やはり、あるのか

娘の学年のママさん達10人ほどでランチ&情報交換。
まだ小学2年生だというのに、いじめが起こっているクラスがあると聞き、かなりショック。。。

娘は良い先生に恵まれ、クラスの雰囲気はとても良いようだ。元気な子、ふざけん坊の子もいるけれど、先生は叱る時は叱り、褒める時は褒め、目標達成したらご褒美にお楽しみの時間を設けてくれたりして、娘は毎日楽しく学校に通っている。
なのに。
同じ学年の別のクラスでは、いじめが起こっているというのだ。
たまたま我が子は別のクラスで、そのトラブルに巻き込まれずに済んでいるけれど、もし同じクラスにいたら、娘だって巻き込まれたかもしれない。そう思うと怖い。そしていじめられている子の気持ち、その子の親の気持ちを思うと、ただただ怒りと悲しみがこみあげてくる。それは、いじめる子に対してもあり、きちんと対応してくれていない(ように見える)学校に対しても。

被害に遭った子、現場を見た子の複数の親からの申し出があり、学校側もやっと対処しつつあるらしい。そのクラスは授業公開、つまり保護者などが授業風景を見に行っていいことになったそうで、教師の他に親の目も加わることになった。

我が子は巻き込まれていない。
でも、娘の学校では毎年クラス替えをするので、そうしたら巻き込まれるかもしれない。
万が一そんなことが起こった時、今の学校の対応ではかなり不安。。。
できるこがあれば、したいなぁという気持ち。今苦しんでいる子のため、その親御さんのため、いつか巻き込まれないとも限らない我が子のため。。。
[PR]

by studio-yaya | 2014-12-05 22:43 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/23838753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「新・戦争のつくりかた」 サンタさんへのお願い >>