カテゴリ:こども( 189 )

 

私立が上という誤解

「私立に行けばいい教育が」という誤解

面白い記事。
中学受験は、最上位レベルの学校なら頑張って入る価値があるけれど、他はそうとも限らない、と(^^;
建学精神は素晴らしくても、時代に合わせた充実した内容とは限らず、旧型教育が続いている場合もある、と。
中学受験は「親の力が9割」というくらい親のサポートが重要で、「特に専業主婦の場合には、自分の人生の成果を測る指標を実感しづらいために、親としてのレベルを確かめるかのようにのめり込んでしまう傾向が強い」んですと(^^;

もちろん、高い目標を掲げて親子ともどもそのための第一歩として中学受験をした家庭もあるだろうけれど。
不安感をあおる教育産業に乗せられた、というのもあるかも。
自分が達しえなかった夢を子供に押し付ける親、という話は聞くことがあるけれど、中学受験もそういう側面があるのかも。「あなたには私と同じ苦労をさせたくない」なんて言って子どもに受験を強要するとかね。


私は今のところは、本人が言い出さない限り中学受験はさせないつもり。
子ども同士いっぱい遊んで、地元の友達と一緒に過ごせばいい。喧嘩したり仲直りしたり、気の合う子を見つけたり、気の合わない子と距離を置いたり。
勉強はそりゃできるに越したことはないし、ある程度やっておいてほしいけれど、せっかくの子供時代の時間の全部を机に向かって過ごしてほしくはない。本人が好きで机に向かうならいいけれど、強制してやらせた勉強が本人の身に付くとは思えないから。

。。。なぁんて言いながらも時々はドリルやってきてやらせたりするんだけどね。

東京にいると、その気になれば日本最上級の教育環境を作ってあげることもできるわけで、それは素晴らしいことだと思うけれど、何よりも本人のやる気だよなぁ、と思う。♪やる気スイッチ、君のはどこにあるんだろー。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-07 22:24 | こども | Trackback | Comments(0)  

夢は世界旅行?

最近、主人公が世界旅行するような絵本を何冊か息子が読んでいて、楽しそう。
小難しい理屈っぽいものじゃなくて、びゅーん!と飛んでピラミッドを見て、またびゅーん!と飛んでタージマハールを見て、って感じの絵本。

ぐっすりメーメさんの世界旅行

マウリ クンナス / 猫の言葉社



息子はそれを見ながら、ピラミッドはエジプトにあるとか、万里の長城は中国だとか、覚えている様子。時々は夫と一緒にパソコンでGoogle Earthの映像を見たりして、ここにあるんだね、こんな風に建ってるんだね、なんて楽しんでる。自分で行かなくてもネットを通じて世界中の風景を見られるって便利だな。

DVD「リトル・アインシュタイン」でも世界の名所を巡るシーンがよくあるので、絵本に出てくる場所を見て「DVDに出てきた!」なんて言ってたりもする。

リトル・アインシュタイン/さいこうの だいぼうけん [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社





そして、イタリアはベネチアのゴンドラ、ニューヨークは自由の女神。。。私が行ったことのある名所が出てくると俄然盛り上がる。お母さんも行ったことあるんだよ、なんて言って写真を見せると子供は大喜び。いいなー行きたいなーなんて言ったりして。

絵本は図書館の、DVDはレンタルショップの借り物だけど、随分気に入ってるようなので買ってもいいかな、なんて思ったり。


世界には、知らない景色がいっぱいある。
日本の中にだって、見たことのない景色がいっぱいある。

いつか行けるよ、あなたたちも(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2015-09-02 21:23 | こども | Trackback | Comments(0)  

シュークリーム

大きくなったらケーキ屋さんになりたいという小3の娘、夏休みで時間があるんだから何か作ってみたら?と言ってみたら、プリンとシュークリームを作ってみたい♪と。

プリンは簡単だけどシュークリームは手間かかるよ。。。

と思ったけどそれは言わずに、昨日はシュークリームに挑戦。
まず、必要な材料の買い出し。近所のスーパーに娘一人で生クリームを買いに。
そして材料を一つひとつ量り、小皿に分けて並べて。
レシピを見ながら混ぜて。

シュー生地をオーブンに入れたところで「お腹すいた」とランチ休憩。
オーブンの中の生地がなかなか膨らまず、ヒヤヒヤ。。。慌てて「シュークリーム 膨らまない」などとググってみる(-_-; 原因はいろいろあるようで、このまま膨らまなかったらやり直しか。。。?ひゃ~。。。

と思ったけど、じわじわ膨らんできて一安心。

ランチ後、カスタードクリーム作り。卵や砂糖や牛乳を鍋でコトコト煮て、ホイップクリームと混ぜて。

焼き上がり、冷ましたシュー生地を切って中にクリームを詰めて。

できあがったらちょうど3時!おやつの時間。なんだかんだで約3時間半もかかった大作だ~!


