Back To The Futureの日

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で主人公がタイムマシンで未来に移動する、その移動先が2015年10月21日、つまり今日なんだって。
映画の中では、30年前の人々が考えた「30年後の未来」が描かれている。空飛ぶスケボーとか、空飛ぶ車とか、実現できてないものも多いけれど、以前NIKEが自動的に靴ひもを締めてくれるスニーカーを発表したり、実際に開発された技術もあって、なかなか面白い。本当に必要なもので、必然的に開発に至ったものもあるだろうけれど、この映画で見たから開発しようと思ったものもあるはずで。NIKEのスニーカーなんて絶対そうだと思うし。そう思うと映画の影響力ってすごいし、30年前にこの映画を作った人たちの想像力、創造力はすごい。

日本だとアニメが同様の役割かな。「ガンダム」や「パトレイバー」を見た子が大学の工学部に進み、二足歩行ロボットを作ったりする。「キャプテン翼」を見た子がサッカーにのめり込み、かつては夢物語でしかなかったヨーロッパへの移籍を実現させ、有名クラブチームで活躍するまでになっている。

ありえない、無理でしょ、と思うようなことも架空の世界では実現できる。そして、それを見た若い世代が10年後、20年後にそれを実現させる。

今、2015年の私達が30年後を描いたら、どんな世界になるのだろう?

自分の30年前を考えると。。。我が家にビデオデッキはなく、テレビにリモコンはなく、好きな歌はカセットデッキをテレビの前に置いて録音。電話は一家に一台、FAXも留守電も携帯電話もなく、インターネットももちろんなく。電気自動車も、薄型テレビも、Skypeも、あれもこれも。。。当時の自分には、今の世界は想像できなかっただろうと思う。


30年後の世界。。。
どんなテクノロジーが現れるのか?
勿論興味はあるけれど。
どのくらいみんなが幸せに暮らせる世界になっているのか?
肝心なのはそこだよな。どうなってるんだろ?
[PR]

by studio-yaya | 2015-10-21 22:35 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/25015783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ママ・マルシェ準備中 マタニティマーク >>