<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

たて?よこ?


友達の家でチビのオムツを替えてたとき、その友達に驚かれた。
「横で替えるんだー。アメリカンだー」と。

オムツを替えるとき、子供を寝かせますよね。
で、日本だと親は子供の足の方にいて替えるんだそうです。
これがアメリカだと子供の脇にいるんですね。
私はチビを横に寝かせて脇のほうから替えるもんだと思ってたので、指摘されて初めて気づいてびっくり。
[PR]

by studio-yaya | 2008-09-26 00:00 | Japan/America | Trackback | Comments(0)  

テレビっ子

久々の日本、案の定、ウラシマ状態です。
テレビに出てくる人が分からない。
私がいない約3年の間に、新しいタレントさんがどんどん出てきてるようで、顔も名前も知らない人がたくさん。まいった。

最近は「おバカキャラ」が人気だそうで、クイズヘキサゴンとかからおバカタレントがどんどん出てきている、らしい。たしかに面白い。
「おネェキャラ」も人気だそうで、お姉さんみたいなお兄さんが色んな番組に出てきている。これまた面白い。
お笑いはますます盛り上がってるようで、新しい人がどんどんテレビに登場してるようで、面白い人たちも何組か。

でも、テレビの向こう側ばかりが楽しそう。見てる人を楽しませる、というより出演してるタレント達ばかりがテンション高く大騒ぎしてる感じ。こういう感じってアメリカのテレビにはあまりなかったような気がしている。おバカキャラを馬鹿にしたりからかったりする感じも、アメリカではあまり見なかったかも。パリス・ヒルトンが出たりする番組もあるにはあったけど、そういうのはケーブルTVのみで、地上波のいわゆる3大ネットワークにはそういう番組はなかったんじゃないだろうか。
そう、アメリカの3大ネットワークってニュースもドラマも質が高かったと思う。馬鹿馬鹿しいのはケーブルTVにあって、見たい人は見ればいい、って感じ。日本は普通の地上波チャンネルに随分レベルの高いのから低いのまでごちゃ混ぜになっていて、誰でも見れちゃう。よく見る時間帯、いわゆるゴールデンタイムにはバラエティ番組がずらりと並んでいてそれが目立っちゃうのでどうもレベル低めの番組ばっかり流れてるように感じてしまう。これは良いことなのか悪いことなのか。。。

バラエティ番組が嫌いというわけじゃなくてね、もちろん。お笑い見るもん。面白いもん。でも何だか、もっとバラエティならバラエティなりに、丁寧に作ったらいいのに、と思ったりする。日本のテレビってこんなんだったっけ?

民放の妙なテンションの高さは何だか疲れちゃって、時々NHKの静かな番組を見るとすっと落ち着く。何だか年取ったみたい?と思いつつ。。。
[PR]

by studio-yaya | 2008-09-24 00:00 | Japan/America | Trackback | Comments(0)