カテゴリ:こども( 184 )

 

世界で一番えらい人

子供達としゃべっていたら、娘が「おかーさん、世界で一番えらい人って誰?」と訊ねてきた。

うーん、難しい問題だね。。。

世界中の国にはそれぞれ王様や大統領がいるから、国で一番えらい人はそういう人だよね。
でもどの国がえらいってことはないから、その中で「一番えらい」人は決められないかも。
国連っていう世界中の国が集まるグループがあって、そこのトップはえらいかもしれないけど、その人が一人で何でも決められるわけでもないしね。
お金持ってればえらいってわけでもないしねぇ。

なんてウダウダと話す私。

すると息子が
「家来は?」
と。

家来???
家来は、えらくはないよ。。。
だって家来は、王様とかご主人様のお手伝いとかをする人だよ。別にえらくはないんだよ。

息子
「だって、お手伝いしたら、お母さん『えらいね』って言ってくれるよ」

おーーーーーーーーーー! 目からウロコ。


息子にとっては「いい子だね」の「えらい」だったんだね。
権力者、社会的地位が高い「えらい」じゃなくってね。

そうかそうか。だからおままごとしてても、娘が「お姫様やる!」と言うと息子は「ぼく、家来やる!」って言ってたんだね(^^;

面白いなぁ。。。
[PR]

by studio-yaya | 2016-06-13 09:50 | こども | Trackback | Comments(0)  

給食参観日

息子の幼稚園の給食参観日。普段の様子を見て、給食タイムには親も試食させてもらえる。
息子は年長組なので、幼稚園の行事の一つひとつが「幼稚園生活最後の」という枕詞がつく。2年前、年少組の頃は皆小さな体にブカブカの制服を着ていて、参観日には緊張して泣いちゃう子もいたし、字も読めないし、先生の説明も通じてるんだか通じてないんだかって感じの子もいたし。。。その頃に比べると我が子もクラスメイトも成長したなぁ、とシミジミ。

息子の園では、毎日フラッシュカードを見ている。世界の国旗、ひらがな、漢字なんかを数枚ずつ。そして今は気象記号もやっていて、家で得意げに書いて教えてくれたりする。漢字交じりで書かれたことわざも、毎日読んでるうちにそのまま暗記している。
見ているママ達、ざわつく(^^; 「そんなの知らないよ。。。」なんて。
子供達は今は意味も知らずに丸暗記しているだけなんだろうけど、いつか本やテレビを見て「あ、これ知ってる!」と気付く時が来るんだろうな。そしたら、「知ってるから大丈夫」と自信を持って新しい知識に接していけるんじゃないかな。


この先も幼稚園最後の運動会や発表会もあるし、年長組は幼稚園に1泊するお泊り会もあるそうで、まだまだ楽しい行事がたくさん待っている。残り少ない幼稚園生活を満喫してほしいな。
[PR]

by studio-yaya | 2016-05-27 09:48 | こども | Trackback | Comments(0)  

夕焼け小焼け

私の住んでいる町では、夕方5時半になるとチャイムが流れる。懐かしい「夕焼け小焼け」のメロディ。これが子供の帰る時間の目安になっている。4~9月は5時半、10~3月は4時半。

今月からチャイムの時間が遅くなったので、子供達は「いっぱい遊べる!」と大喜び。
娘とは「宿題終わったら5時半までOK、そうでない日は5時で帰ってきて晩ご飯までに宿題やること」と約束している。それでも遊び足りないみたいだけど(^^;

夕方まで思いっきり外遊び。
なんと幸せな過ごし方。


娘は小学4年生。
中学受験を考えている子なら塾通いしてる頃だ。3年生の後半には塾選びをして4年生には通い始める、熱心なご家庭ならもっと低学年から始めている、というものらしい。。。


うちは。。。まだいいや(^^) 公園で遊ぶのを楽しめるのもあと何年かのことだから、たっぷり遊べばいい。学校の授業に後れを取るようでは困るけど、今のところは大丈夫そうだから、塾より公園に行ってほしい。

