電力不足と企業の海外移転って。。。

電力が不足すると?

電圧が下がり、そのままだと停電に至る。。。と聞いたような。

んで、電力不足が懸念される今の状況では、日本企業の海外移転が進んでしまう、と。

ほんと?

工場なんかが海外に移転するとしたら、人件費などが安い新興国、途上国を狙うだろう。
でもそういう国って停電が結構よく起こるんだよね。それでもいいのかなぁ?
知人がインドにいるんだけど、いまや経済の一大拠点のはずのムンバイでも、毎日停電するんだそうだ。昼間の大体決まった時間に。
工場が自家発電設備を持っていれば大丈夫だろうけど、それなら日本の今の工場に自家発電設備を作った方が移転するより安上がりなんじゃないか?

日本ほど停電の少ない、安定供給されている国の方が珍しいらしい。
だったら、今節電しつつもどうにか安定供給を維持できてる日本にいる方が、停電が起こる他国に行くよりも工場にとっては良いんじゃないか?



それでも海外移転するとしたら。。。電力だけが原因ではないだろうなぁ。
そもそもの人件費の高さ、諸費用の高さ、法人税の高さ、法規制の窮屈さ。。。そういうのが問題なんだろうと思う。前から続いている海外移転の波に勢いがつくだけ。
[PR]

by studio-yaya | 2011-07-20 14:54 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/15973867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 主食のお値段 電力関係メモ >>