感受性豊か?

先日"ぐ~チョコランタン"("おかあさんといっしょ"の前のキャラクター)のDVDを借りてきた。チビにはおなじみのキャラクターで、楽しみにしてたんだけど。。。

悪い王様が出てきた時点で"こわい~"と涙目になり、逃げた。
そしてスプーが母親と離れ離れになるシーンでは「あ~ん」と声をあげて号泣、画面を見ていられず。
そして、スプーが母親のもとに残ることになり、仲間達とサヨナラするシーンでは再び「あ~ん」と号泣。。。
しばらくしゃくりあげて泣いて、何もできず。
3歳10ヶ月のチビ、いつもこうだ。真剣に見て、ストーリーそのままに感情を動かされてしまうんだろうなぁ。フィクションをフィクションとして楽しめるのってもう少し先のことなんだろうなぁ。
"プリキュア"(女の子に大人気のアニメ。一昔前の"セーラームーン"に近いかな)もテレビで見ることがあるんだけど、敵キャラとの対決シーンになると怖くてテレビを消してしまうことがあったりして。
"崖の上のポニョ"も、ポニョの父親の見た目が怖い、と嫌がる。

でもアニメって大体が勧善懲悪、悪いキャラが出てきてそれを主人公が退治する、ってストーリーなわけで。。。チビにはまだ最後まで見切るのは無理なのかも。

いつかは映画館で子供向け映画を見るようになるのかもしれないけど、一体いつのことやら。。。
[PR]

by studio-yaya | 2010-12-15 11:01 | こども | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/14587347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「東京島」 桐野夏生 著 暇すぎる。。。 >>