再び世界遺産検定に挑戦!

息子は4級に再挑戦。前回、私と娘と3人で受験し、息子は一人だけ不合格。認定証が自分だけもらえなかったことを泣いて悔しがった。
その後はテキストを読み直し、過去問を解き。。。一度受験して、試験の流れもマークシートの書き方も分かったので、後は知識を蓄えるだけ。。。なのだけど、なにしろ5歳児、漢字の読み方や言葉の意味も覚えていかなくては。。。

娘は今回は3級に挑戦。でも、さほどテキストを読んでいるようには見えなかった。。。(-_-;
テキストも読まずに過去問に挑戦し、惨敗して「なんで前(4級)と違う問題ばかり出るの~」と当たり前のことに嘆いていた(^^; だから勉強しないと受からないんだってば。。。

ちなみに、4級は国内の世界遺産すべてと、海外の著名な世界遺産合わせて44件が試験範囲。
3級は、国内の世界遺産全てと、海外のもの合わせて100件。
2級になると、合わせて300件が試験範囲で、
1級は全世界遺産=現時点で1000件以上ある全て。

2級以上は相当マニアックかと思われます。。。(^^;



級によって受験時間や部屋が違うので、4級を受ける息子の付き添いがてら、夫も受験することに。忙しい仕事の合い間にパラパラとテキストを読んで、さて合格できるかどうか(^^;


私も娘と一緒に3級を受けたけれど。。。難しかったな(^^; 過去問集には無かった、馴染みのない言葉、問題が結構あって。もちろんテキストには載っている内容なので、しっかりテキストを勉強していれば解けるんだろうけど。えぇ、えぇ、勉強不足ってことです(-_-;
テキストには無い時事ネタも絡んでくるので、このへんは子供には大変かも。娘とはヤマを張っていくつか話をしておいて良かった(^^) オバマ大統領が原爆ドームを訪れた話、今年は上野の国立西洋美術館が登録されそうだという話。

試験会場では、試験官の方が子供に目を配ってくれて助かりました。試験問題の封シールを外すのを手伝ってくれたり。
前回4級を受けた時の会場には小学生もチラホラいたけれど、さすがに今回の3級の会場には子供の姿は少なく、小学生は多分我が家の娘とあと1人。中学生くらいの子も2~3人というところ。


さてさて。結果が分かるのは約1か月後。
合格したらスイーツ食べ放題!の約束。どうなることやら(^^)
[PR]

by studio-yaya | 2016-07-11 09:36 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/26001588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< もう夏休み 夕立と、夜の散歩 >>