Skypeさまさま

アメリカにいた時、パソコンにSkypeを入れた。国際電話が安くかけられるというので。
まぁ画像はいらないんじゃない?音声だけでいいんじゃない?と、マイクだけ付けた。

帰国してから、カメラも導入、テレビ電話ができるようになった。
夫の実家のパソコンは設定済みなので、顔を見ながら話せるようになった。

今年函館の実家に帰ったときに、実家のパソコンにもカメラとマイクを付けた。
「そんなのいらないよぉ」という両親に、「まぁまぁ面白いからやってみぃ」と。


今、娘はほっとけば毎日でもSkypeしそうな勢いだ。顔を見ながら話せることが面白くてたまらないらしい。
両方の実家も、孫の様子を見られるので、喜んでくれている。
アメリカにいるときにカメラも付けておけばよかったな。。。と今さら思ったりする私(^^; 初孫の誕生も、成長の様子も、写真でしか見られないで、初めて会えたのは生後8ヶ月にもなってからだ。テレビ電話できたらもうちょっと様子が分かって良かったのかも。



今日は母の誕生日。テレビ電話で娘が"Happy Birthday"を歌った。Skypeのおかげで、直接会えなくてもこんなふうに歌と笑顔をプレゼントできる。ありがたや。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-22 21:54 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/16327537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「なぜフランスでは子どもが増え... 帰宅難民? >>