マンカラ

マンカラ、というゲームを娘が教えてくれた。
娘は児童館でお友達に教わったそうだ。

おもしろい(^^)

駒36個とそれを入れる箱12個があればOK。駒はおはじきでもビー玉でもいいし、なんなら石ころでも。箱だってプリンの空きカップとかでいい。

考えながら進めていかないと勝てないので、娘も何やらいろんな作戦を試行錯誤している。考えた戦略で勝てないと時には泣いて悔しがる。。。

小学生にもなってゲームで負けたくらいで泣くなよ。。。と思ったけど、いや待てよ、真剣に考えてやったからこそ悔しくて泣くのか?と思ったら、しゃくりあげる娘の姿は幼さではなく成長の表れなのかもしれない、という気もしてきた。

オセロも頭を使うけど、相手の打つ手や作戦が多すぎて自分の作戦通りに進めるのは小さな子には難しいようで、娘にとってはあまり面白くなさそう。マンカラの方が相手の作戦が見えやすく、自分の作戦も立てやすそう。
[PR]

by studio-yaya | 2013-11-09 22:00 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/21427034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< よみうりランド行ってきました 折り鶴 >>