皮膚科ジプシー

湿疹がひどくて、皮膚科へ。
電話がつながらなくて予約できなかったんだけど、待つ覚悟で。
2時間待ち覚悟で暇つぶしの本2冊も持って行ったけど、実際は50分待ちで済んだのでラッキー。

ここは評判が良いようで、待ってる間にも続々と電話が来て、次々と予約が埋まっていく。10本くらいは来てたんじゃないかな。受付にいる3人の女性のうちの1人はほぼ電話担当って感じ。
そして、「予約してないんですけど診てもらえませんか?」という私みたいな患者さんが私の後にも3人来ていた。

うちの街、皮膚科専門の病院はここだけ。結構高齢な先生が一人で見てくれている。予約しようと電話してもなかなか繋がらず、繋がっても予約が取れるのは1週間後とか。
市内の他の「皮膚科」は複数の診療科目を持っているところばかり。いくつか行ってみたけれど「今日は皮膚科の先生いないんですよ」と言われたり、残念な感じ。


皮膚科って開業するのは簡単そうだと思うんだけどな。高額な医療機器が必要無さそうじゃん、CTとか。そして緊急性がない場合が多いから、急患に深夜に起こされることもなければ、自分の都合で休診日作れそう。いまどきはアトピーの子供も結構いるから、それなりに患者も多そう。
なのに、あまり多くないような。


薬が効いてくれるのを祈りつつ。
おじいちゃん先生が診療を続けてくれるのを祈りつつ。
[PR]

by studio-yaya | 2015-10-02 23:10 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/24956245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 保護者はお客様? ゴスペルレッスン >>