韓国に押されてる

韓国のアイドルの話をテレビでやっていた。
日本でも最近は人気が高まっている韓国のアイドルグループ。彼女達は2年とか3年とか結構長い間デビューに向けたレッスンを受けているんだという。歌にダンス、そして今は日本での活躍も視野に入れて日本語の勉強も。
そしてグループ内で歌唱力やダンスなど様々な点で順位付けしてメンバー間の競争心を煽るのだとか。
そうやってデビューするアイドル達は、スタイルも良く歌もうまくダンスも素晴らしい。"隣の女の子"的アイドル、未熟さも魅力の一つとする日本のアイドルとは対極的で、レッスンをして実力を身につけた状態でデビューする。


それにしても韓国の勢いはすごい。
それを初めて感じたのは、アメリカに住んでいた頃。HYUNDAIやKIAのような自動車メーカーも、家電メーカーもどんどん進出していた。「アジアでは日本が一番」となんとなく思っていた私には結構衝撃だった。

日本メーカーは、長い時間をかけて苦労して日本製品を海外に売り出した。今でこそ"MADE IN JAPAN"は高品質の代名詞だけど、アジアの企業の商品が欧米人に認められるまでには大変な苦労があっただろう。ビジネスの場に小さな黄色い日本人が現れた時点で向こうは鼻で笑っていたかもしれない。

今は違う。アジアのものは海外でもきちんと評価されている。
そして今の韓国の勢い。日本はすぐに追い越されるんじゃないか?と私は密かに心配している。
アジアへの欧米人の偏見という壁は、日本が破った(だろうと私は思っている)。偏見なくアジアのものを受け入れる欧米人にとって、日本製品と韓国製品にはどれほどの差があるんだろうか? 地理的にも人種的にも近い両国の間に特に差があるとは考えていないんじゃないだろうか。
日本人は「日本が優れている」と思い、「韓国と日本は違う」と信じているかもしれないけど、他の国から見たらさほど違うと思われていないんじゃないだろうか。日本の優位性なんてあっという間に消え失せてしまうんじゃないだろうか。となれば、日本製より安い韓国製の車がバンバン売れるようになるのかもしれない。

韓国は海外進出の勢いが強い。人口が少なく市場が小さいから、国内にとどまるより海外に出ていく方がチャンスがあると考えているんだろう。この勢い、日本にあるだろうか? ある程度のキャパがある日本市場だけで満足してはいないだろうか?

アジア勢のパイオニアとして世界に進出した日本。韓国はその後をたどればいいのだからラクなものだ。日本は。。。どうする?
[PR]

by studio-yaya | 2010-09-07 23:45 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/13949468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< スイミングクラブ 富沢祥也選手 >>