流行に乗せられて、ボジョレーなぞ

少し前のことだけど、50年に一度の出来、なんて聞いたもんでつい買ってしまいました。ボジョレーヌーボー。
夫が最寄りのリカーショップで買ってきてくれたんだけど、ペットボトル入りのしか売ってなくて、なんか気分出ないねーなんて言いつつ、チーズをかじりつつ。

美味しかったです。でもやっぱヌーボーはヌーボー。若い味でしたね。

今年はペットボトル入りのボジョレーがあちこちで売られていますね。夫によると、ボトル自体が安いのと、運送費がかなり安くなるはずだ、と。なるほどガラス瓶に比べてペットボトルは軽い。航空便で荷物を送るときは荷物の重さで送料が決まるから、瓶の重さがなくなると送料はかなり安くなるはず。だから、スーパーで1000円以下なんていう格安で売ることができるんですねー。

アメリカではボジョレーヌーボーなんていつ発売なんだか全然気にしなかったけど、日本では格安スーパーでもコンビニでも「ボジョレー入荷!予約受付中!」なんてポスターが貼ってあるので気になっちゃいます。アメリカでも売ってはいたけど、どうして日本ほど盛り上がらないんだ? というかどうして日本でこんなに盛り上がってるんだ? と思ったりして。ボジョレーの何割くらいが日本に来てるんだろ?
[PR]

by studio-yaya | 2009-12-01 13:20 | 日々のできごと | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://studioyaya.exblog.jp/tb/12421861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 出勤日 「非常識な労働時間」 >>