瓦礫受入れ

河野太郎氏のブログ
この人は結構頑張ってくれているように思ってたけど、こと瓦礫処理については、残念な感じ。
瓦礫処理推進派の理屈を見事に並べ立ててくれている。日頃きちんと情報整理してブログを書いてくれているので、今回も非常に整理されている文章だ。推進派の理屈がよく分かる。

例えば、外部被曝と内部被曝の混同。

例えば、バグフィルター。
http://onodekita.sblo.jp/article/49107504.html
「パンツでおならは防げない」が反対派の主張。微粒子は除去できても気体は除去できない。

Q&Aの1つ1つに突っ込みたい気分(^^;
汚染焼却灰、土壌から作られた建築資材とかが問題になってる時に、なぜ受け入れるかね?



受け入れ表明した市町村での説明会では「受け入れないと被災地が困っている」と説明されてるけど、当の被災地は「他で処理するくらいならここに処理場を作ってくれ。その方が雇用も増えるしありがたい」と思ってる。。。なんて話もネットに流れてるし(私が直接聞いたわけじゃないので、あくまで噂ということで)。


何メートルにもなる瓦礫の山の巨大さを見ると、貨物コンテナで他の町まで運んで処理するなんて馬鹿らしいことと思う。ちまちま小さすぎて。何か月、何年かけるつもりだ、と。現地に焼却処理場を作った方がよほど効率的。ついでにそこでタービン回して焼却熱から発電でもすればいいのに。
受け入れは善意ではない。補助金目当てだ。
善意だというのなら、補助金なしで受け入れてみろ。
[PR]

by studio-yaya | 2012-02-09 09:26 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/17770597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ともくん 東通村ってどんなとこ? >>