クリスマスプレゼント

私の両親から子供達へ「好きな本でも買ってね」とクリスマスプレゼントを現金でいただいたので、本を選ぶべく、大きな本屋へ。
何でもいいよ、1人2冊選んでね。
子供達にそう言って、子供向けの本のコーナーを一緒に見て回った。

が、お目当ての"学研ひみつシリーズ"はビニールでピシッとラッピングされていて、中が見られなくてちょっと残念。ネット販売じゃなく実店舗に来たのは、パラパラと本の中身を見て選びたかったからなんだけどな。。。

それでも、子供達は子供向けの本のコーナーを行ったり来たり、1時間ばかりウロウロして、本を選んだ。
3歳息子は絵本を2冊。「くだものさん」と「パンどうぞ」。どっちも食べ物だな(^^)
7歳娘は、"ひみつシリーズ"と似た感じのドラえもんのシリーズ本を1冊と、ちびまる子ちゃんを1冊。
ちなみに。。。なんでちびまる子ちゃん?と思ったけど、「まる子が生まれた日」というお話が娘には印象的だったようで、パラパラと立ち読みした後に「お母さん、ゆきのが生まれた日のこと、教えてくれる?」と。。。時々写真を見せたりお話したりしたことはあったけど、娘の方から「教えて」と言われたのは初めてかも。
そうかそうか。今度ゆっくり話そうね。
どんな日に生まれてきたか。お父さんとお母さんがどんなに嬉しかったか。

夫の両親には、積み木をお願いした。
7歳と3歳に今さら積み木?と思われるかもしれないけど、これが結構ハマる、子どもも大人も。
いただいたのは、"MUGEN BLOCKS"という200ピースの積み木セット。全部が同じ形で、これをひたすら積み上げてタワーにしたりして遊ぶんだけど、これがやり始めると大人もついつい真剣になってしまう(^^;
手先を動かしたり、バランスを考えたり、静かに積み上げる集中力が鍛えられたり、と、楽しいだけじゃなく何となく頭にも良さそうな感じ。
似たようなもので"KAPLA"や"楽つみき"などもある。どれも単純な同じ形のピースが大量にある。"KAPLA"は児童館や科学館なんかにも置いてあるので、メジャーなモノなんだろう。我が家も西東京の六都科学館、四谷のおもちゃ博物館に置いてあるので遊んだなぁ。そこで楽しさを知ったので今回クリスマスに同じようなものをリクエストした。
積み重ね、崩れて、キャーキャー言って、かなり楽しんでいる様子。

サンタクロースからは、娘はけん玉、息子は「アンパンマンのメロディ携帯」というおもちゃ。希望通りのものが届いて2人とも大喜び。
娘は本当はNintendo DSが欲しかったらしいけどね。お母さんが「サンタさんにお断りの手紙書いてあげる。時間守れない子にはまだ無理だから」と言ったら諦めました。DS持ってる子結構いるみたいだけど、電子ゲーム系はまだ早いかな、と。

いっぱいプレゼントもらえて、本当に幸せ者だな~。
[PR]

by studio-yaya | 2014-12-26 23:08 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/23930263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 英語版? クリスマスイブ >>