息子、4歳

娘が8歳になった1週間後、息子は4歳の誕生日を迎えました。
誕生日-バレンタインデー-誕生日と続く我が家、全部まとめちゃいたい気持ちもあるけど、子供にとっては誕生日は自分が主役になれる特別な日、やっぱりそれぞれにお祝いしてあげたい。

そんなわけで、息子用のバースデーケーキを受け取りに。普段なら自転車でサッと行けるお店だけど、雨の中子ども二人と傘を差して歩いたら。。。往復1時間近くかかってしまった(-_-;
息子の好きな「妖怪ウォッチ」のコマさんの絵のプレートをのせてもらったケーキ。大事に大事に持って帰ってきた。

早生まれの息子は、幼稚園のクラスでも小柄な方。でも元気で毎日ニコニコ、ケラケラ笑って過ごしてるし、特に遅れてるようなところもなさそうなので、良し♪
まだ夜はオムツだけど、昼間は自分でトイレに行けるようになった。(大)の始末をしなくて済むようになって、親としては気分的にすごーくラク。

お手伝いがブームで、「やってあげる!」と張り切ってお手伝いをしてくれる。あと何年かすると、手伝いを頼んでも「え~?やだ~」とか言うであろうことは上の子を見ていると分かるんだけど(^^;、ま、今だけでもいっぱい手伝ってもらいましょう。

気に入らないことがあると泣いたり、ちょっと注意されただけで泣いたり、涙で解決しようとしてないか?と思うことが最近は多い。泣けば大きな子は譲ってくれる、それを分かってやってるのかな?と気になるところではあるけど。。。この辺の駆け引きは、徐々に加減が分かってくるんだろうなぁ。泣いても通らないことがある、ってそのうち気付くだろう。
きっと周囲は「泣く子にはかなわないな~」と譲ってくれるだろうと思うので、私はあえて「泣いたってダメなもんなダメ」を教えようと思います。

見たもの、聞いたことをよく覚えている。通ったことのある道はかなりよく覚えていて「○○に行くときに通った道だね」などと言うことがあり、結構ビックリ。娘も息子も、方向感覚がしっかりしていて迷子にならないんじゃないか?と思う。

ひらがな、カタカナは大体読めるようになったみたい。よく見る漢字も覚えたかな。絵本を自分で声に出して読むこともあり、成長したな~と思う。私がゴスペルを聞いたり歌ったりしているので、耳コピで息子も覚える。英語と日本語の垣根なく、聞いたまま覚えて歌って楽しむというのは子供ならではの才能かも。
上の子と二人、ハマってるのは「クレヨンしんちゃん」、ラッスンゴレライ、日本エレキテル連合。アホだな~と思いつつも、真似してる姿は面白いのでつい動画撮ったり。自分の子ども時代もドリフやひょうきん族、アニメを色々見て笑ってた気がするので、まぁ普通の子はこんなもんだよね、ということで。

まだまだ甘ったれで可愛い4歳児です。
[PR]

by studio-yaya | 2015-03-05 22:53 | こども | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/24208684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「いじめっこいじめられっこ」... 「思うは招く」 >>