夫、育休取得なるか?

夫の会社には男性社員も育児休業を取得できる制度がある。

さて。夫は休めるのでしょうか?

一人目の出産のとき、我が家はアメリカにいて実家のサポートが全くない状態で、頼れるのは夫だけ。夫も乗り気で「そりゃ産後1週間は休めるだろ、そのあともなるべく定時で帰ってきて。。。」というプランを考えていた。

が。こういうときに限って入っちゃうんですね、「はずせない会議」ってのが。
遠方から出張してくる参加者もいるような会議で、夫も発表することがあって、「はずせない」わけです。そんな会議が予定日近くに決まってしまった。

結局、会議当日だけでなく事前準備もあったりして、夫が休めたのは2日だけ。私が退院した翌日から夫は出社。私は子どもの世話、夫が料理などの家事担当。。。という予定はあっさり崩れ、友達や上司の奥様から差し入れていただいた食事に助けられたのでした。


一人目の時がそんなだったので、今回も目論見通り夫が休めるかどうかは、疑問。
しかも今、夫の部下一人の奥様が先日出産、別の一人の奥様が妊娠中、今年中に出産予定だという。三人でガッポリ休むと仕事に差し支えるだろうし、一人だけガッポリ休むのも職場の雰囲気的にどうなんでしょうね、というのもある。周りを見渡してしまうあたり、日本人的。。。?
私としては、せっかくの制度だものガンガン利用するべき、新しい制度を浸透させるべく思い切って3ヶ月ぐらい休んだら? それでこそ"イクメン"だ! なんてのんきなことを言ってるんだけど、男の人にとってはそう簡単なものではないのかしらね。。。

少し前に友達ファミリーとこの話になったとき、あんまり休んだら「席が無くなってたりして」「海外飛ばされたりして」と笑えない冗談も言われた(-_-; 実際、育休から復帰したママさんたちは元とは違う部署に配属されたりしてるそうだ。ママさん側には当然不満があるけど、「部署改編の都合」とかなんとか会社側にはそれなりの理由があったりして、ママさんたちは我慢するしかないって状況らしい。今から転職するのも難しいしね、正社員で復帰できただけありがたい、と我慢。。。
制度的には「休めます」ってことになってるけど、こういうのを見てると「休む=出世ルートから外れます」「休む=キャリアの積み上げは難しいです」ってのを会社から突き付けられてるような感じがする。


テレビで時々育休を取った父親が取り上げられるけど、ベネッセ勤務(女性が多い職場、子供向け教材を作っていることもあって育児参加は強く奨励されている)、公務員、父親自身が社長とか「そりゃ休めるでしょうねぇ~」という人ばかり。しかも休むと言っても2週間とかね、そりゃ単なる休息時間じゃないの?なんて意地悪なこと思ったりして。

父親にしても母親にしても、家族のために時間を割くことがもっと認められると良いのにね。その間例え無給だとしても、元のポジション、元の仕事に戻してもらえるという保証があれば安心して出産、育児、介護などいろんなことに時間を割けると思うんだよなぁ。実際、確実に復職できる公務員なんていっぱい子ども産んでるもんね。私の周りを見渡せば、出産が早かったのは公務員の共働き夫婦ばかりだ。


ちなみに今回はどちらの実家からも「必要があれば手伝いに行くよ」というありがたい言葉をいただいている。それがあれば夫が休めなくてもまぁまぁ生活はまわってくんじゃないか、とは思う。でもね、そういう問題じゃないんだ。実家に頼りっぱなしで父親不在の出産・育児にはしたくないので、やっぱ夫も少しは休んでほしい。。。さて、どうなることやら。

。。。休めるもんならいくらでも休むわい、という男性陣の声が聞こえてきそう(^^; 規則にあるから休みます、となかなか言えないのが日本的社会なのよね。。。
[PR]

by studio-yaya | 2010-10-15 22:04 | こども | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/14219020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 初!運動会 雑記 >>