「世界一貧しい大統領」、ウルグアイのムヒカ元大統領も言っていた。

「日本にいる子供たちよ。
君たちは今 人生で最も幸せな時間にいる。
経済的に価値のある人材となるための 勉強ばかりして 早く大人になろうと急がないで。
遊んで、遊んで、子供でいる幸せを 味わっておくれ。」


ケラケラ笑って遊んで、疲れ果てて眠る。幸せな時間を満喫してね。
[PR]

by studio-yaya | 2016-04-28 09:34 | こども | Trackback | Comments(0)  

チアのユニフォーム

娘のチアリーディングのユニフォームが届いた。
娘が年長の時に始めたチアリーディング、今まではTシャツとスカッツだったんだけど、イベントなどで他のチアのチームと比べるとユニフォームと言うより練習着って感じで明らかに見劣りがしてた(^^;
今回、やっとチアっぽいユニフォームができて、きつくなってきたチアリーディング用シューズも買い替えて、娘は大喜び。

ユニフォームは、ベースとなるデザインが色々あり、形や色を選び、チームのロゴをプリントして。。。という感じで完全受注製作。娘のは赤×白×黒、可愛くてちょっとカッコいい感じ。

ユニフォームとシューズ、結構な出費でした。。。(^^; 娘には、お誕生日プレゼントとして渡しました。万単位のお金かかってるからね。。。

頑張る、ずっと続ける、と言ってるので、お母ちゃんは応援します。
楽しく続けられる習い事に出会えたのは幸せなことだね。
[PR]

by studio-yaya | 2016-03-17 22:28 | こども | Trackback | Comments(0)  

息子、5歳

息子、5歳になりました。

世界遺産ブーム。
初めはピラミッドやモアイ、自由の女神などの分かりやすいものだったけれど、今は日本の世界遺産は全部知ってるし、海外のものも普通の大人が知らないような名前まで口にするようになってきた。
そうは言ってもまだ5歳、歴史的背景などは分かっておらず、写真を見れば名前が言える、という程度なんだけど、それでもなかなかのもの。先日は上野の国立博物館で兵馬俑展を見て大喜び。

あやとりも上手になった。幼稚園でちょっと習ってきたので、私が子供時代の記憶を頼りにちょっと教えたら、すぐに覚えてしまった。図書館であやとりの本を借りてきたら、絵と説明文を見て自分でどんどん新しいものをマスターしていった。
息子は得意になって、新しい技を覚えるたびに、初めにあやとりを教えてくれた幼稚園の先生に披露しては褒めていただいている。

外遊びは、サッカー教室で走り回ったり、公園の遊具で遊んだり。まだ自転車は乗れない。

ひらがな、カタカナは読めるし大体書ける。漢字も地元の地名なんかは読める。あと世界遺産関連で「歴史地区」とか「滝」「寺院」とかは読める(^^;

映画などを見て、以前は戦闘シーンや怪我をするシーンは怖がっていたけれど、最近は少しずつフィクションであることを理解したのか、「うわー!」とびっくりしつつも、面白がって見ることができるようになってきた。
「天空の城ラピュタ」「TAXI」「ブルース・ブラザーズ」などを親子で一緒に見ることができてなかなか楽しかった。

「プチ・ニコラ」という映画がお気に入り。主人公のニコラの髪型を真似て、前髪を横に流してなでつけたりしてる。


お姉ちゃんとキャッキャと笑って、踊って、走り回って、毎日楽しそう。
[PR]

by studio-yaya | 2016-02-19 23:26 | こども | Trackback | Comments(0)  

交通事故?

息子、鼻血が出た。
「おかあさーん、鼻血」と隣の部屋から訴える息子。
その後なぜか
「交通事故~」と。

何だか分からないけどとにかく息子のところに行ってみたら、タラタラ鼻血が垂れていて、でも箱ティッシュがちょうどなくなっていて困っていた。

慌てて隣の部屋からティッシュを持って来て鼻を押さえたり、床についた血を拭いたり。

それにしても「交通事故」って何。。。?