キッチンに踏み台代わりの椅子を持ち込み、高い天板の上で一生懸命作業した娘。「前にうちで作った時さぁ、お母さん一人でやったんだよねぇ?」と時々ぼそっと言っていた。実際に自分でやってみて、どれだけ手間がかかるのか実感したようで。やってみないと分からないことだよな~、これって。いい経験になったに違いない。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-28 11:09 | こども | Trackback | Comments(0)  

漢字の国の子供達

小学生の娘、宿題に漢字の練習プリントがある。
日本の小学生は、小学校の6年間に、約1000字の漢字を習う。その前にひらがなとカタカナも習う。合わせて約1100字だ。

アメリカでは、アルファベットは26字。大文字と小文字を合わせて52字。
もちろん書く練習はするけれど、「キレイに」書くことにはこだわらない。だからだろう、アメリカ人の手書き文字は雑で読みづらい。読めればOKというレベル。筆記体なんて普段は使わない。

学校で大文字小文字のブロック体を習い、早く書くときにはこれだから、と筆記体を一生懸命練習させられた日本人から見ると、アメリカ人の手書き文字の汚さは唖然とするほどだ。

あのアメリカ人の「読めればOK」な字を見てから我が子の漢字プリントを見ると、ちょっと考えてしまう。
毎日毎日、膨大な時間をかけて、6年間で1100字もの文字をキレイに書ける練習をする必要があるのだろうか? その時間をもっと別なことに使った方が有意義なんじゃないだろうか?

字が綺麗なことは素敵だけれど、綺麗に書くことにそんなに時間をかける必要はないんじゃないか?と思う。手書きがどんどん減ってるわけだし、読めれば充分なんじゃないだろうか。
その時間、もっと別のクリエイティブなことに使ってほしい。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-30 22:23 | こども | Trackback | Comments(0)  

世界の国旗

子供達、世界の国旗を覚えるのがブーム。
息子は幼稚園でフラッシュカードを見て覚えてくるし、娘は小学校の教室にある国旗カードを見て覚えてくるし。
ネットで国旗カードを見つけたので、印刷してみたら、子供達は夢中で覚える。
世界の国旗カード
作ったカード150枚、息子は全マスター。娘もほぼマスター。私も遊びに付き合ってるうちに100枚くらいは覚えてしまった。

そしたら。
私が作った国旗カード、息子が幼稚園で見たカード、家に貼ってある世界地図に書いてある国旗に、いくつか違いがあるのに息子が気付いた。
「これ、幼稚園で見たのと違う」
とか息子に言われて、ネットで調べてみたら。
国旗って時々変わることがあるのね。。。

クーデターが起きて政権交代した時とか、国旗を変えることがあるそうで。
息子は、リビアとマラウイが違ってると。

リビアは、たしかに私は緑一色だったと記憶してるけど、2011年に違う国旗になっていた。
リビアの国旗

マラウィも、2012年に現在の国旗になったそうだ。
マラウィの国旗


昔テレビで駅名とか円周率とか暗記する「天才少年」みたいのを取り上げたりしてたけど、子供って結構誰でもできちゃうものなのかもね。
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-30 16:42 | こども | Trackback | Comments(2)  

サッカー始めました

息子がサッカー教室に入った。
幼稚園の放課後、スポーツクラブの先生が幼稚園の園庭に来て指導してくれるサッカー教室。
我が家は特にサッカー好きというわけではなくて、ワールドカップの時にテレビで見るくらいでしかないので、どうして息子がやりたがるのか不思議なんだけど、ユニフォーム着てボールを蹴ってる姿に憧れたのかも。。。

スイミングか体操か何か、体を動かす習い事をさせたいと思っていたので、やる気になった息子を早速無料体験に行かせて、そのまま入会決定。

教室の様子を見てみたら、準備運動からもう張り切ってニコニコ。そして一生懸命走ったりボールを追いかけたりしていた。一番背の小さい息子だけど、全身で頑張って、楽しんでる。いい光景。
ユニフォームも買ったしね、頑張って続けようね。

そして私は、普段は2時前にお迎えに行かなくちゃいけないんだけど、サッカーのある日は3時過ぎでいいので、ちょっとラク(^^) サッカーの日はちょうど私のゴスペル教室のレッスンと重なるので、レッスン後にお友達とランチする時間ができた(^^)v
[PR]

by studio-yaya | 2015-06-03 23:05 | こども | Trackback | Comments(0)  

運動会2015

土曜日、娘の小学校の運動会があった。
特に運動が得意でもない娘、見せ場は徒競争じゃなくて踊り。と思っていたのだけど。
今年はなんと!徒競走で1位になった。

練習では5人中3位くらいで、まぁうちの子はそんなもんかな、真ん中だしいいじゃん、本番はもっといけるかもよ~、なんてさほど期待もせずに話してたんだけど。
当日。スタートするとスルスルと前に出て、カーブを曲がり終えたら先頭にいる娘。まじで?まじで? そのままトップでゴール!
ひゃ~徒競走で1位なんて、私も夫も経験したことのない快挙。すごいすごい!

