ロボットPepper

中小企業大学校東京校にて「特別講演:ロボットPepper ソフトバンク首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男 氏」なるものが開催されたので行ってみた。
ソフトバンクが突然発表したロボットの開発の話や、Pepperが活躍する姿の動画、面白かった。

質問させていただいたところ、今のところPepperは「世界初の感情を持つ・感情を理解するロボット」だそうだけど、これが開発されたことで恐らく他企業、海外でも同様のロボットの開発が一気に進むだろう、とのこと。日本のロボットの技術は素晴らしいけれど、これからどんどんライバルとなる技術が出てくるだろう、と。

ロボットの技術、ヒト型のルックス、人工知能。色んな技術のどれかを突き詰めるのもアリ。でもソフトバンクは「情報技術で人を幸せにする」という目的のため、人間の子供に近い大きさで、一般家庭に置けるくらい(といってもまだまだ高いけど(^^;)の価格で、壊れにくいロボットを作った。ふむふむ~。
ヒト型ロボットにこだわるのはやっぱり鉄腕アトムやドラえもんなどの影響もあるのかもしれないけど、単純な人力の置き換えではなく、人との共存を考えたのがPepperなのね。

こういう講演が地元で開かれて、直接お話を聞けて大満足♪


それにしても。会場に入ると白髪の聴衆がずらり。。。

なぜ?と思ったら、この講演会の企画者がシニア世代で。その方のネットワークを通じて多くのシニア世代が参加されたようです。ビジネスユースを狙ってるであろう大企業の方もいらしたし、中小企業大学校という場所柄、IT技術で起業を考えている方もいたけれど、それでも目に付くのはシニアの多さ。ま、皆さんスマホやタブレットで写真を撮ったり、デジタルデバイスを使い慣れているようだったけれど。講演やりづらかっただろうな。。。(^^;
[PR]

by studio-yaya | 2015-08-25 21:27 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/24824827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 起立性低血圧? 妊娠しやすいのは22歳? >>