うるう秒2015

うるう秒。今日は1秒だけ長い日だったらしい。
「8時59分59秒」の後に「8時59分60秒」があったそうだ。

IT業界の人には胃が痛い日だったろうなぁ。。。と元IT屋は思う(^^;
日本の金融市場が開くのが午前9時。その直前に1秒挿入。万が一トラブルが起きても、対応は市場オープンに間に合わない。。。
金融市場はいまやシステムの力が強く、人間ではかなわないコンマ以下の秒数で取引が繰り返される。そんな世界では1秒は大きな時間、しかも市場のオープン=前場寄りのタイミングは売買発注が多く、ここでシステムトラブルが起きたりしちゃうと大きな損失になる。

実際のうるう秒の前に、もちろん繰り返しテストをして、システムに問題がないことを確かめているはずだけど、それでも無事にシステムが稼働するかどうか、IT屋はドキドキのはず。

特別大きなニュースが報道されていないので、あちこちのシステムは無事に稼働したようで。。。よかった。


ちなみに、ラジオでTOKYO FMを聴いていたら、ここではうるう秒の100秒前から1秒に1/100秒を加えてちょっとずつ時間をずらし、「8時59分60秒」を作らないという対応をしたそうだ。なるほど~、そういう手もあるのか。
[PR]

by studio-yaya | 2015-07-01 23:33 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/24646746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 犬猫アレルギー 漢字の国の子供達 >>