分からない、という不安

民放の番組が普段のものに戻ってきた。
それだけで、何だか「日常」が戻ってきたように感じる。地震の恐ろしさが遠のいたように感じる。
でも、頻繁に地震速報のテロップは出るし、見ている私達も時々揺れる。そして、被災地ではまだまだメディアに取り上げられさえしないひどい状況が続いているらしい。物資が届かない現状が伝えられている。何とかしたいと思う。でも、現地のガソリン不足、輸送力不足を解消することは東京の一般人には無理。どうにかならないものか。。。



正しい情報はどれなのか? 分からないのが不安だ。
テレビには専門家、学者が次々と登場して、原発が「危険だ」と言ってみたり、「体に影響は無い」と言ってみたり。
放射能の数値はマイクロだったりミリだったり単位を時々変えて発表して、こちらを混乱させてくれるし。。。テレビ局もその数値をただ伝えるだけで、前日比、平常時比、その値がどの程度影響あるものなのかを伝えてくれるまでに随分時間がかかった。
そんなんだから、こっちは不安になるんだよ。。。



今のところ、原発に関しては、我が家は「心配だけど体に影響が出るほどではない」と信じ、避難することもせず東京都下にとどまっている。
地震に関しては、どこにいても起こる可能性がある。それなら、耐震性の高い今の家にいるのが一番の得策だと思う。

状況が変われば避難とかも考えなくちゃいけないけど。。。今のところは東京で、できることをやるだけ。
[PR]

by studio-yaya | 2011-03-21 10:03 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/15079850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 誰のための節電? 相変わらず、品薄。。。 >>