバッグがない。
この間の授業の日は、天気が悪かったので肩から掛けるタイプの通勤用バッグを持って電車&歩きで行った。が、自転車で行くとなると、肩掛けバッグは邪魔。うちのクロスバイクにはカゴがないので、手提げバッグもダメ。リュックかメッセンジャーバッグが運転しやすくて良さそう。
しかし、いまさらリュックか?と思ってしまった。我が家にあるEddie Bauerのはカジュアルすぎるし大きすぎる。もう少しカッチリしたものの方が良いと思う。革製とかだといいのかな。でもA4サイズが入るカッチリしたリュックなんて我が家にはない。買うと高くつく。でも値切って安っぽいの買うのもイヤ。何がいいんだろ。。。?
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-30 13:27 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

2つの視点

アメリカ生活を経験して、わずかなことだけど、アメリカの視点と日本の視点、2つが分かるようになったのは、とても大きな収穫だったと思う。

日本の常識は、アメリカでは通じないこともある。
アメリカの常識も、日本人には理解しがたい場合もある。
そして、日本でもアメリカでもない、第3、第4の答えが世界のどこかにあるんだろうということも、何となく感じるようになった。

森永卓郎氏の本にあったけど、日本人の留学先はアメリカが圧倒的に多くて、アメリカでアメリカ式の経済学や政治学を学んで日本に帰国するから、日本の国際化=アメリカ化、となりがちなんだそうだ。

アメリカの企業は、結構知っている。だから、アメリカに引っ越したときも生活は何とかなったような気がする。ファミレスもファーストフードもスーパーも、日本でも見たことあるロゴのお店があるおかげで、ここに行けばいいんだ、と分かった。
でも、ヨーロッパのお店って知ってる?
。。。知らないのだ。大きなチェーン店がないのかもしれないけど、ヨーロッパのお店ってさっぱり分からない。アフリカもアジアも南米もオーストラリアもさっぱり分からない。

アメリカを知って「世界を知った」とは思えなかった。アメリカを知ると同時に、これは大きいけど1つの国に過ぎない、もっと他の国があってもっと他の文化もあるんだろう、と私は思った。言葉、生活習慣、音楽、芸能、政治、何もかもに新しい発見があったのだ。他の国にも、それぞれ異なる歴史や文化、今の流行があるんだろうな、と思った。

そう思うと、他の国に行くのがまた楽しみになってきた。いや転勤とは言わないけどね、旅行でね。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-28 22:38 | Japan/America | Trackback | Comments(0)  

「男の出産 -妻と一緒に妊娠しました」 松久淳 著

別にホントに妊娠したわけではない。男の目から見た、妻の妊婦時代。これから母になる人の横にいる、これから父になる人のプレ親時代のお話。

とても軽い文章なのでスイスイと読める楽しい本。男にとっては理解不能な妊娠というイベント、勝手に娘が生まれると夢見て、息子と判明してがっかりして、ウキウキとベビーグッズと買い揃えて、でも親になる実感はあるようなないような。そしてふざけたような軽い文章の節々に、子供を迎える喜び、妻への気遣いなんかもあったりして。とにかくハッピーな気分を共有させてもらえる本だった。

「男の出産 -妻と一緒に妊娠しました」
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-28 22:35 | | Trackback | Comments(0)  

男の仕事、テレビ配線

先日引越のときにスカパー!の工事もやってもらった。テレビとチューナーをつなぎ、接続完了、テレビは見られるようになった。
が、このときはまだHDDレコーダをつないでいなかった。MotoGPの録画のためには接続しなくては。

夫がお風呂に入ってる間にパラパラと説明書を見てみた。分からない。。。
お風呂からあがった夫がそれを見て「そういうのは男に任せとけ」と言い、作業を始めた。が、分からない。。。
「地上アナログの場合」「BSの場合」「CSの場合」とか、パターン別に接続の方法が書いてあるんだけど、我が家がどれに当たるのか分からない。繋げられるところを順に繋ぎ替えては電源を入れ、何度か繰り返したところでやっと見れるようになった。

