6時間

週末、ちょっと用事があったので、夫に子ども達を預けて出掛けた。

息子は最近哺乳瓶を使えるようになり、母乳も粉ミルクも哺乳瓶から飲めるようになった。これで私が一緒にいなくても少しの時間は過ごせるはず。
ってことで、夫に子どもを託してみた。

出掛けるね、と言ったところで息子には分からない。いつもどおりコロコロと寝返りして笑ってた。
娘は、「お母さんと一緒がいいの~」と身支度する私にベタベタ。一緒に行けないことを悟ると、おやつ袋からラムネを取り出して「お母さん、お腹すいたらおやつに食べてね」と私にくれた。なんとまぁいじらしい。。。
(ラムネが嫌いだから分けてくれたってことはここでは気にせず、母への気遣いということで。)

久々の電車での外出。Suicaをピッとやるのも久しぶり。子どもがいないと身軽でスイスイ歩けちゃう。


私の不在中、前半は順調だったそうだ。ゴキゲンな息子はそのへんで遊んでて、娘と夫は一緒におやつの用意をしたりして過ごしたとのこと。
でも後半は。。。息子はミルクは飲んだものの、ゴキゲンななめでずっと泣いてたらしい。そして、私の匂いのするものにばかり近づいていたそうだ。私の帽子や、シャツジャケットを目指してうつ伏せのままズリズリと這っていたんだって。。。

チビ達には、ごめんよ、という気持ち。
でも、子どもがいることを理由にあれもこれも止めるのも正しいとは思わない。時には"母"以外のこともやらないとね。

ってことで、その日の用事は被災地支援のボランティアの話し合いだったのでした。
[PR]

by studio-yaya | 2011-09-05 11:16 | こども | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/16232450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ボランティア@ふんばろう東日本 食器棚 >>