断捨離

ラジオでこの"断捨離"という言葉を聞いた。
元々はヨガの修行の用語で、今は身の回りの片付け術などのジャンルで使われている言葉らしい。少し前からちょっとしたブームなんですと。不要なもの、無駄なものを"断つ""捨てる""離す"。

最近、"片付けられない女"だの"汚部屋"(超散らかった部屋のことね)だのという言葉もよく聞くような気がする。片付けって実は皆が悩んでる問題なんだろうなぁ。
ラジオでも言ってた、今のようなモノで溢れかえった時代というのは人間がいまだかつて経験したことのないもの。たかだかこの数十年の間に起きたこの現象にどう対応して良いのか、人はまだ分からずに困っている、と。

少し前なら、持つことがステータスだった。家を持ち、車を持ち、来客用の客間や布団や食器を持ち、ブランド時計を持ち、消耗品だって予備をたんまり買いこみ。。。何でも持つことが良いことで、持つことに憧れた。で、あれもこれも持って。。。物に埋もれて呆然としてるのが今の人だ、と。

少しずつ、所有することへの考え方が変わってきている。買おうと思えば買えるけど、買って保有し続けることが良いこととは限らない。だから買わずにレンタルで済ませる。そもそもレンタルすらしなくたって事足りる場合もある。"持たない"ことが"持てない""持てるだけの余裕がない"ことではなく、選択肢として持たないということが受け入れられつつある。


"捨てられネーゼ"な私もちょっとばかし反省。
ラジオいわく、"いつか使える物""まだ使える物"はいくらでもある。それらはあなたが死んでからだって使える。ってことは、死ぬまで溜めこむだけ溜めこんでしまう恐れもある。家がそんな物たちの物置き場になってもいいのか? 家はリラックスしてクラススペースではないのか? ですと。

今使うかどうか。それだけを考えなさい、と。ふむ~。。。
[PR]

by studio-yaya | 2010-09-27 23:14 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/14097352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Happy wedding! 懐かしいアルバム >>