家でも張り切って練習していた花笠音頭は。。。緊張のせいなのか、笑顔がなく、踊るのが全然楽しくなさそうに見えた(-_-; 大きく動くんだよ、笑顔だよ、ってチアリーディングの時にも今回も何度も言った気がするんだけど、難しいんだね、娘には。
でも間違えることなくきっちり踊ってたので、よしよし(^^)

どの学年も一生懸命頑張っていて、可愛らしくて健気でなんだかジンと来てしまう。

娘は帰ってきてからも、ずーっと徒競走の話。練習では越せなかった子をカーブのところで越せた、と興奮気味。一生モノの思い出だね、1等賞。
[PR]

by studio-yaya | 2015-05-26 22:37 | こども | Trackback | Comments(0)  

オムライス

オムライスを作ったら。
娘、ケチャップライスに混ぜたミックスベジタブルのグリーンピースを全部ほじくって出して先に食べた。「キライなものは先に片付ける!」ですと。
息子、「卵がしょっぱい」と謎の不満を漏らし、卵をはがして中のケチャップライスだけ食べた。卵は味付けてないのに。しょっぱいとしたらケチャップかけたせいでは?でもケチャップ好きなのに???

卵でキレイに巻いた意味ないじゃん。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-04-22 22:00 | こども | Trackback | Comments(0)  

始業式

娘は3年生! 昨日始業式を迎え、好きな先生が担任になったとウキウキ笑顔で帰宅した。

3月末に咲き始めた桜、入学式までには散ってしまうかと思ったけど、雨にも風にも負けずに今日までもってくれた(^^) しかも、天気予報ではイマイチだったけど、午前中は青空が見えて入学式日和。もちろん進級した娘にとってもピカピカの始業式日和。

学校の勉強も徐々に難しくなるだろうし、いつまでものんびりしてちゃいけないよ、と思うんだけど、親が言ったところで本人に自覚がなきゃ変わらないよね。。。
言い過ぎて本人のやる気を削ぐことがないよう、親は距離の取り方を学ばなくちゃいけないかな、と思ったりもする。でもねー、ほっとくとやらないで済まそうとするしねー、難しいところだー。。。
[PR]

by studio-yaya | 2015-04-07 22:00 | こども | Trackback | Comments(0)  

息子、4歳

娘が8歳になった1週間後、息子は4歳の誕生日を迎えました。
誕生日-バレンタインデー-誕生日と続く我が家、全部まとめちゃいたい気持ちもあるけど、子供にとっては誕生日は自分が主役になれる特別な日、やっぱりそれぞれにお祝いしてあげたい。

そんなわけで、息子用のバースデーケーキを受け取りに。普段なら自転車でサッと行けるお店だけど、雨の中子ども二人と傘を差して歩いたら。。。往復1時間近くかかってしまった(-_-;
息子の好きな「妖怪ウォッチ」のコマさんの絵のプレートをのせてもらったケーキ。大事に大事に持って帰ってきた。

早生まれの息子は、幼稚園のクラスでも小柄な方。でも元気で毎日ニコニコ、ケラケラ笑って過ごしてるし、特に遅れてるようなところもなさそうなので、良し♪
まだ夜はオムツだけど、昼間は自分でトイレに行けるようになった。(大)の始末をしなくて済むようになって、親としては気分的にすごーくラク。

お手伝いがブームで、「やってあげる!」と張り切ってお手伝いをしてくれる。あと何年かすると、手伝いを頼んでも「え~?やだ~」とか言うであろうことは上の子を見ていると分かるんだけど(^^;、ま、今だけでもいっぱい手伝ってもらいましょう。

気に入らないことがあると泣いたり、ちょっと注意されただけで泣いたり、涙で解決しようとしてないか?と思うことが最近は多い。泣けば大きな子は譲ってくれる、それを分かってやってるのかな?と気になるところではあるけど。。。この辺の駆け引きは、徐々に加減が分かってくるんだろうなぁ。泣いても通らないことがある、ってそのうち気付くだろう。
きっと周囲は「泣く子にはかなわないな~」と譲ってくれるだろうと思うので、私はあえて「泣いたってダメなもんなダメ」を教えようと思います。

見たもの、聞いたことをよく覚えている。通ったことのある道はかなりよく覚えていて「○○に行くときに通った道だね」などと言うことがあり、結構ビックリ。娘も息子も、方向感覚がしっかりしていて迷子にならないんじゃないか?と思う。

ひらがな、カタカナは大体読めるようになったみたい。よく見る漢字も覚えたかな。絵本を自分で声に出して読むこともあり、成長したな~と思う。私がゴスペルを聞いたり歌ったりしているので、耳コピで息子も覚える。英語と日本語の垣根なく、聞いたまま覚えて歌って楽しむというのは子供ならではの才能かも。
上の子と二人、ハマってるのは「クレヨンしんちゃん」、ラッスンゴレライ、日本エレキテル連合。アホだな~と思いつつも、真似してる姿は面白いのでつい動画撮ったり。自分の子ども時代もドリフやひょうきん族、アニメを色々見て笑ってた気がするので、まぁ普通の子はこんなもんだよね、ということで。

まだまだ甘ったれで可愛い4歳児です。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-05 22:53 | こども | Trackback | Comments(0)