異常事態だと思う。。。

Twitterより。
-----
山口県上関町の年齢層別人口分布。平成21年10月1日現在。0歳~20歳289人。20代169人。30代204人。40代261人。50代435人。60代564人。70代679人。80歳以上662人。
・・・この高齢化した3000人強(町人口の60%以上が60歳以上)が、原発の動向を左右するなんて狂気の沙汰。
-----

冗談みたいな上関町のサイト。
上関みらい通信
福島以後でもこんな記事。

原発ができる前からバンバン交付金を出している。それで温泉作ったりしてる。
将来を心配する若者は町を離れ、残っているのは老人ばかり。老い先短い人達は、将来よりも目の前の利益に飛びつく。
問題は"無関心な若者"ではなく"節操のない老人"だ。


もうひとつ、Twitterより。
-----
「人並みの生活」をしたくて原発を誘致した福島県双葉町や大熊町の人たちが、今どんな生活を送っているか、山口県上関町の人たちはよく見てほしい。
-----
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-26 22:35 | ニュース | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/16348682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 自由自在 「なぜフランスでは子どもが増え... >>