被災地の様子を、もっと。

サンドウィッチマン 伊達みきおさんのブログ。
地震発生時、気仙沼でロケをしていて、避難した高台から津波を見ていたのだそうだ。
東京に戻ってきて、忙しく各局のテレビ番組に出演し、できる限り現地の様子を伝えている。
はからずも、被災者代表みたいな、スポークスマンみたいな感じになってしまった伊達さん。仙台出身の彼は、自分にできることは?と考え、メディア出演とともに募金活動を考えているそうだ。

テレビでサンドウィッチマンの二人が言っていた。
津波の映像はもう見たから、もういいから。避難所の様子を映してほしい。無事に避難できた人達の映像や、名簿をテレビで映してもらえないか。消息が分からなくて不安な人が全国、世界中にいるんだから。。。と。



さらっと映された避難所前の映像に、家族の名前と「無事だ」というメッセージを書いた紙を持った人がいた。必要な物資を書いた人もいた。そうそう、被災の瞬間の映像もアナウンサーの顔もいらないから、こういうのを流してほしいんだよな。。。画面を半分にして、半分は報道映像、半分は安否確認に使えないかね?
[PR]

by studio-yaya | 2011-03-15 17:39 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/15056357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 海外での報道 計画?無計画? >>