私の予想では、「緊急事態」と言いたかったのかな、と(^^; ティッシュが無くて困って緊急事態、と言いたかったのかな、と。

もうすぐ5歳の息子、まだ言いたい言葉がうまく思いつかないみたいで。おもしろい。
[PR]

by studio-yaya | 2016-02-17 23:50 | こども | Trackback | Comments(0)  

娘、9歳

娘、9歳になりました。

誕生日には好きなメニューをリクエストできることになっている我が家。娘のリクエストは「お父さんの手こねパスタ」。夫は張り切って準備して。。。と思いきや、「それじゃ材料量って~」「こねて~」と娘に指示。お父さんの手こね、じゃなく娘との共同作業になっていた。
コールスローサラダ、ピンチョス、ミートローフと手こねパスタ。家族4人で晩御飯食べて、食後にはケーキ。世界遺産ブームの我が家、今年のケーキは世界遺産のエッフェル塔の絵のプレート付きケーキを作ってもらった。こんなヘンテコなリクエストに応えてくれたケーキ屋さん、ありがとうございます(^^;

3年生の娘、学校の勉強も難しくなってきたけれど、楽しく頑張っている様子。漢字の部首名も随分覚えたし、算数も割り算、繰り上がり、繰り下がり、そろばんでの計算、と色々覚えた。お習字の授業もあるし、音楽ではリコーダーも吹いている。2年生までは授業の進度が遅くて「こんなんで大丈夫?」と思ってたけど、やっと小学生らしいレベルになってきたような感じ。
我が家は世界遺産ブームで、娘も随分色々覚えた。国内外の名所を覚えたのはもちろん、世界地図を見て国名や場所を覚えたのも良いし、テレビで海外のどこかが映ると「これ知ってる!」と嬉々として見入ったりしている。どこかで見聞きしたものについて「これも世界遺産だよ」と私が言うと、「そうなの!?」と食いついて説明に聞き入ったりする。自分の知らない世界に興味を持つきっかけになったようで、すごく嬉しい。

一人でお留守番するのにも慣れてきた。寂しくて泣いちゃってたのはいつのことか(^^;、今は一人でテレビ見てお菓子食べて、週イチくらいのお留守番タイムを満喫してる様子。
放課後にお友達と遊ぶ約束を取り付けて、家や学校の校庭、近所の公園で遊んだり。遊べる子がいなければ弟とキャッキャと遊び。ケラケラ笑って毎日楽しそう。

今年の誕生日プレゼントは、チアリーディングのユニフォームとシューズ。今までのTシャツと違い、チアらしいカッコいいものに変わるので、届くのが楽しみ。

9歳、ここのつ。"~つ"のつく最後の歳。
「"つ"がつくうちは膝の上」と言い、抱っこしたりするスキンシップを大事にするべき時期らしい。結構大きくなった娘だけど、まだべったりひっついてくることがある。もうじきこんな甘え方もしなくなるんだろうなぁ、と思うので、今は甘えてくる娘の気持ちをちゃんと受け止めてあげたい。

元気にニコニコと過ごしている娘の姿はキラキラとまぶしい。大きくなるにつれて色々面倒なこともあるだろうけれど、このまま元気に成長してほしいな。
[PR]

by studio-yaya | 2016-02-16 23:04 | こども | Trackback | Comments(0)  

世界遺産ブーム、継続中

世界遺産ブームの子供達を見て、「好きこそものの上手なれ」だよなぁ、と思う日々。

何冊か買った世界遺産関連の本、図書館で借りた本を見て、子供達は次々に世界遺産の名前を覚えていく。自由の女神みたいなメジャーなものはもちろん、聞いたこともないようなものもどんどん覚える。

覚えた世界遺産の名前を紙に羅列していく。まだ4歳の息子には難しいけれど、分からない字があれば私に聞いてくる。
「"シェ"ってどう書くの?」
"シェ"?モン・サン・ミシェルの"シェ"?
「ううん、シェーンブルン宮殿の"シェ"」
みたいな会話が最近の我が家の日常。