一人暮らし時代は、自力でちゃんとテレビもビデオも繋げた私。その手のものは当然得意な夫。なのに、分からない。言葉の定義が分からないので、ピンと来ない。テレビの線を差せばOK,みたいな単純なものではなくなったらしいってことだけは分かった。

地デジスタートに向けて、町の電気屋さんは忙しいらしい。大手家電量販店じゃなく、町の電気屋さん。その手の話に疎い中高年の方が「地デジだか何だかわかんないけど、ちょっとうちに来てよ。地デジ見れるようにしてよ」みたいな依頼をするらしい。納得。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-27 22:16 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

ホームセンターめぐり

ここ何ヶ月か、ホームセンターにもよく行ってます。
今日はJoyful Hondaへ。

お友達に教えてもらったんだけど、ここがもう楽しいのなんの。
うちからずーっと西に走ったところにあるんだけど、すごく大きくて何でもあるのです。DIYショップに園芸コーナー、クラフトショップ、ペットショップ、リフォームコーナー、フードコートと食品スーパー、ガソリンスタンドまでついているというすんごいところ。

今日はチビの絵本類をしまう棚を買い、以前買った絵(というかポスター)を飾るための額を買い、園芸コーナーでリビングに置きたい観葉植物をチェックし、庭にラティスを置くかどうか下見しつつ考え。。。
必要なもの、便利なものがあれこれ揃っていて本当に楽しくて。チビには悪いけど、この晴天の日に延々とお店の中で過ごしてしまいました。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-26 20:09 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

家具探し@三鷹

新居の家具を探しに、三鷹のCrastinaへ。
以前横浜にあるこのお店を見に行って、とてもいい感じだったので、今度は近くのお店へ。

家具ってちゃんと買おうと思うと結構大きな出費で、でもこれから長く使うであろう家具を通販とかで安く済ませるのもイヤで。このお店は、作りのしっかりした、デザインもすごくオシャレな家具が揃っていて、しかも値段もおさえめ。いい感じなのです(^^)
今回買ったのは、時計だけ。家具はカタログをもらって少し検討することに。大きな買い物だから、落ち着いて、ね。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-25 19:43 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

つよぽん

大声出して騒いだくらいならおまわりさんに説教されて終わり、くらいなのかなぁ。脱ぐってのがまずかったのね。
でも迷惑かけたとしたら脱いだことより騒音だったのでは? それだけのことで犯罪者扱いされてCM下ろされ活動自粛ってのはちょっと厳しすぎやしないか? 脱いだってのはイメージ悪いけど。

酔って脱いで騒ぐ人、というのは話には聞くけど、周りにはいないなぁ。本当ににいるんだね、そういう人。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-24 21:01 | ニュース | Trackback | Comments(2)  

雑貨屋巡り@吉祥寺

先日、雑貨もろもろを見に吉祥寺へ。
久々に行くと、道が分からなくなっていた。。。(^^; が、気にせずひたすら歩く。
目的地の一つ、ナチュラルキッチンへ。100円ショップなのに可愛い雑貨がいっぱいだ、と聞いたので。

かわいい。びっくり。100円ショップらしからぬ店の雰囲気、品物の数々。本当に100円なんだー。
最近はダイソーみたいな100円ショップでもちょっとしゃれた食器があったりするけど、店の感じはいかにも100円ショップ、なんだよね。それがここはもう店自体がかわいいんだもの。びっくりだー。
籐のカゴやちっちゃな観葉植物を買い込む。
そして、また歩く。家具屋、雑貨屋、マルイのin the Room、Loft、あちこち歩いて。引越荷物から見つけた万歩計をつけて一日行動したら今日は20,000歩以上歩いてた。

気になるものもあったけど、夫にも相談したいものだったり、ネットの方が安く買えるものだったりもして、結局買い物は100円ショップとかの格安雑貨ばかり。ついでに洋服でも買いたかったのに、全然見れず。。。
[PR]

by studio-yaya | 2009-04-23 22:03 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)