食のプロの、食の安全

テレビの料理番組を見るたび、思ってた。
これだけ「シイタケから基準値超えるセシウム検出」なんてニュースが続々と流れる中、秋には「季節のキノコを使ったお料理を♪」なんて言ってた。この人たち考えてるのかな、食べ物を紹介する番組の人が食材の安全のこと考えないのかな、と不思議でしょうがなかった。

でも、考えてる人は考えてるんだ。

枝元なほみさん(@eda_neko)のツイート:
----------
わたしは料理の仕事が好き、たくさんの人が食に関心をもって生きていけたら未来は明るいんじゃなかろうか、と思ってきたんだよね。でもさ、仕事のメニューを考えるときも、買い物に行くときもここのところ、考え込んでしまう。落ち込みがちになってしまう。なぜって原発のこと、放射能のこと。

今日は春のメニューを作るのだった。春に旬を迎えるアサリの前でうーんと唸って謝るような気持ちでやめた。美味しそうな金目鯛を買ったけど、さて3月号が出る頃にはどうだろう、キンメは深い海を泳ぐ魚だ。結局なやんで今日のメニューには入れなかった。金目鯛に申し訳ないと、ほんとに思った。
----------

お料理を好きだからこそ、悩んでいる。

でも逆に言えば、考えてない人は考えてないんだろうな。。。大人気の料理番組もお料理上手のカリスマ主婦のブログも、なーんも気にせずに事故以前と変わらない食材を使ってる。考えてないのか、もしくはテレビ局や雑誌編集者に逆らえず、言われるがままに食材を使ってるのか。「食べて応援」キャンペーンは相変わらず続いてるみたいだし。
[PR]

by studio-yaya | 2011-12-26 15:49 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/17462109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< メモ:近所の放射線量チェック Merry Christmas! >>