覚えると、テレビを見るのも楽しくなってくる。海外のどこかの風景が映ると、知っている建物や風景を見つけては「あ!エッフェル塔!」「これ姫路城に似てない?」「サグラダファミリアだ!」と盛り上がる。

本人達に自覚はなくても、字の読み書きも世界地理も勉強している。勉強という意識なんてまるでない、ただただ世界中にある美しい景色、素晴らしい建築物の写真を見たり覚えたりするのが楽しくて仕方がないだけ。
やる気スイッチが一度オンになると、こうなるんだなぁ、と感心。

話しについていけなくなると嫌なので、お母ちゃんも世界遺産検定の本読んで頑張るよ。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-20 22:44 | こども | Trackback | Comments(0)  

お年玉でお買い物

子供達と、お年玉を持ってお買い物へ。
何を買うのか?と思いきや。。。結局息子は何も買わず。娘はビーズを収納するケースを100均で買っただけ。
あれ? そんなもんで満足ですか。。。?(^^;

二人とも、クリスマスプレゼントをもらって満足してるし、必要な文房具類は親が買い与えているし、しかも来月には誕生日が控えていて多分プレゼントをもらえるだろうという気持ちがあるので、「これが足りない」「これが欲しい」という感情は薄いのかも。。。
いつになくじっくりおもちゃ屋を見て、本屋で絵本をあれこれ見て、楽しそうではあったけれど、それで満足だったみたい。

私が今の娘と同じ頃には、サンリオショップとか行ってキャラクター付の文房具を買うのが楽しみで仕方なかったなぁ。1月2日の親族の新年会でお年玉をもらい、そのうちのいくらかを持って3日か4日に買い物に行く。それが恒例行事で、自分の好きなように使っていいというのが嬉しくて仕方なかった。その日はデパートの中の喫茶店や普段行かないファーストフードでお昼ご飯を食べる、というのも恒例で、これまた楽しみで。

うーん。
好きなように買い物をするという楽しみが我が子たちにはまだ分かってないのか?
満たされすぎていて、欲しい!という感情を持てないのか? 甘やかしすぎか?

もうちょっと盛り上がると思ったんだけどなー、とちょっとがっかりしつつ、使わなかったお年玉は大切に貯金しておくことに。

上の子はもうすぐ小学4年生。そろそろ、親が買い与えるものでなく自分で選んだものを持ちたがるようになるのかな。。。
[PR]

by studio-yaya | 2016-01-06 21:36 | こども | Trackback | Comments(0)  

英検Jr

英検Jr(えいけんジュニア)、というのがある。
英検のこども版、と言えばいいだろうか。テストと言っても読み書きはなく、聞く力のテスト。絵を見て、説明を聞いて答える、という形なので読み書きできない子供でも挑戦できる英語テスト。
試験は合格/不合格ではなく、正答率が出される。
読み書きはせずにコミュニケーションを重視するというものなので、小学校の外国語活動と重なる感じもするな。

問題集なども出ているけれど、オンライン学習もできる。絵を見て当てはまる説明文を選ぶとか、ヒントを聞いて該当するものを選ぶとか、会話の答えとして正しいものを選ぶとか、見て聞いて答える方式。たくさん学習すると、ご褒美でちょっとしたゲームもできるようになる。
電子ゲームの類をあまりやらない我が家では、子供にとってはこれが結構楽しいようで。楽しそうにドリルをこなし、いっぱいやったら「ゲームもやっていい?」と聞いてくる。

Bronze(銅)、Silver(銀)、Gold(金)の3つのレベルが用意されている。
娘も息子も以前Bronzeはクリアした。そして暇そうな(失礼(^^;)息子に「やってみる?」と声を掛け、Silverにも挑戦してみたところ。見事正答率81%を叩き出した。
息子、なかなかやるんじゃん♪

この次はGoldレベル、少し読みの知識も必要らしい。さらに上の英検5級となると、読み書きができないと合格は難しいようで、4歳の息子には難しいか? でも大人の心配なんて飛び越えて、この子なら合格するのかも、という気もする(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2015-12-03 23:16 | こども | Trackback | Comments(0)