消費すること、発信すること

ラジオか何かで、日本人の若者はyoutubeとかいろんなツールを使うけれど、他の国と違って見るだけ、消費するだけの割合が多く、自分で何かを作って発信する側は少ないんだとか。

発信・・・youtubeで動画を作るとか、アニメーションを作るとか、ゲームを作るとか。。。
消費・・・youtube見るとか、マンガやアニメを見るとか、ゲームをやるとか。。。

与えられたものを消費するだけなら、高度なデジタル機器を持つ意義はないよなぁ、と思う。
ITスキルが大切、子供もプログラミングの知識が必要、これからはスマホやパソコンを操作できて当然。。。と思わなくはないけれど、重要なのは発信する側としてのスキル。消費するスキルなんて子どものうちから高める必要はない。

小学校の授業でもパソコンの時間があったりして、あ~うちの子にもデジタル機器触らせなくちゃ、と焦ってスマホだのタブレットだの使わせるご家庭もあるかもしれませんが、"消費"するための使い方はすぐに覚えられるものなので、小さなお子さんに使わせる必要はありません。使わせるのだとしたら、"発信"するための使い方を意識するのがいいと思います。

"発信"の仕方が分からない?
それはたぶん、親御さん自身も"消費"しかしていないから。
"発信"のやり方を親子で一緒に学んでいくというのはいかがでしょう?
[PR]

by studio-yaya | 2017-03-08 09:05 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/26704264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 東京からサッカーのスター選手な... 娘のバレンタインクッキング >>