病児保育事業

チビすけ、市の病児保育のお世話になった。
病児保育

市がやっている病児・病後児保育事業。小児科の2階に保育室があり、小児科医が診察してくれるし、薬も飲ませてくれる。よほどの急変の場合は保護者に連絡が来るんだろうけど、症状に大きな変化がなければそのまま預かってくれる。
実家が遠くて頼れない我が家にはとてもありがたいシステム。民間のベビーシッターもあるけど、1日預けようと思ったら万札がヒラヒラと飛んでいくので。。。1日2000円の病児保育事業はとても助かる。

普段の保育園とは持っていくものが違うので、前日から持ち物リストを見ながら準備(^^; 着替え、おむつ、バスタオル、ビニール袋、etc。昼食とおやつは当日朝に用意。といっても食欲がないので、とにかく好きな物をあれこれ。バナナ、ヨーグルト、ビスケットや卵ぼうろ。。。何でもいいから食べてくれ、と。

当日は、8時に病児保育、8時半に娘の保育園、そしてパート先へ。慌ただしい(^^; でもかかりつけ医が近くにいる病児保育なので、気持ち的に安心できる。

夕方、台風が近づいているので早めに仕事をあがらせてもらえた。
息子を迎えに。
チビすけ、診断は"ヘルパンギーナ"。発熱と口内炎が特徴らしい。口内炎のせいで食欲が落ちたり、飲み込むのがつらいのでよだれが多くなったりするそうだ。たしかに昨日から食欲無かったもんなぁ。。。熱は1日くらいで治まるそうで、今日は38度台まであがることはなかったそうだ。



病児保育、うちの市は定員6人。今日はチビすけの他に2人いた。
ん~、インフルエンザの時期とか定員オーバーしそうな。。。(-_-;
[PR]

by studio-yaya | 2012-06-20 00:38 | こども | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/18466271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6.22首相官邸前デモ チビすけ発熱 >>