家族の時間

我が家、子供が小学3年と幼稚園年中。

大きなお子さんをお持ちの先輩ママさんに聞くと、子供が中学生になって部活を始めたりすると、家族で過ごす時間が激減するらしい。週末も部活の練習があり、その他に塾通いもしたりすると、もう子供が忙しすぎて家族で旅行やお出掛けができなくなるらしい。

今は我が家は夏休みや冬休みに実家に帰ったりできているけれど、これもあと3年くらいしかできないのか。。。?

子供の記憶に残るくらいの歳で、家族行事につき合ってくれて、しかも祖父母が孫と遊べるくらいの時間と体力があって。。。という幸せな時期は意外と短いのかもしれない。


そんなことを考えながら、今年の夏には私の両親と3世代キャンプ。
といってもアウトドアグッズを持っていないので、キャンプ場のバンガローを借りてのお手軽キャンプ。寝るのはベッドだし、部屋にはテレビもあるし、至れり尽くせりすぎる?という感じもしたけれど。
キャンプ場内の遊具で遊び、夕方にはBBQグリルに火を入れて、お腹いっぱい食べた後は花火をして。いつもと違う寝床で落ち着かず、夜中に起き出してみたり、うるさいハエを退治してみたり。
ただただ一緒に過ごす、それだけが何だかとても楽しかった。
日没とともにテントやバンガローの前で夕飯の支度が始まり、炭火の煙が立ち上る様子は、とても自然な人間の生活に戻った感じがした。

夫の両親とは3世代芋煮会。
こちらも「手ぶらで芋煮会」プランを使ったお手軽コース。一緒に料理を作って、一緒に外で食べる。ちょうど天気も良くて、緑に囲まれての芋煮はとても気分が良かった。

子供達の記憶に、祖父母との時間が「楽しい思い出」として残りますように。
いっぱい遊んでもらったこと、愛情をもらったことを感じられますように。
[PR]

by studio-yaya | 2015-12-29 10:43 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/25220275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 同期会! クリスマスイブ2015 >>