少子化対策、メモ

中所得者層には「子ども一人育てるのに3000万円かかる」という言葉が見えて、
低所得者層は「目の前の子ども手当月額1万5千円」が見える。
ような気がする。


中所得者層には、月額1万5千円の手当なんてあってないようなもの。その先にある「3000万円」にビビッて、子だくさんになるのを躊躇する。

低所得者層、さらに低学歴で子供にも学歴を期待しない親にとっては、目の前の子ども手当は魅力的。たくさん産んで中卒や高卒で働かせる予定で、大学なんて金のかかるところに行かせるつもりはない。

高所得者層は、というと、代々続く資産家はごく少数だからおいといて。高学歴高収入世帯の中には夫婦そろって高収入共働きというケースも結構ある。その場合、仕事がおもしろいから子供は産まないとか、仕事に熱中してる間に産み時を過ぎてしまったとか、仕事と育児の両立を考えるとせいぜい産んでも1人かな、とかいうケースが考えられる。


。。。って考えると、子ども手当をばらまいたところで、産むのは低所得者層だけだ。

国は、誰に産んでもらいたいんだろう? 低所得・低学歴層でいいのかな? 狙うべきは高所得層じゃないのかな? 高所得共働き層に働きかけて産んでもらうのがいいんじゃないのかな? 共働きでも産めますよ、と安心させる政策って何だろう? 保育所増設で待機児童をなくするとか、出産育児を理由に退職しなくて済む制度作りとか、仕事復帰しやすい環境作りとかじゃないのかな?
もちろん、理想は誰もが安心して産める環境だろうけど。。。


少子化問題はいろんな要因があって難しい。いろんな切り口があって、簡単に分析できるものではないし、解決も簡単ではなさそう。でもそのこんがらがった問題を解きほぐして考えるのもおもしろい。

ケース分析がステレオタイプすぎるかもしれないけど、そういうケースもあるよね、という程度で考えていただければ。
[PR]

by studio-yaya | 2013-04-10 22:00 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/20266581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ひみつきち 入学式 >>